恋愛H漫画

彼が喜ぶ唇のヒミツ

グロスが苦手でもプルプルの唇になるヒミツって?

主人公の朱音は一回り年上の大人な彼、真一と付き合って一ヶ月が経った。
あるデートの日、ふと真一が朱音に「グロスとか塗らないの?」と問いかけてきた。
「私、唇が弱くて…リップ派なんだよね」と答える朱音。

でも実は、グロスはベタベタして苦手で、口紅は合う色がなくて使うのを敬遠していたのだった。

そうとも知らず、真一はさらに「俺、ぷるっぷるの唇って好きなんだよねー」と話す。
真一を喜ばせるために朱音は以前ネットで気になった、唇のケアにいい“ある専用美容液”を思い出す…。



ラブコスメ漫画の他作品は⇒コチラ


ラインでお知らせ
LCスタイル誘導

さくらの恋猫 彼と一緒にイクための感度テク ひとりエッチテク30選

女性の為の電子コミックサイト「エルラブ」

今、一番のお悩みはどれ?

この記事の感想をボタンを押してみんなで共有しませんか?

あなたにおすすめの商品

最近チェックした商品