加齢臭は何歳から?どこから対策する必要がある?原因と石鹸やボディソープでの予防方法!

いま!LINEでラブコスメと友だちになると、50ポイントプレゼント

≫詳しくはこちら

通勤電車での、あの独特の臭い 衣服から青臭さと脂臭さの臭い…実は私も臭ってる?

カテゴリー:臭いの悩み

臭いの悩み

加齢臭でお悩みの方へ

最近彼、夫の加齢臭が気になる!
原因と石鹸やボディソープでの対策方法

加齢臭は何歳から?どんな臭い?

加齢臭は何歳から発生するの?お悩み解決バナー

加齢臭とは、字の通り年齢を重ねることで発生する臭いです。そのため、誰もが避けられない問題となり、個人差はありますが年齢が30代を超えると、次第に加齢臭に悩む男性が増えていきます。

加齢臭ですが、自分ではなかなか気が付かないというのがやっかいな点です。そのため、彼氏や旦那さんの加齢臭は、女性がさりげなくフォローしてあげたい悩みでもあります。

この加齢臭ですが、いつから(何歳から)、どこから(場所)発生するのかという原因、年齢を重ねることによって発生し始める理由、そして、石鹸・ボディソープや洗剤などを使った予防法を知って加齢臭対策をしていきましょう。

彼、夫からニオイが…。加齢臭とはどんな臭い?

加齢臭とはどんな臭いかわかりますか?一般的には、脂臭くて、青臭いニオイと表現されます。

これは、男女問わず同じ臭いを発生させます。人によっては、ローソクの臭いや古本屋さんの臭いなどに例える人もいます。

加齢臭は別の体臭の臭いと勘違いされることがありますが、臭いが異なるので違いを知っておくとよいでしょう。

良く間違えやすい体臭の臭いは、アンモニアのツンとした臭いや、甘酸っぱい臭いです。アンモニアのツンとした臭いは、疲労臭と言われる体臭の特徴で、加齢は関係なくストレスや過労、肥満などが原因で発生する臭いです。

同じく間違いやすい臭いは、甘酸っぱい臭いの体臭のダイエット臭と言われる臭いです。食事制限だけでダイエットをする場合、体内にケトンという臭いの物質が発生するため、体臭や口臭として臭います。

加齢臭がこれらの臭いと違うポイントは、脂の臭いにあります。加齢臭は、独特の古い脂のような臭いを感じる人が多いのが特徴です。

加齢臭が発生する原因、どこから出るか?

加齢臭の原因ってなに?

加齢臭の対策を取る前に、まず加齢臭についての正しい基礎知識を知っておくことが重要です。加齢臭の仕組みを正しく知っておかないと、間違った対策を選んでしまったり、効果がなく臭い続けてしまったりすることもあるからです。

加齢臭がどうして発生するのかの原因と、どこから出るのかの仕組みや体のメカニズムを理解していきましょう。

加齢臭の原因はノネナール!いつから?

加齢臭の原因は、ノネナールという物質です。ノネナールとは、年を重ねると増加するパルミトオレイン酸(脂肪酸)が、過酸化脂質や皮膚常在菌によって酸化したり分解されることで発生する物質です。

このノネナールですが、いつから発生するのか。それは、平均して40歳ごろから発生し始め、男女どちらでも臭ってきます

ノネナールを発生させてしまう過酸化脂質とは、活性酸素が原因で、酸化させる力が強い活発な酸素のため、細胞の老化を早めてしまうことになります。

活性酸素によって酸化してしまった皮膚からは、腐敗臭のようなニオイが発生するので、加齢臭のニオイの原因となってしまうのです。

加齢臭はどこから?臭いが発生しやすい部位

加齢臭はどこから発生するかというと、主に上半身から発生します。

よく、枕からニオイがするかも!という声を聞くことがあります。これは、頭皮から出る皮脂のニオイが原因です。頭皮は、特に皮脂の分量が多いことからニオイも感じやすくなります。頭皮の皮脂分泌量が多いのは、皮脂分量が多いことだけでなく、髪の毛があることで蒸れやすいことも理由です。

