産後に膣の緩みが気になる!原因と対策

いま!LINEでラブコスメと友だちになると、50ポイントプレゼント

≫詳しくはこちら

産後の緩みが気になる

妊娠・出産・産後の悩み

産後の緩みでお悩みの方へ

産後の緩みは、膣トレで!
膣のゆるみの原因と骨盤底筋の対策

妊娠・出産と、大変な時期を乗り超えた後に見られる「膣のゆるみ」。この産後の緩みは、人にはなかなか相談しにくいものですよね。そこで今回は、この産後に起こる悩みである、緩みの原因と対策、気軽にできる骨盤底筋を鍛える膣圧トレーニングをご紹介します。

産後の膣のゆるみに悩む方多数!?気になるみんなの緩み事情は?

産後の膣のゆるみに悩む

出産経験のある方のうち、産後の緩みが気になってしまう方は、どれくらいいらっしゃるのでしょう?

<産後の緩みアンケート>

(2019/2月実施、マイエルシー調べ、100名)

産後の膣の緩みは気になりますか?

男女のイラスト
  • はい:77件
  • いいえ:23件

はいの方:具体的にどんなときに気づきましたか?

男女のイラスト
  • ● 挿入された時によく分からなかった。
  • ● 湯船から出たときに膣から水が少しずつでてきたとき。
  • ● くしゃみをしたときに、尿漏れしてしまうことがたまにある。

産後の緩みについて対策はしていますか?

男女のイラスト
  • はい:61件
  • いいえ:39件

はいの方:どんな対策をしましたか?

男女のイラスト
  • ● お尻の穴を締めるように力を入れたり抜いたりする。
  • ● 病院で勧められた体操をしています。
  • ● シッコを止めたり、おしりの穴を意識して締めるようにはしてました。今は膣トレボールを使っています。

アンケートを見ると、産後の緩みや尿漏れが気になる方が多く、具体的な対策をしている方が半数以上ということがわかりました。出産を経験すると、「お風呂からあがったときに膣からお湯が漏れる」など、いままでと違うことが起きたり、ラブタイムでもパートナーがこれまでと違う反応を見せたりすると、「緩んでいるのでは?」と、気になってしまいますよね。

セックスでの緩みだけでなく、咳やくしゃみをしたときや、子どもを抱きあげた瞬間に、「尿漏れしたかも?」とドキッとしてしまうこともあります。また、運動不足なども原因になるため、出産前の若いうちから人知れず『尿もれ』で悩んでいる女性もいます。

産後の他人には言えない悩みの代表である『膣の緩み』について、自宅で解消する方法をご紹介します!

産後の緩みはどうして起こるの?

産後の緩みの原因のひとつが「骨盤」の緩みによるものです。骨盤は、子宮や腸を含め、お腹の内臓を支えるものですが、骨盤自体もまた「骨盤底筋」という筋肉に支えられています。

骨盤底筋は、尿道や肛門、そして膣も取り囲んでいる筋肉で、膣の締りや緩みとも関係のある筋肉です。

女性は妊娠すると、胎盤が成長していき、子宮の重さがだんだんと増していきます。この子宮の重みの増加を受け止めているのが、この「骨盤底筋」です。つまり、妊娠中は「骨盤底筋」が常に負荷を受けている状態になるのです。

人によって、筋肉の強さはそれぞれですが、「骨盤底筋」が負荷を受けてゆるんだり、伸びきってしまったりして、伸縮性が損なわれてしまう場合があります。伸びた骨盤底筋では、しっかりと内臓を支えきることができず、子宮だけでなく、腸も下がるので痔になる場合もあります。

そして出産後、この骨盤底筋が弛緩し、結果として「産後の緩み」に繋がっているケースも多いようです。

※妊娠中の場合、専用のベルトなどで骨盤底筋をサポートするといいでしょう。

緩みは『膣トレ』で解消しましょう

妊娠や出産によって緩んだ筋肉は、トレーニングによって強くすることもできます。つまり、産後の膣の緩みが骨盤底筋に問題があるならば、「膣トレ」で、産後に緩くなってしまった筋肉を鍛え直せばよいのです。

具体的な『産後の緩み対策』の方法ですが、こちらの手順で行ってみましょう!

