愛液の成分やメカニズムについて。膣液の量が多い、色が白い原因と対策

いま!LINEでラブコスメと友だちになると、50ポイントプレゼント

≫詳しくはこちら

膣液の成分について、愛液の量が多くて大量、膣分泌液の色が白いなどの原因は?

カテゴリー:セックスの悩み

セックスの悩み

愛液の成分、量が多い?でお悩みの方へ

愛液の成分や出る仕組みは?
愛液の量が多い、色が白いのは?

愛液(膣液・ラブジュース)とは

愛液とか膣液とかラブジュースって、どういう成分か知ってる?

「愛液」というと…「ほら、もうぐちょぐちょだよ」「いや、恥ずかしいっ!」など、ついついこんな言葉が浮かんでしまいます。ですが愛液とは、そもそもどこから出てきた何なのか…その仕組みについてはご存知ですか?

愛液とは、腟内分泌液のことです。「愛液の量が多いな」「愛液が少なくて足りないな」と感じるのは、どういったメカニズムなのでしょうか。

この記事では、愛液の成分や量、愛液の出る仕組み(メカニズム)、色の変化、愛液を増やす方法などについて詳しくご紹介していきます。愛液が多くて困っている女性には愛液の果たす重要な役割を、愛液が足りない女性には、愛液の出し方などの参考にしましょう!

愛液の成分や出る仕組みは?

まずは、この「愛液」とはどのような成分なのかを知っておきましょう!

愛液の成分

愛液・膣液・ラブジュースとは?お悩み解決バナー

愛液・ラブジュースなどと呼ばれているこの液体は、愛撫やキスなどの性的な刺激・仕組みによって、膣壁から分泌される膣液が主成分とされています。この膣液は、汗のようなもの。血液から漏れ、成分は主に血漿とされています。

しかし30年ほど前までは、この愛液は膣口近くにあるバルトリン腺から分泌されているバルトリン腺液だと思われていました。ところが『人間の性反応』(1966)で有名な婦人科医ウィリアム・H・マスターズの行なった実験で、膣壁からもじわじわと体液が分泌されている仕組みが分かり、今では膣液がメインで、ほかにスキーン腺液、膣内分泌物、子宮頸管粘液、汗などが愛液(ラブジュース)の成分とされています。

愛液で濡れる仕組み

愛液は性的刺激によって分泌されますが、性的妄想によっても分泌が起こります。ほかにも性的興奮を感じていなくても、物理的な刺激が加わることによって愛液は条件反射的に分泌されます。これは、異物が腟内に挿入されたときの体の防御反応として分泌されているのです。

全然快感を感じていないときでも、愛液は分泌されることがあります。もちろん、愛液の量は、ホルモンバランスであったり、その時の体調によっても変わりますが、基本的には、刺激に対して反応するというものになります。性的興奮によって性器周辺の血流がよくなることで血管が拡張し、血漿成分がしみだしてきて、濡れてきます。血流が良い人のほうが、悪い人よりも濡れやすいというのはあるかもしれません。

セックス中の成分と色の変化

愛液の成分変化とは?愛液が白くなるのは感じていて、本気汁になっているのではない。

試しに愛液を舐めてみるとちょっぴりしょっぱい感じもするかもしれません。これは前述の『汗のようなもの』を示しています。男性器を挿入すると、愛液は脂肪分が増したり、摩擦で泡立つこともあり、はじめは無色透明だった液体は白く変色していきます。

よく「愛液が白いと本気で感じている」ということも言われますが、これは摩擦をされることにより、泡立って白くなっていることで、快感とは別のものです。

また、「愛液を舐めて酸っぱいとき、女性は感じていない」と言われるのは、通常時の膣内の分泌液は酸性ですが、女性が感じてる時に分泌される愛液はアルカリ性だからです。つまり、通常時の酸性の愛液はすっぱい、感じてくると出る愛液はアルカリ性なので、少し酸っぱさが中和されて苦みを少し感じるようになります。

