絶対にイカせる男タクヤさんが教えるフェラテク

「絶対にイカせる男」タクヤさんが教えるディープスロートのやり方

     

    ディープスロートとは

    ディープスロートが得意な女性

    ディープスロートとは何か、知らない方も多いかもしれません。今回は、ディープスロートについて絶対にイカせる男、タクヤさんから教わったテクニックを紹介いたします。

    ディープスロートとは

    ディープスロートとは、女性が自分の意志で男性器を口蓋垂(喉の奥)の入り口まで咥えるフェラのことを指します。

    ディープスロートとイマラチオとの違い

    ディープスロートと同じように、男性器を口蓋垂まで咥えるものでも、男性に頭を支えられながら行うものはイマラチオと言い、ディープスロートとはまた違うフェラとなります。

    ディープスロートの方法(絶対にイカせる男、タクヤさん直伝)

    ディープスロートが得意な女性

    ディープスロートの方法について、絶対にイカせる男、タクヤさんにうかがいました。

    ディープスロートの基本

    男性が射精をするのが1人エッチの目的であるのに対し、女性の場合は、自分の体に触れて気持ちがいい、と感じればそれは「1人エッチ」になるのです。

    「ディープスロートの基本は、『オエッ』となる限界まで深く咥えること。最初は慣れないだろうけど、数をこなすうちにできるようになるわ」

    最初の内は難しいかもしれませんが、タクヤさんによると何度もチャレンジすることが必要とのこと。「限界だと思うギリギリの深さで何度も挑戦してみて。やればやるほど奥まで咥えられるようになるはずよ」

    ディープスロートで苦しくならない咥え方のコツ

    ディープスロートをしているときに、亀頭が喉奥にあたってつらい、ペニスで口がふさがり息が苦しいなど、苦しい思いをした経験がある人も多いはず。

    そんなときは、男性器が勃起する前に口に含むことで、喉の奥深くまで楽に咥えることができるのだそう。そのほかにも、正面から咥えるのではなく、斜めから咥えてみるなど、苦しくない角度を探ることでディープスロートがやりやすくなるので試してみてくださいね。

    ディープスロートでしなくていいこと

    男性にとっていくらディープスロートが気持ちいいものだとはいえ、『オエッ』となる顔を彼氏に見られたり、咥えていて苦しくなるのは避けたいものですよね。

    「ディープスロートは深く咥えるだけで苦しいはずだから、無理に舌を使おうなんて思わなくても大丈夫よ。舌や手を使わなくても、彼は奥に当たるだけで気持ちいいと思ってくれるから安心してね」

    テクニック面では舌を動かしたり、圧をかけることを考えなくていいとは意外でした。手の動きも必要ないそうなので、自分のペースでゆっくりおこなうことができそうですね。

    ディープスロートの練習方法

    タクヤさんオススメのディープスロート練習方法を聞いてみました。

    「まずはウインナーから初めてみて。ウインナーで「オエッ」とならなくなったら次は魚肉ソーセージ。最終的にはサラミで練習するといいわよ。サラミって硬くて曲がらないから、男性器に見立てるのにぴったりなの」

    1度や2度のフェラチオでは習得できないのがディープスロート。彼に喜んでもらうために、陰ながら努力が必要なのかもしれませんね。

    ディープスロートの魅力

    ディープスロートを登山に見立てる女性

    最後に、タクヤさんにディープスロートの魅力を伺いました。

    ディープスロートで愛情を育める

    「ディープスロートは登山のようなもの。彼が頂上にたどり着くまではとても苦しいけれど、彼に頑張る姿を見せるチャンスよ。それに、彼が頂上へ達したとき、女性側も、『彼のことが好きだから頑張れた』という達成感が得られるから、彼への好きが今までよりも大きくなるの」

    舐めることを通して彼に「好き」という気持ちが伝わり、一生懸命な姿に可愛いと感じてもらえる。また、自分自身もディープスロートを通して彼を好きだという気持ちを育むことができるなんて素敵ですね。

    「ディープスロートは苦しいものだから愛がないとできない行為の一つ。あなたの頑張りと、本気はきっと彼に伝わるわ」

    まとめ

    タクヤさん直伝『ディープスロートの心得』をおさえて、みなさんもディープスロートを練習してみると良いかもしれませんね。

    ディープスロートの心得3カ条

    心得1:咥えながら自分の限界を知る
    心得2:苦しいものだから愛が伝わる
    心得3:とにかく練習あるのみ