「48手」体位について歌って踊ってみた!四十八手のやり方をダンス動画で楽しく解説!

歌って踊る江戸の四十八手!新48手の体位

四十八手は日本の江戸時代より続く、伝統の体位
そんな48手をダンス動画で楽しく解説!?

四十八手(48手)とは

四十八手(48手)を勉強しよう!

四十八手(48手)とは、日本の伝統的な体位のことを指します。日本の江戸時代より続く伝統の体位の事を表し、「江戸四十八手」「大江戸四十八手」とも呼ばれています。元々は相撲の決まり手に関する言葉が、後にセックスの体位の種類などに転用したことが始まりです。

この四十八手(48手)の仕掛け人は『見返り美人』の作者として有名な菱川師宣

『恋のむつごと四十八手』を刊行し、これが後世に続く春画のスタイルとなりました。また、表四十八手(恋のむつごと四十八手)とは別に、裏四十八手と呼ばれる『好色いと柳』もあり、表裏合わせて九十六手ともいわれています。

そのユニークなネーミングセンスは、江戸っ子の風流な遊び心が反映されていたから!さあ、私と一緒に48手を勉強して、日本の伝統と、愛の歴史をお勉強しましょう!

セックスの体位の人気ランキング!


48手(四十八手)は、どうやって覚えたらいいの?

48手(四十八手)で悩んでいる女性のイラスト


48手(四十八手)が、どのように生まれたのかは分かりましたが、実際にどのようにその体位のやり方や動き方を学んだらいいのか分かりません。

友達にも相談しにくい体位のことだからこそ、LCラブコスメが解決のサポートをしたい!1人でも2人でも楽しめて、どんどん種類を覚えていけるよう提案したい!

そこで誕生したのが動画『歌って踊る!新48手〜楽しくマンネリ解消〜』!

オリジナルの歌と踊りは、観ているだけで楽しく前向きに気分になり、終了するとなぜかその体位がしてみたくなる!?独特な仕上がりになっています。これで踊りながらマスターすれば、女性ホルモンも増えて美容や健康にもよく、ストレス解消や睡眠にもよい影響が出そうです。

今、体位の種類に悩んでいる方も、そうでない方も、ぜひこの48手のダンスを一度ご覧ください!歌って踊って、楽しくマンネリ解消、そして新しい快感も一緒に探してみましょう。



動画1:騎乗位が上手くできない!百閉にチャレンジ!



動画2:彼とバックをしてみたい!窓の月にチャレンジ



動画3:いつも同じ体位で飽きる!抱き地蔵をやってみる!




四十八手のライン

『たのしい48手教室』 授業内容一覧表

1:うしろやぐら


四十八手(48手)その1:うしろやぐら

うしろやぐら(うしろ櫓)とは、いわゆる立ちバック(後向女性俯伏位)のコト。女性が両手を前につた状態で、男性は立ったまま挿入します。アウトドア時のHでも代表的な体位。この男性の征服欲を刺激して、女性のM的な興奮を誘うこの体位は、存分に2人でイマジネーションを働かせるのが気持ちよくなれるコツ

『うしろやぐら』の詳細はこちら


2:つり橋


四十八手(48手)その2:つり橋

つり橋は腰高位とも呼ばれ、正常位の状態から、女性の胴を空に浮かせて腰を支えて持ち上げます。男性が膝立ちになり、その男性の姿が、つり橋のようであることからネーミングされた体位です。男性の腕力が必要で、女性も腕だけじゃなく、腹筋と腰の力で支えることが必要です。この体位は奥が刺激されるので、女性にも人気です。

『つり橋』の詳細はこちら


3:寄り添い


四十八手(48手)その3:寄り添い

寄り添いは、挿入をしない体位。2人で横になり、男性が女性に寄り添いあってスキンシップをとりあうこの体位。挿入する体位というよりも愛撫の姿勢である『寄り添い』は、前戯や後戯に使ってみてください。挿入しないでの快感を追求することで、『寄り添い』が、未知の快楽の扉を開いてくれるきっかけになるかもしれません。