頭皮以外に、加齢臭が発生しやすい体の部位は、首周りや耳の後ろ、脇の下、背中などです。皮脂の分泌量の多い場所が、加齢臭の発生源となります。

首回りの襟足部分や耳の後ろは、汗をかきやすい部位なので、皮脂分泌量が多く加齢臭が発生しやすく、脇の下には汗にニオイが付く汗腺があるため加齢臭を発生しやすくさせます。

あまり意識することが少ない背中は、実は皮脂腺が多い部位です。普段運動不足の人や、あまり汗をかかない人は皮脂腺がたまりやすくなっているため、加齢臭がきつくなる原因となってしまいます。

このページを見た人は、こんな商品を購入しています

加齢臭を根本から抑える4つの予防法

加齢臭を根本から抑えよう!

加齢臭を根本から抑える対策方法を知って、日常に取り入れていくことが加齢臭の予防につながります。

加齢臭の予防のためには、継続して行うことが重要で、継続しないとまた加齢臭が発生してしまうことになります。そのためなるべく、手軽に実践できる予防方法から試してみましょう。

朝仕事に出る前に1分間のシャワーで予防

忙しい朝でも、たった1分間シャワーを浴びるだけで、皮脂量が約1/3に減少するといわれています。朝のシャワーは、石鹸などで擦る必要はなく、寝汗をあらい流す程度でOK!時間がない朝でも、シャワーで洗い流すだけなら継続しやすい予防方法となります。

特に皮脂量が多いといわれる、加齢臭が発生する部位は意識的に洗い流すようにしましょう。あまり感じない人が多いかもしれませんが、寝ているだけでコップ1杯の汗をかいているといわれています。

朝のシャワーで皮脂を洗い流せば、夕方くらいまで加齢臭を防ぐことができます。これは、加齢臭は酸化をすることで発生しますが、ニオイが発生するまでに半日ほどかかるためです。朝のシャワーで綺麗に皮脂を洗い流し、清潔に保つことを意識しましょう。

加齢臭の元を洗い流せる石鹸・ボディーソープで予防

加齢臭対策に効果的なボディーソープや石鹸はあるのでしょうか?加齢臭の予防を行う上でボディーソープや石鹸選びで注意したいポイントは『臭いの元をしっかり洗い流せる石鹸(ソープ)』になります。

加齢臭は元々『皮脂』による臭いです。そのため洗濯洗剤でも服についた加齢臭が落ちないということも。べったりと体についた加齢臭を含んだ皮脂はささっとボディーソープをつけるだけでは不十分なことも。臭いの元を洗い流すことを得意とした石鹸を選ぶようにするといいでしょう。

また、加齢臭の原因となるノネナールを分解したり除去するために、殺菌効果の高い専用の石鹸やボディソープを使って体をキレイにすることも効果的です。通常の石鹸は、体を洗い流すことを目的としていますが、薬用石鹸や専用の石鹸は殺菌力が高いので、加齢臭予防として使ってもいいでしょう。

ジャムウ・ハーバルソープ

すぐぴた1000
ジャムウ・ハーバルソープは、気になるデリケートゾーンなどのニオイや黒ずみの元となる物質に効果的な石鹸です。デリケートゾーンをはじめ、加齢臭などの体臭など女性が気になるニオイの元をすっきり洗い流すことができる石鹸です。ヤシ油・カミツレ油・アロエベラなどが配合された、こだわりの植物由来のハンドメイド石鹸です。ジャムウ・ハーバルソープの使い方は、ネットで泡立てた泡をニオイが気になる部位にたっぷりとつけてパックをして洗い流すだけなので、手軽に毎日使うことができます。

商品を使った人の感想

体験談イラスト1
『臭いが気にならない!(32歳 / 主婦)』

年齢のせいか最近は汗をかいた時など自分の臭いが気になっていました。ジャウム石鹸を使用した結果、お湯だけでは落ちなかった汚れがさっぱり落ちた感じ。その後脇の汗の臭いなどを直接嗅いでみても、臭いの元が洗えたおかげなのか、気にならず快適です。

