キスすると分かること

なぜ、キスをしたくなるの?キスすると分かることの答え

なぜ、キスをしたくなるの?

キスがもたらすもの/イラスト1大好きな彼の顔を見つめていると、「キス、したいなぁ…」という気持ちになることってありますよね。でも、どうしてこんな気持ちになるのでしょう?

そもそも性欲は「人間という種族が生き残っていく」ことと最も密接なもの。 赤ちゃんが本能的にお母さんのおっぱいを吸うとき、お腹が満たされると同時に、「信頼感」や「楽観」という人間性を形成し、深い“快楽”を得るとフロイトは主張しています。この時期からリビドー(性衝動)は培われるんですね。ちなみに、これが “口唇期”といわれているものです。

キスに対する欲望は、もっとも早い時期に目覚めるため、クオリティ・オブ・ライフにも大きな影響を与えそうですね。ある統計によると、毎朝奥さんと「いってきます」と、チュッとする男性は、キスする習慣がない男性よりも平均5年長生きするという研究結果もあります!

寿命にそれだけ大きな影響があるかどうかはさておき“キス”は人生において、重要な役割を果たしていそうな予感がします。

キスをすると分かること?彼はお付き合いに適してる?!

キスがもたらすもの/イラスト2キスをするとなるとお互いに顔をぐっと近づけることとなります。それは、相手のことをよく知るチャンス!一体何が分かるかというと、それはフェロモンをはじめとする相手の生理的な信号

特に女性は、お付き合いを進めていくと、最終的には出産という生き物として人生で最も大きな仕事が待っています。そのためお付き合いをどの程度のものにするのか、 早い段階からチェックしなければならない…というわけです。“女は1回のセックスよりも100回のキスを好む”そんな言葉が巷にあるほど、女性がキスを好むのは、先を見据えてのことなのかもしれませんね。

さて、キスをすると分かることとは一体どんなことなのでしょう?嗅覚でフェロモンを含む体臭を嗅ぎ取り、触覚で相手の肌を感じ、近づいて触れ合うことで骨格や体型などがより具体的になります…。つまり、健康状態、生殖能力、遺伝子といったことが分かり、相手の生き物としての判断材料が揃っていくわけです。

キスをするだけで分かってしまうなんて、ちょっと恐ろしいようですが、ある心理学の研究では「男性の59%、女性の60%は初めてのキスでお別れを選んだことがある」というデータがあるようです。つまり1回のキスだけで、「この人とはお付き合いしても、上手くいかなくなるかも…」と体が判断したということ。人の直感って案外鋭いことが多いので、“初めてのキス”をお付き合い継続か否かの判断基準にするのは、自分が傷つかないためには大切なことなのかもしれません。

ちなみに、男性はディープキスを好み、女性はソフトなキスを好むという調査があるそう。男性は匂いや味にそれほど敏感ではないため、キスでパートナーを判断するには、女性よりもはるかに多い量の唾液が必要だからディープキスが好きということ。キスがもたらすもの/イラスト3

逆に女性がソフトなキスを好むのは、テストステロンという男性ホルモンが関係している様子。というのも、女性はこのホルモンによる影響に敏感。ほんの少しの量で性欲が高まり、クリトリスが充血して、エッチの準備が整ってしまうんです。男性の唾液にはテストステロンが含まれているので、つまりディープキスをすると天然の媚薬を体内に取り入れているということ…。
いつでもどこでもエッチの準備が整ってしまうとちょっと困ってしまいますもんね。女性が激しいディープキスに対し、すこしおよび腰になるのは仕方ないのかもしれません。

海外と日本のキス事情

お付き合いの判断材料として、大事なキスですが、海外では挨拶としても使われることも多いです。 日本では挨拶のキスが習慣としてありません。そのためキス=恋人同士や夫婦が行うものとされています。そして、カップルのキスは公の場でするのは恥ずかしいことやみっともないこととされているため、もっぱらプライベートな場所で行われています。

ですが、海外ドラマや映画などを見ていると、とてもオープンな気もしてしまいますが、本当はどうなのでしょう? 挨拶として頬にキスをする国はフランスやベルギー、スペインといった欧米で、かなり一般的に行われています。ですが、同じヨーロッパでもドイツやイタリアは親しい間柄だけで行うことが多く、イギリスは握手のほうが一般的です。

逆にギリシャは男性同士であっても口に挨拶のキスをするそう。また、トルコや中東諸国では、男性同士のキスは普通に行われているのに対し、親戚ではない男女になると挨拶のキスはふさわしくないとされています。

所変われば文化も違い、そしてキスの習慣も大きく異なるのだと実感してしまいますね。そして時代が変わればキスの捉え方も変わっていきます。

日本には、結婚前の男女が屋外で手を繋ぐことさえふしだらだと思われた時代もありましたが、今は手を繋いで歩くカップルは幸せな姿として街中で見ることができます。 日本人にとっては、まだまだ特別感がたっぷりあるキスですが、今後はどうなっていくのでしょうか。

<出典>
■「なぜ人はキスをするのか」(河出書房新社)
■「キスの科学(キスオロジー)―キスは寿命を延ばす 」(近代文芸社)

こちらもオススメ⇒ファーストキスの平均年齢とバストサイズの関係性?!

キスがもたらすもの/キス攻略ガイドのTOPに戻る

恋愛力アップ特集
⇒恋に悩んだらLC!恋愛力アップ特集はこちら!

関連記事

著者プロフィール

LC編集部 遠藤 加奈 編集・ライター

1975年2月6日生まれ。みずがめ座 AB型
LC編集部として恋愛コラムを筆頭に『1分Hメルマガ』『官能メルマガ』など女性のお悩みに役立つコラムやメルマガを担当し執筆中。
好きなものは仕事の後のビール。

このラブコラムを読む人には、こんな商品をおすすめします!

恋愛テクニック別 おすすめラブコラム

  • セックステクニッックアイコン画像

    セックステクニック

    あなたは自分のセックステクニックに自信はありますか? エッ…

  • 誘う方法アイコン画像

    誘う方法

    女性や男性を誘う方法についてのラブコラムを集めました! …

  • イク方法のアイコン画像

    イク方法

    「イク方法」についてのラブコラムを集めました! パートナ…

  • イカせる方法のアイコン画像

    イカせる方法

    女性や男性を「イカせる方法」についてのラブコラムをまとめま…

シーン別 おすすめラブコラム

  • 初エッチ

    初エッチ

    初エッチについてのラブコラムを集めました! バージン(処…

  • マンネリ

    マンネリ

    マンネリや倦怠期についてのラブコラムを集めました! 付き…

  • モテる

    モテる

    モテる女性ってどんな女性だと思いますか!?ここではモテる方…

  • モテル画像

    セックスレス

    セックスレスについてのラブコラムを集めました! 付き合い…

今、一番のお悩みはどれ?

 ラブコラムカテゴリ

恋愛お役立ちコラム

  • 妊娠する条件

    セックスの仕方と妊娠率に関係はあるの?妊娠を望む方必見!

  • 乾燥の悩み…

    ポイントは、湯上り3分以内!保湿の秘訣は●●をしないこと!?

  • 下着も衣替え

    勝負下着を変えるとHも盛り上がる!夏からどんな下着にする?