『寄り添い』の詳細はこちら


4:撞木ぞり


四十八手(48手)その4:撞木ぞり

背面騎乗位でもあり、後背位の女性上位である、撞木ぞり(しゅもくぞり)。難易度の高い体位になります。仰向けになった男性の上に、女性が背中を向けてまたがり挿入します。そのまま足を大きく開いて、鏡を向かいにHをすれば、撞木ぞりで繋がりあっている部分がバッチリと見えて興奮度はマックスに!撞木ぞりで、一緒に激しく動いて達しましょう。

『撞木ぞり』の詳細はこちら


5:獅子舞


四十八手(48手)その5:獅子舞

『獅子舞(ししまい)』とは、対面座位の一種です。男女が向かい合って座り、二人とも後ろに手をついて身体を支えながら、女性は男性の肩に足を置きます。柔軟度が必要な苦しい姿勢になった女性を支えるのは、男性の腕力のほか、勃起力も大きな要素。しかし、この『獅子舞』はうまくいけば、膣がギュッと締まるので、男性にとっては嬉しい体位です。

『獅子舞』の詳細はこちら


6:菊一文字


四十八手(48手)その6:菊一文字

バレリーナ並みに広げられた女性の足を前にして、男性は横向けに「一」の字になりせっせと責める『菊一文字(きくいちもんじ)』。交叉男性側臥女性仰伏臥位とも言われています。こぼれ松葉から変化したかなり激しい体位です。女性が羞恥心を感じ、さらに男性の腰の動きに合わせて、腰をくねらすことで、今までにない快感を感じれます。

『菊一文字』の詳細はこちら


7:こたつがかり


四十八手(48手)その7:こたつがかり

『こたつがかり(炬燵がかり)』は、座位の一種で、男性が女性に挿入しながらこたつに入ります。内側からも外側からもポカポカになる、季節感たっぷりの座位の後背位。女性が座った男性の上に股がって、こたつの天板についた手を軸に腰を動かします。みかんを前に2人羽織期分で挑戦してみましょう!

『こたつがかり』の詳細はこちら


8:テコがかり


四十八手(48手)その8:テコがかり

『テコがかり(梃子がかり)』は、男性上位の69(シックスナイン)から女性のつま先方向に移動して挿入する、難易度の高い体位。膣の角度とペニスの角度が反対で挿入しにくく、さらに挿入の深度が浅いためかなりアクロバティックな体位になります。この体位は、いつもの挿入とは反対になっているので、普段とは違う挿入感と気持ちよさを味わえます。

『テコがかり』の詳細はこちら


9:岩清水


四十八手(48手)その9:岩清水

『岩清水(いわしみず)』とは、いわゆる顔面騎乗位(顔面騎乗でのクンニです。48手の中でも挿入をしない体位です。流れ出る清水を、舌でどう舐めとってもらえるかが気持ち良さの分かれ目!顔にまたがるなど普段ではしない行為で、新鮮な興奮も高まるので、マンネリで悩んでいるカップルにおすすめします。

『岩清水』の詳細はこちら


10:時雨茶臼


四十八手(48手)その10:時雨茶臼

時雨茶臼は、女性上位、騎乗位と言われる体位です。『時雨茶臼 (しぐれちゃうす)』は、男性が下から突き上げてもよし、女性が上下左右前後に動かしてもよし、のスタイルですが、やはり女性の動きが、時雨になるか台風になるかを分けることでしょう。男性を喜ばせるためにも、腰を上下にするピストン運動をぜひ試してみてください。

『時雨茶臼』の詳細はこちら


11:理非知らず


四十八手(48手)その11:理非知らず

女性の両手、両腿を縛るのが緊縛プレイが『理非知らず (りひしらず)』。主導権はすべて男性にあり、2人の間には愛と信頼が必須です。もちろん縛るので、無理強いは禁物。より深く性を探訪したいカップルが新たな世界に挑むときにチョイスして。男性は征服欲を、女性は隷属感を味わえます。

『理非知らず』の詳細はこちら


12:茶臼のばし


四十八手(48手)その12:茶臼のばし

『茶臼のばし(ちゃうすのばし)』は、女性上位で女性が男性の上半身に抱きつくようになり、女性の脚をやや伸ばし気味にして、男性の脚の間に入ります。これだと動きづらいのが難点ですが、男性には締め付け感を与えられ、テクがあまりない女性、上になるのが恥ずかしい女性にも人気です。そして何よりもキスをしながら全身の密着感を楽しめるのが最大のポイント