愛液はセックス中に成分や色、舐めたときの感覚まで変化させるとはちょっと面白い仕組みであり、神秘的な液体にも感じられます。

このページを見た人は、こんな商品を購入しています

愛液の量の変化

相手によって、愛液の量は変わる仕組みになっているそうです。ものすごく好きな人とセックスをしたときと、そうでもない人とイヤイヤするセックスだと愛液の出方が全然違います。愛情を感じている相手とのセックスで、より快感を感じることで、愛液はより多く、大量に分泌されます。

愛液が溢れるとイキやすい

好きな男性とセックスすると愛液は大量にたくさんでる

「好きな男とセックスすると愛液はたくさんでる」、これは当然の仕組みでしょう。心から感じて愛液が溢れるので、大好きな彼氏とのセックスだとオーガズムも迎えやすいかもしれません。

また、潮吹きオーガズムと関係なく起こることがあります。尿失禁かと思うほど大量の愛液が溢れますが、これはスキーン腺液(Gスポット分泌液)とも言われています。尿道から噴出し、無色透明か乳白色で、粘り気がある場合が多いです。

愛液の量と妊娠における役割

愛液は妊娠に関する重要な役割もあります

愛液が多いと、ペニスの腟内への挿入をスムーズになり、アルカリ性寄りの精液が子宮に届きやすくする役割もあり、より妊娠しやすくする働きがあります。愛液は膣内の酸性度を下げるため、たくさん出れば出るほどアルカリ性である精液が子宮に届く可能性が高まり、妊娠しやすくなる仕組みを持っています。

防御反応による愛液分泌

「イヤイヤながらもセックスせざるを得ないときには体を防御するために仕方なく愛液が出てくれる」という膣液の分泌もあります。嫌な相手とのセックスでは、意思とは関係なく愛液が分泌されるのですが、これは、体の防御反応として、腟内を傷つけないように分泌されているといわれています。レイプされたときでも愛液が出ることが分かっています。

愛液のお悩み関連記事

愛液の量や色などの個人差

強い体臭の有無や生理前などで愛液のニオイが変わる

愛液の出る量ですが、多い人になると『100cc』も出る人がいるそうです。また、体質によって粘度や量、色、匂いなどに個性があります。そして、すべての女性が感じやすく濡れやすいわけではなく、その個性差はかなりあるようです。

愛液と体臭の関係

体臭がきつめの人は臭いがきついことが多いそうです。排卵期が近いとき、生理の前などの時期によっても愛液のニオイが変わります。生理前後は、経血が混じって血液臭がすることもありますし、排卵日前後では、いつもより愛液の粘稠度が高くなり、それに伴って相手がニオイを気にするという場合もあります。

愛液と発汗量の関係

汗などをかきやすい人は膣内分泌液の分泌量も多いと言われています。また、ホルモンのバランスの仕組みとも重要な関係があり、10代と40代では違うし、ダイエットのしすぎなどで生理が止まってしまっているような人だと、分泌量が少なかったりします。

濡れない体質?愛液を多く出すには

焦らずゆっくり、まずはリラックスすることが大事!お悩み解決バナー

体が冷えやすいひとやむくみがいつもある人など、体質的に濡れにくい女性もいます。過度のストレスがかかっていたり、生活が不規則で知らず知らずにストレスがかかっていて、自律神経が乱れていたりホルモンバランスが崩れていたりすると、愛液の分泌量は減少することもあります。ひどい寝不足があったりしても、自律神経が乱れて濡れにくくなります。

また、緊張しているあまり、血管が収縮して愛液が分泌されにくくなっている場合もあります。そんなときは、まずはリラックスすることです。ゆっくり前戯に時間をかけたり、アロマなどのリラックスできる香りをかいだり、パートナーとのコミュニケーションを楽しんだりするとよいでしょう。焦りすぎると余計に濡れにくくなってしまうので、焦らずゆっくりと時間をかけるつもりでセックスに臨んでください。