1.リラックスをしてストレッチ

まずは深呼吸をしてリラックス。体全体の力を抜いて、骨盤底筋だけを動かすよう意識してみましょう。リラックスできたら、伸ばすと少し痛いくらいを目安に、股関節ストレッチ。股関節が伸びる運動なら、なんでもOKです。肩こりにも効果があるので、毎日の習慣にしてみましょう。

2.お尻の穴を締める

骨盤底筋は、お尻の穴に力を入れるときにも使います。お尻の穴に力を入れる、弱める、また力を入れる……。これを繰り返すことで、骨盤底筋が鍛えられ、同時に尿漏れ対策にもなります。座っているときや立っているとき、トイレに入ったときなどに実践してみましょう。

この産後の緩み対策のトレーニングは、どんな場所、どんな状況でもよいので、お腹に力を入れずに、お尻の穴に力を入れて、膣と肛門をキュッと締めたり、緩めたりを2~3回繰り返してみてください。トイレで尿を止めるときの感覚でもいいでしょう。

ヒップアップに使うおしりの筋肉と間違えて、お尻自体に力を入れてしまう人もいます。これだと違う筋肉になってしまいます。きちんとできているか不安なときは、膣自体をチェックして「締めて、緩める」感覚を身につけましょう。膣が締まる感覚を自覚できるようになります。

3.タンポンを入れる姿勢で

脚を少し開いて、少し腰を落として、タンポンを入れるような姿勢になります。スクワットに似た体勢です。意識するとわかりますが、この姿勢も骨盤底筋を使います。この姿勢になって、肛門や膣をギュっと締めてみましょう。さらにゆっくりした動きでギューと締めたり、緩めたりを2~3回繰り返してください。

最後に膣や肛門を締めるだけでなく、骨盤底全体を体の中に引き上げるように、ゆっくりグーッと持ち上げ、その状態を5秒ほど保つ。そしてゆっくり緩めましょう。この動きができるようになると、ヒップアップにも繋がります。

4.インナーボールを使う

膣圧にもっと磨きをかけたい方には、LCラブコスメの『インナーボール』を使ったトレーニングがおすすめです。潤滑のためのローションを使うとスムーズに挿入しやすいはずです。

せっかく膣トレをするなら、気になるニオイ対策も一緒にいかがでしょう? お風呂上りに、『LCジャムウ・デリケートパック』を塗ると、ニオイ対策+肌の引き締め効果が期待できます。膣トレグッズと併用してみましょう。

膣トレを行えば、膣周りへの意識が高まり、さらに感度上昇にもつながります。パートナーのペニスをもっともっと感じられるようになり、膣圧のアップ、コントロールに磨きをかければ、パートナーもきっと喜んでくれるはずです。

LC商品を使用して膣の締まりを実感した方々の口コミ

体験談イラスト1
『LCインナーボール様様です。』

初めての出産を経験してからずっと、お風呂上がりのお湯漏れが気になっていました。1日10分や15分程度の使用を数日間続けてみたところ、ふとお風呂上がりにお湯が漏れて来ないことに気が付きました!
(ママンさん / 34歳 / パートタイマー)
⇒詳しい体験談はこちら

体験談イラスト1
『心なしか夫がイクのが早くなったような…』

ジャムウ・デリケートパックをインナーボールにぬって入れてます。湯船のなかでは締めてみたり弛めてみたりと意識してトレーニングしてます。心なしか夫がイクのが早くなったような……でも早いのも困るような(笑)
(MOさん / 37歳 / 主婦)
⇒詳しい体験談はこちら

体験談イラスト1
『産後の引き締めにもおすすめできます』

使用しはじめて数週間ほど経ちました。気になっていた尿漏れはというと、トレーニングのおかげか気にならなくなってきました! 無理をせずに行えるので、産後の引き締めにもおすすめできますね。
(朧さん / 25歳 / 法律関係)
⇒詳しい体験談はこちら

おわりに

産後の緩みは、膣そのものではなく、おおよそ骨盤底筋や骨盤の緩みからくるもの。この産後のお悩みを改善するためには、リラックスした状態でも膣トレがおすすめです。毎日続けていけば、膣圧の改善だけでなく、ウエストの引き締めや、ラブタイムの充実といった、嬉しい効果も期待できそうです。

産後のお悩み改善関連記事

お悩みにおすすめの商品

オトナの女を磨くならLC「恋愛力アップ特集TOP」

商品・ページを探している方へ

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品



LCラブコスメの安心の梱包

  • LCならではの安心・丁寧な梱包
  • 宅配伝票も分らないように記載
  • 商品名を選ぶことができます
  • 外見は無地のダンボール



エンドインフォ

定番








カレンダー