『茶臼のばし』の詳細はこちら


13:こたつ隠れ


四十八手(48手)その13:こたつ隠れ

『こたつ隠れ(こたつがくれ)』とは、こたつを囲んで向かい合わせに座ったまま、天板の下で繋がりあうという悪戯めいた体位。挿入はしない体位です。見つめあって行えば恥ずかしさもあってドキドキ気分が味わえます。彼の大切な部分を足で愛撫して色っぽさを積極的に演出すれば官能映画の主役気分!?ただし夢中になりすぎて、ヤケドしないようご注意を!

『こたつ隠れ』の詳細はこちら


14:乱れ牡丹


四十八手(48手)その14:乱れ牡丹

『乱れ牡丹(みだれぼたん)』は、座位の一種です。座った男性の上に、脚を大きく広げた女性が後ろ向きで座る体位。どうしても挿入が浅くなりますが、鏡の前で繋がれば、一気に興奮状態に!後ろから女性の首筋を愛撫し、甘い言葉を囁いて。ちなみに牡丹は女性の大切な部分の隠語です。乱れるのは彼女?それとも牡丹?

『乱れ牡丹』の詳細はこちら


15:帆かけ茶臼


四十八手(48手)その15:帆かけ茶臼

『帆かけ茶臼 (ほかけちゃうす)』は、騎乗位や対面座位のアレンジバージョン。男性は女性の両足を両腕で支えながら挿入を。女性はできるだけ脚を大きく開いて、彼に協力してあげましょう。カラダの固い人は要工夫かも…。お互いに繋がりあっている姿をじっくり見ながら腰を動かせば、恥ずかしさも興奮度も一気にマックス!

『帆かけ茶臼』の詳細はこちら


16:本駒駆け


四十八手(48手)その16:本駒駆け

『本駒駆け(ほんこまがけ)』は、背面座位の一種で、体操座りをした男性の上に、女性が後ろ向きで股がってインサート。深い挿入感を味わえ、早いピストンも出来ます。そのため、男性は下から突き上げて、女性は男性の膝に置いた手を軸に、駆けるような早いリズムでどうぞ。花火大会の後、お互い浴衣姿で…なんていうのも風流ですてき。

『本駒駆け』の詳細はこちら


17:百閉


四十八手(48手)その17:百閉

『百閉(ひゃくへい)』は、女性上位(騎乗位)のノーマルバリエーション。気持ちのいい場所を自分で見つけながら動けるのが女性側のメリット。女性が腰を動かしながら、気持ちいい場所を探しましょう。イキにくい女性は、男性がクリを触ってあげるなどすると達しやすくなります。また、女性の動きにあわせて下から突き上げれば一体感も味わえる幸せたっぷりの体位に変身

『百閉』の詳細はこちら


18:雁が首


四十八手(48手)その18:雁が首

『雁が首(かりがくび)』とは、ズバリ、フェラチオのこと。雁が首のほかにも、『尺八』『千鳥の曲』『ハーモニカ』などという呼び名があり、古今東西好まれているオーラルセックスです。男性は女性に奉仕される喜びを感じます。女性側はある程度のテクニックも必要になってくるので、事前にお勉強をしておきましょう

『雁が首』の詳細はこちら


19:しがらみ


四十八手(48手)その19:しがらみ

『しがらみ』とは、正常位の一種です。男性が挿入した後、女性はM字に股を開かず、脚を閉じてまっすぐ伸ばした体位です。足先をからませれば中がキュッとしまって、男性には堪え難い快楽が。挿入は浅めですが、男性側には締め付けが伝わり、2人の全身の密着感で愛情をたっぷり味わいましょう。

『しがらみ』の詳細はこちら


20:二つ巴


四十八手(48手)その20:二つ巴

『二つ巴(ふたつどもえ)』なんて言うよりは、69(シックスナイン)のほうが分かりやすいかもしれません。基本的には女性上位ですが、横になったスタイルでもOK。それぞれが行うクンニフェラに比べると快楽に集中しにくいけれど、一体感を味わえるのがなによりです。すべてを舐めつくすようにして楽しんでみてください。

