彼氏への愛撫の気持ちいいやり方!ペニスマッサージ(亀頭・睾丸)で彼が気持ちよく

いま!LINEでラブコスメと友だちになると、50ポイントプレゼント

≫詳しくはこちら

彼氏への愛撫の仕方。彼が喜ぶペニスマッサージ(亀頭・睾丸)、乳首の気持ちいい愛撫テクニック

カテゴリー:セックスの悩み

セックスの悩み

彼氏への愛撫でお悩みの方へ

彼氏が喜ぶ愛撫のやり方!
気持ちよくなるペニスマッサージ

男性への愛撫方法が分からない?

男性への愛撫はどうやるの?

彼氏にもっと気持ちよくなってもらいたい…。でも、男性への愛撫の方法が分からなくて困ったり、性感帯の刺激の仕方やペニスマッサージなどは難しいと感じたことはありますか?

一般的に女性は愛撫で自分が濃厚に攻められる経験はあっても、自分から彼に時間をかけた愛撫をすることはあまりないです。

もっと彼氏に気持ちよく喜んでもらおうと思っても、自分から彼への愛撫にあまり自信が持てない。こんな事をしたら「彼に引かれないかな…」と不安を感じたりすることも、女性からの愛撫が少なくなる一つの要因となっているようです。

しかし、ラブタイムはお互いに愛を確かめ合う時間。男性からの愛撫を受け止めるだけでなく、女性から男性への愛撫が充実すると、もっと二人の関係が深まっていくと思います。

この記事では、男性への愛撫の方法が分からない女性、普段は彼への愛撫があまりできていない女性のために、男性がもっと気持ちよくなって喜ぶ愛撫の方法をご紹介します。

ペニス(男性器)への愛撫だけでなく、男性の体のあらゆる性感帯への愛撫のやり方をご紹介します。そして、具体的なフェラテクニックやペニスマッサージの方法など、愛撫で彼が喜ぶこと、気持ちよくなることを身につけていきましょう。

男性が愛撫されて感じる場所は?

男性が感じる場所って?

男性も愛撫されると感じたり、嬉しかったりするものです。まずは、男性が愛撫されて感じやすい性感帯を紹介します。

男性器(ペニス)

男性器(ペニス)への愛撫は、多少なりとも行なっている女性は多いでしょう。LCラブコスメのアンケートでも、120人中83人がフェラチオのテクニックに自信がないと答えながらも、「彼をフェラチオで感じさせたい」「フェラの正しい方法を習得して、エッチのレベルを上げたい」とペニスへの愛撫がうまくなりたいと感じていることがわかりました。

自信を持てない女性も多い、フェラテクニック。ひとくちに「男性器への愛撫」といっても、亀頭や睾丸、裏筋など様々な部位を攻める方法があります。この後紹介するフェラチオのテクニックを習得すれば、彼を今よりもっと気持ちよくさせることができるかもしれません。

また、フェラチオ以外にも手でするペニスマッサージ(手コキ)などの愛撫バリエーションを習得することで、彼氏をもっと気持ちよくすることができます

男性器(ペニス)に近い内腿

セックス前の愛撫として、一番敏感な男性器をすぐに触ったり、舐め始めるのではなく、男性器に近い部分をじわじわと攻めて焦らしてみるのもひとつのテクニックです。

特に内腿(うちもも)は、男性器に触れられるかも、舐められるかも、というドキドキ感が味わえるので男性が興奮しやすい場所です。このとき、男性器には絶対に触れないように焦らすことがポイント。早く触って欲しいという期待感を持たせることで、興奮してペニスがさらに勃起しやすくなります。

乳首

男性が女性を愛撫する性感帯としてポピュラーな乳首ですが、男性も女性と同じように乳首は感じやすい場所の一つです。

乳首の感じ方には個人差が大きいので、まずは指で触れて彼の反応を見て、感じている様子があれば、キスをしたり舐めてみるといいでしょう。

感じていたら、後は自分が乳首を舐められて気持ちいいと思う方法で愛撫してみましょう。

彼も感じやすい耳


男性も耳は感じるの?