体験談イラスト2
『悩んでいた加齢臭が…(50歳 / 無職)』

暑かったのに一度も加齢臭プラス腋臭に悩まされずに過ごせました。数日間の石鹸の使用で実感を感じ、全然臭いの元を感じ無かったのでビックリしました。

臭いが発生しにくい食生活を実践

加齢臭を予防するには、食生活の改善も大事なポイントです。加齢臭が気になるといいながら、肉中心の食生活を送っていないでしょうか。摂取する食べ物は、ニオイとなって体臭になってしまうのです。肉類やニンニク、チーズなどの動物性脂肪は臭いの元となります。

加齢臭は、酸化反応によって発生します。肉にはたくさんの脂が含まれているので、過剰に摂取しすぎるとその脂が皮脂腺で酸化し、活性酸素を活性化させることにより、加齢臭が発生することになります。

普段の食生活の中で肉を多く食べている人は、肉を減らして魚や野菜を中心とした食生活に変えるよう意識しましょう。緑黄色野菜や緑茶などは、抗酸化作用のある成分が含まれているので、タンパク質や脂質の酸化を防いでくれる効果があります。

西洋式の肉料理は控えて、お肉を使っていてもバランスがよい和食にシフトしてみるのも効果的な予防方法です。

ストレスを溜めないようにする

一見関係ないようなストレスも、ノネナールを増加させる原因になってしまいます。ストレスを感じると、体内で活性酸素が活性化し過酸化脂質が増量します。結果、ノネナールが増加し加齢臭が強くなります。

ストレス社会といわれる時代の中で、ストレスゼロ!という人はほとんどいません。多くの人が、何らかのストレスを抱えて暮らしています。しかし、ストレスは加齢臭だけでなく心身への影響もあるため、ストレスを軽減する方法を取り入れてみるのはよいことです。

例えば、熱中できる趣味やスポーツなどでストレスの発散したり、習い事をしてみるなど日常生活の中でできることからはじめてみるとよいでしょう。しかし、ストレス発散のためといってもタバコはNGです。体内の抗酸化作用がある成分が失われてしまい、加齢臭の予防にはつながりません。

臭いが改善するまでの加齢臭対策

日常でできる加齢臭対策をしよう!

加齢臭のニオイが気になる人が、原因の元から改善するまでにできる対策もあります。日常生活の中で、取り入れられることが可能な即効性のある方法です。加齢臭が気になる人は、すぐに実践してみましょう。

汗がでたらすぐに拭き取る

加齢臭のニオイを少しでも抑えるために、汗がでたらすぐに拭き取るようにしましょう。

すぐに拭き取れば、汗の成分が皮膚の常駐菌によって分解されニオイのもとが発生しません。

出たばかりの汗は、ほぼ無臭ですが、しばらく放置した汗は皮脂や雑菌と混ざることで汗臭いニオイを発生させます。

汗をかいてからニオイが発生するまでには、一般的にだいたい1時間くらいかかります。

そのため、こまめに汗を拭き取る習慣をつけて清潔な状態を保つことを心掛けましょう。市販の汗拭きシートなどを常に携帯しておけば、どんな状況でも汗を簡単に拭き取ることができるので予防する際には便利です。

加齢臭がする衣服は洗濯やクリーニングする

加齢臭のニオイの原因物質は、着用している洋服にも残ります。そのため、こまめな洗濯やクリーニングをする必要があります。特にクリーニングなら高温処理などをしてもらえるので、加齢臭の元を殺菌してくれるので、加齢臭予防としてはおすすめです。

自宅での洗濯だけでは、原因物質が取り切れずに脂が残ってしまっているケースも多いです。しっかり洗濯したのに、ニオイを感じるという人は、すぐにクリーニングに出すようにしましょう。どうしても自分で洗濯をしたいという場合は、弱アルカリ性の洗剤を選び、浸け置き洗いがおすすめです。

それでも取れない場合は、熱湯をかける方法もありますが、素材によっては熱に弱いものもあるので注意して洗濯して下さい。まずは洗濯ものを溜め込まないようにすることからはじめましょう。