『二つ巴』の詳細はこちら


21:御所車


四十八手(48手)その21:御所車

『御所車(ごしょぐるま)』は、仰向けに寝転んだ男性の上に女性が乗り、女性上位になって男性器を中心軸に、女性がクルクルとまわるスタイル。別名に、『ナイアガラの滝落とし』『花時計』のほか、大阪方面では『タケコプター』なんて呼ばれているそう。女性にとっては、カラダの運動神経&器用な腰使いが、ウンと求められるキツーい運動会。

『御所車』の詳細はこちら


22:松葉くずし


四十八手(48手)その22:松葉くずし

48手といえば『松葉崩し(まつばくずし)』というイメージがあるほど有名な一手。松葉の枝が交差するようにお互いの足をからめあわせてインサート。女性の片足を男性が持ち、角度や深さを調節しながら気持ちのいいツボを探すのがこの体位のお楽しみポイント。ピストン運動をするのではく、奥までインサートしながらグリグリしてみましょう!

『松葉くずし』の詳細はこちら


23:碁盤攻め


四十八手(48手)その23:碁盤攻め

『碁盤攻め(ごばんぜめ)』は、後背位の一種で、女性が碁盤に手をついて、男性が後ろから立位で挿入します。でも碁盤なんてそうそうご自宅にはないと思うので、なにか身の回りにある適当な台でどうぞ。男性は見た目による興奮度が高く、女性は征服されているように感じになり、刺激度の高い体位です。

『碁盤攻め』の詳細はこちら


24:首引き恋慕


四十八手(48手)その24:首引き恋慕

『首引き恋慕(くびひきれんぼ)』とは、女性が男性に股がるような形で対面座位になり、女性が男性に、男性が女性に、もしくはお互い同時に首に縄をかけながらインサート。本当にこれをすると、危険なのでオススメはしませんがスリリングであることは確か。好奇心旺盛なカップルでも気をつけてチャレンジしてください。

『首引き恋慕』の詳細はこちら


25:しぼり芙蓉


四十八手(48手)その25:しぼり芙蓉

『絞り芙蓉(しぼりふよう)』とは、背面座位の一種です。座った男性の上に女性が後ろ向きで股がるスタイル。男性は動きづらいため、ここは上にいる女性のガンバリが必要です。その動きによって、きっと男性も後ろから、首すじや耳を唇で責めたり、手で乳首やクリトリスを弄んだりしてくれるはず。感じるがままに激しく動いてみましょう。

『しぼり芙蓉』の詳細はこちら


26:仏壇返し


四十八手(48手)その26:仏壇返し

『仏壇返し(ぶつだんがえし)』は、後背位の一種で、女性が上半身を折り曲げて床に手をついたところに、男性が後ろからイン!女性は「はっけよい」をするように足を肩幅程度に開くと安定します。カラダがかたくてキツい人はどうぞ無理はしないで下さいね。ただし男性側には服従感があり、なかなか刺激的なスタイルなのではないでしょうか。

『仏壇返し』の詳細はこちら


27:手懸け


四十八手(48手)その27:手懸け

『手懸け(てがけ)』は、こたつかがりにもやや似たスタイルの座位。男性が椅子などに腰掛け、女性が男性の上に腰掛けて行うのがポイントです。挿入が浅いのですが、Gスポットに当たりやすい体位です。いつもと違うシチュエーションで楽しむと興奮度もマックスに!ベッド以外なら、食卓なんてどうでしょう?

『手懸け』の詳細はこちら


28:椋鳥


四十八手(48手)その28:椋鳥

『椋鳥(むくどり)』は、69(シックスナイン)で男性が上になるバージョンのことです。男性が女性の上になり、お互いが頭と足を逆方向にして組み合わさり、お互いの性器を愛撫し合います。ただし、男性は習性でついつい腰を動かしてしまいがち。女性への配慮をお忘れなく!