耳も男性が感じやすい部位のひとつです。キスから耳に愛撫する場所を移したり、不意打ちで刺激するのが効果的です。いきなり男性の耳の穴を舐めたりせずに、そっと吐息をふきかけたりドキドキするような言葉を囁いたりするだけでも十分官能的な気分を高められます。

唇の裏や歯などの口の中

キスというのも、セックス前の重要な愛撫のひとつです。男性もキスをしている最中はセックス以上に愛情を感じるという人も多いのでテクニックを深めてみるのも大事です。

フレンチキスやディープキスの他にも、キスには様々なバリエーションがあります。たとえば、ディープキスをしながら彼の歯列を舌でなぞってみたり唇の裏まで舐めてみたりすると、非日常的なキスのテクニックにいつもより感じてしまう男性も多いようです。

自分の目では見えにくい背中

正常位でセックスをしているときに、背中に軽く爪を立ててみたりしたことはありますか?自分の目では見えにくい背中も、愛撫されると男性が感じやすい部位のひとつです。

前戯としてマッサージしながら胸や乳首を押し当てたり、舌先をゆっくり這わせてみるのも効果的です。背中への愛撫が好きな男性は意外と多いです。

神経の多い手や足の指

セックス前でも後でも使える愛撫テクニックとしておすすめなのが、手や足の指を刺激することです。神経が多い指先は意外と感じやすい性感帯なので、じゃれ合いながら舐めたり噛んだりすることも刺激になります。指先を男性器に見立てて、上目遣いで舐めてみるのもおすすめですよ。男性の妄想を掻き立て、エッチな気分になることで感覚も敏感になります。

このページを見た人は、こんな商品を購入しています

彼が喜ぶ男性器を愛撫する方法(ペニス・マッサージ)

どう触れば気持ちいいの?

男性が愛撫されて感じる部分を多数紹介しました。ではその中で一番愛撫されて気持ちいいとされるペニスを、どのように触れると気持ちいいのでしょうか?

男性器への愛撫方法は大きく分けて3つあります。「ペニスマッサージ(手コキ)」「フェラチオ(口での愛撫)」「両方同時にやる方法」です。

また、一口に男性器といっても、細かな部位によって感じ方が違うので、攻め方も変わります。

そこで、ペニスの具体的な部位と、それぞれの部位に適したペニスへの愛撫方法を、ご紹介いたしましょう。

ペニスの感じる場所とは

男性器には刺激に敏感な部分もあれば、強めに刺激したほうが気持ちいい部分もあります。しかし男性器を持っていない女性にとっては、どこをどう触ったら気持ちいいのか中々検討が付きませんよね。

そんな方のために、ペニスの部位と敏感度を解説しましょう。男性器を愛撫する前に覚えておきたい部位は、「亀頭」「雁首」「裏筋」「竿(陰茎)」「睾丸」の5つです。

亀頭はペニスの最先端。男性の最も敏感な場所です。女性でいう「クリトリス」の部分にあたります。亀頭には鈴口と呼ばれる尿道口があります。この鈴口付近は特に敏感で優しい触れ方が適しています。

「雁首」は勃起したときに男性側にある亀頭と竿の境目、エラの部分を言います。包茎の男性は、この部分が包皮に包まれたままの人もいます。

一方女性側の亀頭と竿の境目を「裏筋」と呼びます。正式名称は「陰茎小体」といい、この部分もとても敏感です。女性でいう「小陰唇」の部分にあたります。

もっともペニスの大部分を占めるまっすぐな軸の部分は「竿(陰茎)」と呼ばれます。この部分は比較的強めに刺激しても大丈夫な部分です。竿の中でも特に気持ちいいのが睾丸(タマ)との境目で、愛撫をする際に重点的に刺激したい場所の一つです。

そして睾丸は俗にいう「金玉(玉袋)」の部分で、男性の急所です。触ってみると、皮の中に丸い球状のものが入っているのが分かるかと思います。男性の興奮度がアップすると、この部分が大きく膨らんで張りを増します。もちろん、繊細な場所なのでここも優しく触ってあげてくださいね。

まずはペニスを勃起させよう

彼のペニスがまだ勃起していないようであれば、ペニス全体にローションをつけて、優しく撫でるようにマッサージしましょう。竿や雁首の部分を優しく手で包むように握り、上下に動かします。

ローションのトロトロ感は男性にとってもたまらなく気持ちがいいものです。香りや味付きのローションを使えば、恥ずかしさなんて忘れて楽しみながら新しいプレイに挑戦できます。

もちろん、ペニスが柔らかい状態でフェラチオされても男性は十分気持ち良さを感じます。勃起する前ならペニス全体を口に含むことができる場合もあるので、口に入れて歯がぶつからないように口の中を優しく転がし、舌を大きく動かすように舐めてください。

少しずつ硬くなってきたら、鈴口や裏筋、竿とタマの境目などに音を立ててキスするのも、男性の興奮を誘います。抵抗がなければ、竿を横からついばむようにキスをしながらペニスに頬ずりするのも、愛情を感じて嬉しく感じる男性は多いようです。