そして、セックス前の水分補給などはしっかり行うことをおすすめします。特に暑い日などで軽度の脱水を起こしていたりしているときも濡れにくくなることがあります。

ラブシロップ(メープル&ナッツ)

ラブシロップ(メープル&ナッツ)
感じる部分に垂らした途端に、体が美味しいデザートに!不安な愛液の味や臭いもデザートのように甘い味・香りに変わります。思う存分舐めあい、きっとラブタイムが盛り上がるはず!彼の愛液の味や臭いが気になってフェラチオが苦手…という女性の方にもおすすめ。すべて食品原料で作っていますのでそのまま飲み込んでしまっても安全です。美味しいラブタイムを堪能して、お互いの快感を増やしていきましょう。

メイクラブリップ・カシスレディ

メイクラブリップ・カシスレディ
女性が愛液の味やデリケートゾーンの臭いが気になって、彼からのクンニが苦手…心から感じられない…という方も多いのではないでしょうか?そんな女性におすすめの『舐められるジャムのように美味しいパフューム』です。すべて食品の原料で作られているので舐めつくされても安心!コスメポーチに入るサイズですので、お出かけのときにも忍ばせて急な展開にも味・臭いのエチケットケアをすることができます。

【SET】ジャムウハーバルソープ&デリケートパック

【SET】ジャムウハーバルソープ&デリケートパック
味や臭いを別の香りや味でカバーするのではなく、デリケートゾーンの臭いや黒ずみ、おりものを汚れの元から洗い流す『ジャムウハーバルソープ&デリケートパック』。まずはジャムウ・ハーバルソープの泡パックで、黒ずみや臭いをサッパリと洗い流して。そしてLCジャムウ・デリケートパックで、気になるおりものをパックで洗って流してキュッっと引き締めを。自分のカラダにもっと自信を持つことができます。

セックスと愛液お役立ち関連記事

まとめ

男性が女性の愛液を舐めると強くなるっていうジンクスのようなものがありますが、愛液の主成分はタンパク質。ほんのちょっぴりの愛液をありがたがって飲むよりも、良質のタンパク質を含んだ大豆やレバーなどを食べた方がずっと効果的です。無理しないで楽しむ範囲で味わってくださいね(笑)

濡れないお悩み関連記事

中でもっと感じて…自分でできる「感度磨き」
⇒中でもっと感じて…自分でできる「感度磨き」
ラブグッズ複合LP メルマガ ラブコスメLINE 映像連動型ホール シンクロ
一人エッチの時に読みたい漫画特集
一人エッチの時に観たい動画

このページを見た人は
こちらの商品も購入しています

メイクラブリップ・カシスレディ

●お互いが満たされるオーラル『メイクラブリップ・カシスレディ』

デリケートな部分に塗れば、なめらかなジャムのような質感とまるで果実を丸ごとに詰めたコンポートのようなみずみずしい味わいに。ニオイの元をケアして、心地良く漂い甘美なオーラルセックスをサポートします。

ピックアップ体験談

メイクラブリップ・カシスレディ体験談

●味が無くなっても舐め続け…(よっきぃさん/32歳/自営業)

彼が「あ、良い匂いだね」と言って舐め始めて「美味しい」と。私も舐めてみたら、甘くて美味しい。お互い、味がなくなるまで、と言うか味が無くなっても舐めまくり…続きを読む

お悩みにおすすめの商品

オトナの女を磨くならLC「恋愛力アップ特集TOP」




商品・ページを探している方へ

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品



LCラブコスメの安心の梱包

  • LCならではの安心・丁寧な梱包
  • 宅配伝票も分らないように記載
  • 商品名を選ぶことができます
  • 外見は無地のダンボール



エンドインフォ

定番








カレンダー