『椋鳥』の詳細はこちら


29:窓の月


四十八手(48手)その29:窓の月

『窓の月(まどのつき)』は、側位の1つ。寝たままバックの形で女性の足の間に男性が片足をぐっと差し込むスタイル。2人が同じ方向を向くため、窓から月を一緒に眺めることができることからこの名前がつけられたそう。女性の片足を持ち上げコントロールすると奥深さだけでなく角度も楽しめ、差し込んだ男性の足がクリトリスをも刺激します。

『窓の月』の詳細はこちら


30:鳴門


四十八手(48手)その30:鳴門

『鳴門(なると)』は、バックから挿入するタイプの座位。ポイントは上から股がった女性が大開脚を披露しながら、腰を円を描くように動かすこと。そう、「鳴門」の渦潮のように回してください。脚を大きく広げているため、挿入が深くなるのも特徴です。繋がったまま、どれだけ激しくたくさんグルグルできるかが勝負の分かれ目かも!?

『鳴門』の詳細はこちら


31:締め小股


四十八手(48手)その31:締め小股

『しめ小股(しめこまた)』は、伸長位の一つ。正常位の形で女性が太腿と太腿をギュッとくっつけるように足をからませます。「気持ちいいでしょ?」と男性自身を締め上げます。そして、締め小股は男性をギュッと締めるのと同時に、女性のクリトリスにも刺激が伝わります。気持ちよくなりながら、彼を「まいった!」と言わせてしまいしょう。

『締め小股』の詳細はこちら


32:千鳥


四十八手(48手)その32:千鳥

『千鳥(ちどり)』は、正常位の一つ。膝を折って仰向けになった女性に、正常位の形で男性が挿入します。かなりの女性の柔軟性を必要とするスタイルなので、無理をせぬようご注意を。女性はクリトリスがこすれる快感、男性はギュッとしまった感覚を味わえます。とはいっても、長時間のラブタイムは体に負担がかかるので禁物です。

『千鳥』の詳細はこちら


33:抱き上げ


四十八手(48手)その33:抱き上げ

『抱き上げ(だきあげ)』は、後背位の1つ。バックスタイルの体制から、そのまま男性が女性の両足をぐいっと持ち上げたかたち。女性は床にひじをつき、男性はひざをついているのが押し車との違いです。膣口を支点としたテコの動きのイメージで動かします。男性の腕力次第で、深い挿入ができるか、浅くで終わるかの分かれ道です。

『抱き上げ』の詳細はこちら


34:流鏑馬


四十八手(48手)その34:流鏑馬

『流鏑馬(やぶさめ)』は、馬に股がる姿勢の騎乗位こと女性上位の1つ。さらに、男性の首にヒモを巻き付けながらインサートするのが特徴の体位です。ちょっぴり男性を服従させる気分で、腰とヒモを使うのがお楽しみのコツ。巻き付けるヒモはやわらかいバスローブなどがオススメです。

『流鏑馬』の詳細はこちら


35:立ち鼎


四十八手(48手)その35:立ち鼎

『立ち鼎(たちかなえ)』は、向かい合ったタイプの立位。駅弁と言われる体位にも似ています。男性が一本足で立つ女性の腰をしっかり支えることが転ばずに完遂させるコツ。難易度の高い体位ですが、場所を気にしなくていいので、どこでも出来ます。キッチンや浴室などベッド以外の場所ですると気分が盛り上がりそう。

『立ち鼎』の詳細はこちら


36:鵯越え


四十八手(48手)その36:鵯越え

「鵯越え(ひよどりごえ)」は後背位の1つ。女性が四つん這いになり、男性は女性の腰やお尻を掴んで、体を引き寄せて、その後ろから膣にペニスを挿入します。動物の交尾と同じ体位で、男性は野性的な征服欲を、女性は恥ずかしさを感じながら快感を得られます。ペニスの挿入角度も自由に変えられ、女性が中で感じやすい体位です。

『鵯越え』の詳細はこちら


37:達磨返し


四十八手(48手)その37:達磨返し

「達磨返し(だるまがえし)」は正常位の1つです。仰向けになった女性が太ももをピッタリと閉じ、男性が女性の太ももを抱きかかえた状態でペニスを挿入します。この脚を折りたたむことがポイントで、ペニスを膣に深く挿入することができます。また、縄を使って女性の両脚を縛って固定することパターンもあり、膣の中がギュっと締まります。

