コンドーム以外の避妊の種類、方法についてご紹介!

いま!LINEでラブコスメと友だちになると、50ポイントプレゼント

≫詳しくはこちら

カテゴリー:セックスの悩み

セックスの悩み

コンドーム以外の避妊でお悩みの方へ

コンドーム以外の避妊の種類について

その他の避妊方法って?

その他の避妊方法とは?

これまでコンドームやピル(経口避妊薬)による避妊、そして間違った避妊方法と緊急避妊についてご紹介してきました。

皆さん意外と知らない事の方が多かったのではないでしょうか?正しい知識は女性の身を守るだけではなく、2人がラブタイムを不安なく過ごすためにも必要なことだとお分かりいただけたかと思います。

そこで一度情報を整理してみましょう。最初にお伝えしたとおり、避妊方法は主に7種類あります。

●主な避妊方法一覧

(1)コンドーム(男性用コンドーム)
(2)女性用コンドーム
(3)経口避妊薬(ピル)
(4)殺精子剤
(5)ペッサリー
(6)子宮内避妊用具(IUD)
(7)ミレーナ

さて、ここからはこれまでご紹介していない、その他の5種類の方法について説明していきます。

主な避妊方法一覧

●女性用コンドーム

コンドームと聞くと皆さん男性が身に付ける物をイメージするかと思いますが、これは文字通り女性側が身に付けるコンドームです。

女性用コンドームはポリウレタンで出来ており、筒状の形になっています。装着方法は定位置に固定するためにリングがついていますので、小さいほうのリングを膣の中の子宮頸部に挿入し、大きいほうのリングは膣の外に出しておきます。

[女性用コンドームのメリット]
男性に頼らず避妊できる方法で、ピル(経口避妊薬)と異なりSTDを防ぐことも出来ます。

[女性用コンドームのデメリット・注意点]
女性用コンドームと男性用コンドームを併用すると破れてしまうので、必ず片方を選んで使うようにしましょう。

●殺精子剤(避妊ゼリー)

殺精子剤は、子宮頸をおおって妊娠を防ぐためのもので、クリーム・ゼリー状・錠剤・フィルム剤などの様々な形があります。

効果としては精子を殺したり、又は麻痺させたり、膣までの通行を不可能にしたりする働きを持つ化学的な避妊法です。

使用方法としては性行の前に殺精子剤を膣の奥の方に入れておきます。入れてから効果が出るのは5~10分ほど後で、1時間ぐらいの避妊が可能となります。

[殺精子剤のメリット]
コンドーム及びペッサリーと共に使用すれば安全な避妊率が期待できるようになります。コンドームの内側にあらかじめ殺精子剤が塗布されたアイテムもあるようです。また、副作用もなく、希にアレルギーの可能性があるぐらいです。

[殺精子剤のデメリット・注意点]
単体で使用するにはタイミングが難しく、膣に入れた薬が効きはじめる時間に個人差があるため、安心しきって使えるアイテムとは言い難い点があります。さらに1時間だけの効果しかないので、殺精子剤だけではあまり高い避妊率を遂げられません。

また、体に毒…というわけではありませんが、洗剤のようなものなので、オーラルセックスは控えることをおススメします。

●ペッサリ-

ペッサリーも女性用コンドームと同様で、女性側が身に付ける避妊道具です。形状は小さいゴムのお皿のような形をしています。

コンドームより厚みのある天然ゴムで作られたキャップで、使用方法としては膣内に入れて避妊を行います。そして常に殺精子剤(クリーム及びゼリー状)を付けてから性行為前に膣の奥に設置すると、精子が子宮に入れなくなります。

[ペッサリーのメリット]
ペッサリーも男性の協力が必要なく出来る避妊方法で、STDを防ぐことが可能です。約9割の確率で避妊が可能だと言われています。また、使用方法を間違えなければ副作用も特に無いと言われています。

[ペッサリーのデメリット・注意点]
ペッサリーは子宮口のサイズに合ったものを選ばなければいけないので、市販はしておらず、医師に選んでもらう必要があります。また、慣れるまで装着するのも難しいとも言われています。

●子宮内避妊用具(IUD)

子宮内避妊用具は女性自身の子宮内に直接避妊道具を装着する方法で、時にリングと呼ぶ方もいらっしゃいます。これを装着することによって、卵子と精子が受精する確率が低くなり、約95パーセントの避妊効果があると言われています。

[子宮内避妊用具のメリット]
一度装着をしてしまえば、数年はそのまま使用できるため避妊の煩わしさが無くなります。また、安全性も高く、定期検診のみで済むので女性は安心して使用ができます。

[子宮内避妊用具のデメリット・注意点]
こちらも自分で購入することはできないので医師に装着をしてもらう必要があります。また、妊娠経験が無い方であると子宮が開きにくいのでオススメしない方法です。

●ミレーナ

ミレーナは又の名前を新型子宮内避妊リングと言い、子宮内避妊用具のように卵子と精子が受精する確率を下げ、さらにピルのような黄体ホルモンによって妊娠を避けることができます。

[ミレーナのメリット]
ピルは飲み薬のため、妊娠初期のような副作用が現れますが、ミレーナは子宮にのみ働くので、このようなデメリットがありません。また、ピルのような飲み忘れも防ぐことができます。

[ミレーナのデメリット・注意点]
こちらも自分で購入は出来ず、医師に装着してもらう必要があります。また、場合によっては不正出血するケースもあります。

一番使い勝手の良い避妊道具は?

一番使い勝手の良い避妊道具は?

いかかでしたか? いろいろな避妊道具を知れば知るほどやはり男性用コンドームが最も手軽で確実性が高く体に負担の少ない方法だということを感じていただけたのではないでしょうか?

ただしコンドームも装着方法や、破けてしまう、途中で取れてしまうなど事故がつきものなのがたまに傷です。

念には念をいれたい人は基礎体温法、コンドーム、経口避妊薬(ピル)、避妊具(IUD)、外用避妊薬または避妊溶剤(マイルーラなど)、ペッサリー、ホルモン注射などの、2つ、3つの避妊方法を組み合わせるのがオススメです。

コンドームは、今は種類がとても豊富です。二人で選んでみるのも楽しいかもしれないですね。大切な体を守って素敵なラブタイムを過ごしてくださいね。

お悩みにおすすめの商品

オトナの女を磨くならLC「恋愛力アップ特集TOP」

商品・ページを探している方へ

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品



LCラブコスメの安心の梱包

  • LCならではの安心・丁寧な梱包
  • 宅配伝票も分らないように記載
  • 商品名を選ぶことができます
  • 外見は無地のダンボール



エンドインフォ

定番








カレンダー