専用のスプレーで消臭をする

加齢臭のニオイを抑えるために、消臭効果が期待できる専用のスプレーを使う方法もあります。自宅だけでなく、携帯用の消臭スプレーを持ち歩いていれば、オフィスや外出先でも気軽に使うことができます。

グリーンミスティ

グリーンミスティ
バイオで除菌・消臭する、ニオイの元から取り去ってくれる便利な消臭スプレーです。気になる靴のニオイや、靴を脱いだときのニオイ、洋服についたニオイなどの消臭に効果的です。幅広く使えて、何度もかけなくてよいので経済的に使うことができます。香りもさわやかなので、スプレーをしたあとの香りも心地良く感じられます。天然の好気性微生物群を培養して作られたバイオ菌は、人体に無害なので皮膚についても問題ありません。皮膚についても、活性作用があるので洗い流す必要がありません。使用方法は、対象となる場所に3~4回噴射するだけです。ニオイが気になる場所に向けて使うようにして下さい。常に気になる場所がある場合は、定期的に噴射するとニオイが気にならずに予防することができます。

加齢臭対策をする時の注意点

加齢臭の対策で注意すべきことは?

加齢臭対策をするときは、いくつか注意点があります。間違った対策をしてしまうと、ニオイがいつまでたっても取れないことになってしまいます。加齢臭対策を取る前に、注意点を確認してみましょう。

注意点をまもって加齢臭の予防や対策を行うことが大切です。

加齢臭は本人が自覚しにくいニオイ

自分はまだ大丈夫と、体のニオイを嗅いでホッと胸をなでおろしている人でも、実は注意が必要です。人は同じニオイを嗅ぎ続けていると、慣れてしまい臭いを感じなくなってしまうものなのです。そのため、他の人が臭うと思っている状況でも、自分の方が臭っている可能性があると思って疑ってみた方が良いです。

よく、他人の家に行くと何らかのニオイを感じることがあります。それが気になる気にならないは別として、ニオイの記憶が残ります。しかし、住人はそのニオイを感じられていない場合がほとんどです。これが、ニオイそのものに慣れてしまう馴化という現象です。

人は一般的に、他人のニオイにはとても敏感ですが、自分のニオイには鈍感!という悲しい現実を理解する必要があります。加齢臭は急に臭うわけではないので、毎日積み重ねていくうちに、自分の加齢臭の臭いに慣れてしまうのです。

そのため、加齢臭は本人が自覚することは難しいのです。家族や周囲が気がついていても、彼や旦那さん本人はまだ気がついていない可能性も高いため、傷つけないように配慮しながら二人でケアしていくことが重要です。

本当に加齢臭なのかをチェックする

加齢臭対策を取る前に、本当に自分が加齢臭なのかチェックする必要があります。まず、加齢臭は30代あたりからはじまるものなので、20代前半の人などが気になる体臭は別の体臭を疑います

30代以上の人で、加齢臭を疑う場合は自分でチェックをしてみるとよいでしょう。例えば、タバコを吸っている、お酒をよく飲んでいる、運動をしていないなどでチェック項目を調べてみることをおすすめします。

ニオイの種類は、年代によって分かれているので、汗臭やミドル脂臭だと加齢臭とは別の対策が必要になります。20代から30代半ばに多い汗臭は、汗と細菌によって発生するニオイです。

30代半ばから40代に多いミドル脂臭は、後頭部の後ろの皮脂や、首の後ろの襟足などからのニオイがきつくなります。そして、加齢臭が実際に強くなるのは50代以降といわれています。それぞれの対策や予防方法は、異なるのでまずは自分が加齢臭かどうかをチェックしましょう。

体を洗いすぎると加齢臭が悪化する

体を洗い過ぎないように注意しよう!