『達磨返し』の詳細はこちら


38:千鳥の曲


四十八手(48手)その38:千鳥の曲

『千鳥の曲(ちどりのきょく)』は、挿入しない体位フェラチオをメインとした女性側からの愛撫のコトを言います。仰向けになった男性の横で正座をした女性が、音を立ててかわいがりながら、手は乳首などを弄ぶ。その姿がまるでお琴を奏でているような姿だったことからのネーミングです。男性は、横にいる女性を手を使って愛撫できます。

『千鳥の曲』の詳細はこちら


39:抱き地蔵


四十八手(48手)その39:抱き地蔵

『抱き地蔵(だきじぞう)』は、お互いにギュッと抱き合いながらの対面座位。男性は体操座りor椅子に腰掛けて行います。深ーい挿入が期待できるだけでなく、お互いに腰を動かせる上、抱きしめあえるという満足度の高い体位です。女性は男性に強く抱きしめられて幸せを感じ、その密着感を十分に味わいましょう!

『抱き地蔵』の詳細はこちら


40:浮き橋


四十八手(48手)その40:浮き橋

『浮き橋(うきはし)』は、後背位の一種。バックの形で挿入してから、そのまま女性は横向けに寝転びます。男性が支える手を軸に、お互い腰を前後に動かしましょう。角度の違った腰が動く様子はゆらゆらとしていて、まるで『浮き橋』のよう。もちろん前後だけでなく、円や八の字を描いてお互いが擦れあう感触をじっくり味わって

『浮き橋』の詳細はこちら


41:立ち松葉


四十八手(48手)その41:立ち松葉

『立ち松葉(たちまつば)』は、ズバリ、「松葉くずし」の立位バージョン。女性は寝転がっての自転車漕ぎのエクササイズ状態なので、そうとうハード。そして男性も女性の足を支えつつ、腰を動かしつつなので、バランスを崩して転ばないよう要注意です。かなりアクロバティックな体位なので、バランスに注意しながらトライしてみましょう!

『立ち松葉』の詳細はこちら


42:鵯越えの逆落とし


四十八手(48手)その42:鵯越えの逆落とし

『鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)』は挿入をしない体位。女性が床にうつ伏せになり、手をつくようにして足をあげ、男性はその足を支えるようにして、開かせながら顔を股間にうずめ、クンニを行います。まるで断崖絶壁のようになった女性のカラダを舌で責めるのは、そう牛若丸ならぬ御仁なり。

『鵯越えの逆落とし』の詳細はこちら


43:燕返し


四十八手(48手)その43:燕返し

『燕返し(つばめがえし)』は、後背位のひとつ。うつぶせになった女性は片方の足を、男性の補助を借りながらグイッと上に持ち上げます。まるでツバメの尾羽のように、ピンと反らすと視覚的にも刺激的。深い挿入が期待できる体位でもあるので、ハッスルしすぎて、腰を痛めないよう女性は注意が必要かも!?

『燕返し』の詳細はこちら


44:宝船


四十八手(48手)その44:宝船

『宝船(たからぶね)』は、騎乗位の1つです。松葉くずしを女性上位にしたもの。別名「クロスボンバー」とも。仰向けになった男性の片足を抱き上げて、帆のように立て、それを支柱に女性は腰を動かして。体を足に密着させることで、クリトリスへの刺激も期待でき快感はお宝並み!女性が男性の脚を抱きかかえることがポイントです。

『宝船』の詳細はこちら


45:押し車


四十八手(48手)その45:押し車

『押し車(おしぐるま)』は、後背位の1つ。体操などでする手押し車の体制で、男性は女性に挿入。そしてそのまま前方向に移動。ペニスが抜けないように注意をしながら、女性は腕立て伏せのような形をキープ。太ももの筋肉が締まるので、膣の締まりがよくなり、男性の快感に繋がりますが、体力消耗はするでしょう。

『押し車』の詳細はこちら


46:深山


四十八手(48手)その46:深山

『深山(みやま)』は、屈曲位のひとつ。正常位からこのスタイルへはスムーズに移行可能です。女性の足をV字に開き、高く持ち上げたまま、男性は奥深くまでインサートします。女性からは見にくいけれど、男性からは繋がっている部分が丸見えです。深い挿入感を感じられ、強く突かれたときは奥への衝撃を感じられます