竿や雁首へのペニスマッサージ(手コキ)方法

ペニスマッサージの基本動作

「竿(さお)」というのは、男性のペニスの本体部分である根元から亀頭へ続く棒状の部分。竿は亀頭や睾丸に比べると鈍感なので、少し強めにマッサージやフェラで愛撫しても大丈夫です。

基本の動作としては、片手の親指と4本の指で挟むようにペニスを持って、上下にストロークします。ペットボトルを軽くシェイクするようなイメージというと分かりやすいかもしれません。男性も自分でオナニーをするときは、このやり方でペニスを刺激して気持ちよくなります。

両手で刺激するペニスマッサージ

両手で同じようにペニスを刺激するのも◎。ワンストロークは短くなりますが、その分小刻みに早めのスピードで動かすといいです。両手を「げんこつ山」のように重ねるのではなく、組み合わせてその間にペニスを入れてしごく…というやり方もあります。このやり方は、まるで膣内にいるかのように全方位から包まれている快感が人気のようです。

逆手握りのペニスマッサージ

M気質の彼の場合は「逆手握り」も相性がいいでしょう。手の甲を男性側に向け、親指を下にして勢いよくペニスをしごきます。キスや彼の乳首を舐めながらこのようにマッサージされると、女性に支配されているような快感を体験できます。

揺らすペニスマッサージ

竿を持ってバイブのように揺らす方法もあります。竿の根元を持って、小刻みにバイブの様に揺らしながら刺激を加えたり、根元から亀頭にかけて手を上下させて竿全体を刺激させたりすると男性が気持ちよくなれます。

雁首のペニスマッサージ

雁首は勃起している時男性側にあるので、フェラチオで刺激するのは難しい部分。ペニスマッサージ(手コキ)で存分に刺激してあげましょう。人差し指と親指で輪を作り、雁首の部分に引っかけます。そして若干上に圧力を咥えながら、手首を回して、ぐるぐると指のわっかも回しましょう。

同時に刺激するペニスマッサージ

雁首(カリ)と陰茎(竿)をペニスマッサージで同時に刺激する方法もあります。野球でフォークボールを投げるときの球の握り方のように、人差し指と中指でペニスの雁首を挟み、残りの指で竿を握りましょう。その状態で小刻みに動かしたり、上下させます。

人差し指と中指の間は圧力がかかるので、手で普通に握るよりも快感がアップします。

亀頭愛撫や裏筋愛撫は口で優しく

「亀頭(きとう)」は、男性器の先端部分。ここは、女性でいうクリトリスに当たる部分で、男性器でもっとも敏感な場所です。そして亀頭の裏側(勃起したときの女性側)にある筋の通った部分の「裏筋」も彼が気持ちよくなるポイントです。この二点は特に繊細なので、いきなり強い力で刺激を与えると痛みを感じることもあるので注意してください。手だと刺激が強くなりがちなので、口で優しく愛撫するのがおすすめです。

亀頭は刺激に敏感なので摩擦による痛みを感じさせないために、ローションやオイル、唾液などで滑りやすくして愛撫しましょう。口を使って愛撫をするときは、キャンディーを舐めるように舌を出してペロペロ舐めたり、口に亀頭全体を含んで口内で舌を動かしたり、口から出し入れするように刺激を与えましょう。このとき、亀頭に歯があたらないように、唇で歯を覆いましょう。

舐めるときに舌を少し押し当てる、唇を少し狭くするなど、刺激の方法を工夫すると、様々なバリエーションの刺激が楽しめます。

ラブグッズとして販売されているローションの多くは、体に垂らしてヌルヌル感を楽しんだり、挿入時の痛みを和らげるものです。中には味付きのものもありますが、舐められるものは実はそう多くはありません。そこでおすすめなのが、LCラブコスメのラブシロップ(メープル&ナッツ)。実際に食べられるメープルナッツ味のローションで、彼の体を思わず舐め回したくなってしまうかも!