体のニオイが気になるから、体を強くこすって洗っているという人は意外と多いです。しかし、体を洗い過ぎると加齢臭が悪化してしまうことになるという衝撃的な事実があります。ゴシゴシ肌を洗っていると、皮脂膜が流れ過ぎてしまうことで皮脂を増やしてしまう原因になってしまうのです。

皮脂が増えてしまうのは、皮脂膜の流れ過ぎを補うため沢山の皮脂を出し、皮脂を出す元が詰まってしまうからです。溜まった皮脂は酸化して臭いを発するようになります。これが、加齢臭を悪化してしまうメカニズムとなっているのです。

そして、体だけでなく頭皮にも同じことがいえます。ゴシゴシと強く頭皮を洗い過ぎれば、必要な常在菌が減少し、悪臭を放つ菌が繁殖してしまうことになります。髪の毛にもダメージを与えることになるので、ニオイの原因となってしまうのです。

体を洗う場合は、刺激の強いタオルなどでこするのはやめましょう。泡立てネットで石鹸を泡立てて手のひらで優しく洗うようにして下さい。

加齢臭は男性の方が女性より気になりやすい?

実は、一般的に体臭自体女性より男性の方がニオイが強い傾向があります。同様に、加齢臭も男性のほうが気になりやすい性質があります。これは、男性ホルモンと女性ホルモンに影響しています。

男性ホルモンも女性ホルモンも、男女どちらの体にも分泌されているものです。しかし、通常は男性には男性ホルモンが多く、女性には女性ホルモンが多く分泌されています。加齢臭の原因が加齢とともに体内が酸化することだということはすでにお伝えしましたが、女性ホルモンにはこの酸化を抑える働きがあります。その結果、女性に比べて男性のほうが加齢臭が強くなる傾向があります。

ただし、閉経が近くなると女性の体に分泌される女性ホルモンは徐々に減少していきます。そのため、閉経後には女性も加齢臭が強くなっていくことが十分に考えられます。

加齢臭の悩みに役立つ関連記事

効果的に加齢臭の対策と予防をしよう

対策して加齢臭を気にせず過ごそう!お悩み解決バナー

自分のニオイは自分では気づかないとなれば、余計気になるものです。30代を過ぎれば誰もが避けて通れないのが加齢臭の問題です。

加齢臭とは何か、どんな臭いなのか、いつから臭うのか、どこから発生するのかなどを理解し、生活をただす対策を実行することで予防することができます。

加齢臭を恐れずに、原因と向き合って効果的な加齢臭の対策と発生させない予防をしていきましょう。

【SET】デリケートウェット 5個セット

【SET】デリケートウェット 5個セット
気温が高くなりニオイの元が気になる時期や、ムレた臭いの気になる時期のデリケートゾーンケアに。また、屋外デートや、思ってもみなかったタイミングでのラブタイムに進展した際…いろいろな場面で役に立つ『LC’Sジャムウ・デリケートウェット』!サッと取り出して服だけでニオイの元をサッパリ♪

LCジャムウ・スカルプクレンザー

LCジャムウ・スカルプクレンザー
毎日使って、頭皮から健康に美しくするスカルプケアシャンプー『LCジャムウ・スカルプクレンザー』です。頭皮の臭いをスッキリと洗い流し、健康的な頭皮、毛髪を目指します。ふとした瞬間気になる、頭皮の臭い。毎日のプレシャンプーで髪にハリとコシを与えます。美しい髪は健康な頭皮から!

LC’Sボディ・フレッシュミント

LC’Sボディ・フレッシュミント
体から感じる不快感、気になったことはありませんか?そんなときは、爽やかな気持ちを取り入れたいですよね。外側から専用の石鹸で洗ったり、内側から対策するのもポイントです。LCオリジナル!簡単に飲めるリフレッシュサプリメント『LCボディ・フレッシュミント』が便利です。1日4~8粒を目安に飲むと、スーッとほのかな清涼感を感じます。

お悩みにおすすめの商品





商品・ページを探している方へ

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品



LCラブコスメの安心の梱包

  • LCならではの安心・丁寧な梱包
  • 宅配伝票も分らないように記載
  • 商品名を選ぶことができます
  • 外見は無地のダンボール



エンドインフォ

定番








カレンダー