『深山』の詳細はこちら


47:立ち花菱


四十八手(48手)その47:立ち花菱

『立ち花菱(たちはなびし)』は、挿入をしない体位。女性が仰向けになり、そのまま女性脚を上げながら広げ、クンニリングスを行います。このとき、女性の腰の下などに枕やクッションなどを入れたもの。腰を持ち上げることで、より刺激を受けやすくなり、快感度がグッとプラスされます。

『立ち花菱』の詳細はこちら


48:鶯の谷渡り


四十八手(48手)その48:鶯の谷渡り

『鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)』は、口&唇のみを使った愛撫のこと。男性が仰向けに寝ている女性の身体をうぐいすのようについばんで移動していく体位です。愛撫する側は、うぐいすになったつもりで、あっち、こっちをチュンチュンと移動して。Hにさえずりながら、気持ちいい場所を探しましょう!

『鶯の谷渡り』の詳細はこちら



残り2つの48手の動画はLINE登録後にチェック!

お悩み4の「体位をあまり知らない」と、お悩み5の「たまには彼をリードしたい」は、シークレット!ラブコスメ@LINEに登録していただくと、ご覧いただくことが出来ます。

※すでにお友達の方はメッセージで「踊る48」と入力して頂くと、動画が届きます。

LINEへ登録はこちら1LINEへ登録はこちら2LINEへ登録はこちら3

四十八手(48手)のまとめ

いかがでしたか?知っているエッチの体位や、既に「これ、挑戦したことある!」という体位もあるかもしれません。

これだけ体位の種類があると、どの体位を試して良いか迷ってしまいますよね。でも、2人でいろいろ試しながら、楽な姿勢で感じる体位を探してみましょう!

いつでも、新鮮なセックスを過ごしたい!夫婦生活をもっと気持ちいい体位で楽しみたい!という方は、是非48手全てをコンプリートしてみてください。

また、複数の体位を組み合わせてオリジナル体位も作ってみましょう。きっと、マンネリの解消にも役立ちます。ただし、中には少し危険な性交体位もありますので、パートナーとしっかり話し合ってからチャレンジしてみてくださいね!

48手・DVD

もっとエッチの方法を真剣に学びたい方は、LCで販売しているLOVERS48がおススメです。
2人のエッチがもっと気持ち良いものになるテクニックが48個も紹介されています。彼への思いやりや気遣い、そして女性からの情熱的なエッチテクを磨いて、マンネリ状態から毎日求められる日々へ♪こらからも楽しいエッチをしていきましょう!




セックス体験談




48手の体位と一緒におすすめする商品



ラブタイムで気になるボディケアにオススメ!



使って楽しい、ラブローションシリーズはこちら♪



彼と一緒に楽しみたいラブグッズ♪



はじめての方におすすめ!ひとりエッチで使いたいラブグッズ



 
今が旬!おさえておきたい≪限定≫&≪定番≫はコレ!|ラブコスメ
  • ヌレヌレ・マスカットキッス

    男性人気No.1

    一緒に購入する

    じっくり味わうような彼からの濃厚なキスで、官能的なラブタイムへ。
    ¥2078(税別)

  • リビドー ロゼ

    ベッド専用香水

    一緒に購入する

    彼の衝動を駆りたてるベッド専用香水。目的以外の男性には使用禁止!?
    ¥3400(税別)

  • 【SET】ジャムウハーバルソープ&デリケートパック

    臭い&引き締め

    一緒に購入する

    デリケートゾーンの黒ずみ、臭い、おりもの、引き締め対策にオススメ!
    ¥4857(税別)

    円お得!

  • ジャムウ・ハーバルソープ

    臭い&黒ずみ!

    一緒に購入する

    305万個突破!1番人気の臭い&黒ずみの元を洗い流すジャムウ石鹸
    ¥1933(税別)

 






 

ラブコスメとつながりませんか?

LCラブコスメの安心のサービス





こだわり



エンドインフォ

残りわずかの商品一覧









カレンダー