ラブシロップ(メープル&ナッツ)

ラブシロップ(メープル&ナッツ)
食品としての安全性が重視されたラブシロップは、はちみつよりもあっさりとした味わいが美味しいメープルナッツ味。「ローションのベタつきが苦手…」という人もいますが、ラブシロップは独特のトロトロ感がありながら、使用後はベタつかないのが特徴です。味だけでなく甘い匂いも楽しめて、体臭や精液のニオイが気になる人にもおすすめです。

手と口で愛撫しながら睾丸も

手と口、それぞれの愛撫もいいですが、同時にやることで快感はもっとアップします。そして、口でペニスを愛撫しつつ手で「睾丸(こうがん)」を攻めたり、手でペニスをマッサージしている時に睾丸をぱくっと口に含んだり…と、睾丸愛撫を交えると、さらに男性器の愛撫の幅が広がります

そして睾丸は痛みには亀頭以上に敏感で衝撃を受けやすく扱いに注意が必要な部分ですが、上手に触ったり、睾丸舐めができると男性は悶絶するほどの気持ちよさを感じるそう。睾丸を愛撫するときも強くせず、必ず唾液がたっぷりある状態で優しく舐めましょう。

まずはペニスの先端を口に含み優しく舌で舐めながら、片手でマイクを持つように竿の部分を握り、上下運動させましょう。そしてもう一方の手で、玉袋を指先でくすぐるようにさわさわと刺激します。竿の部分はローションで滑りやすくなっていることを利用して、徐々に素早く動かしましょう。また握り方や舐める角度を変えたり、握る強さを少しだけ強くしてみたりと、彼の反応を見ながら刺激を変えていきましょう

睾丸の舐め方は、片手で垂れ下がった睾丸を軽く手で持ち上げて睾丸の付け根を舐めたり、睾丸全体を舌でペロペロ舐めたりするのがポイントです。彼が睾丸フェラで感じていたら、睾丸全体を軽く吸いながら舐めてみてください。舌で中にある玉部分をちろちろと転がすように舐めてもいいでしょう。中には睾丸だけを舐めていると、そちらに快感が集中しすぎてペニスが萎んでしまうという人もいるそう。それを防ぐ意味でも、空いた片手では、陰嚢と竿の境目や、裏筋を指で優しくさすっているとペニスの勃起を維持しやすくなるでしょう。

一方で睾丸は非常に繊細な部分なので、テクニックの上手い下手に関わらず嫌がる男性もいます。彼に止められても落ち込まず、彼が感じる他の部分を探っていきましょう

彼氏への愛撫でお悩みおすすめ記事

男性の乳首を愛撫するときのポイント

乳首を愛撫するポイントは?

女性の多くが前戯で男性から攻められている「乳首」。では、男性の乳首を愛撫するときはどう扱うのがいいのでしょうか?男性の乳首の愛撫には指を使う方法、口を使う方法と複数のテクニックがあります。彼が喜ぶ具体的な乳首攻めを覚えておきましょう。

乳首周辺を指で優しくタッチする

乳首そのものを攻める前に、乳首周辺を指で優しくタッチして焦らすように愛撫をしてみましょう。乳首周辺を触っているだけでも、乳首が次第に反応してくるはずです。

乳首に硬さが出てきたり、彼の口から気持ちよさそうな吐息が漏れたりと、彼に変化が見えてきたら次のステップへ。指の腹で触れるか触れないか程度の力加減で乳首にそっと指を添わせて焦らしてみてください。

焦らす愛撫をマスターできると、今よりももっと彼を感じさせることができますよ

指ではじいたりそっと摘まんだりする

焦らしすぎると彼も我慢できなくなってしまうので、ある程度乳首周辺を触ったら、乳首を指で弾いたり、そっと摘んだりしてみてください。まずは優しく摘むように触れるのがコツ

彼が気持ち良さそうにしていたら、少しずつ摘む強さを強めてみてもOKです。親指と人差し指で摘む刺激、人差し指と中指で摘む刺激など、違った刺激を与えてみるのもおすすめです。

舌を使って丁寧に舐める

指を使った乳首への愛撫の次は、口で乳首を愛撫しましょう。口で乳首を愛撫するときも、唾液をたっぷり垂らして濡らしたり、ローションを使ったりして滑りが良いほうが感じやすくなります

舌先で乳首をチロチロ舐めて刺激を与えて、時々チュパチュパと音を立てて吸うと聴覚的な効果も加わりとさらに興奮します。

男性がされたくない愛撫のパターン

男性がされたくない愛撫は?

多くの男性が大好きだと答える愛撫ですが、男性がされたくない愛撫のパターンもあるので紹介します。

見えるところにキスマークを付ける

愛撫の最中にキスマークを付けたくなる女性がいますが、首のような隠しにくい場所に付けてしまうと、会社や周囲の人の視線が気になってしまう男性もいます。どうしてもキスマークを付けたいなら、日常生活では見えにくい場所に付けるようにしましょう

ペニスを舐めた後にキスをする

彼にクンニをされてからすぐにキスをされても嫌じゃないなら、この男性の気持ちが理解できないかもしれません。しかし、自分の性器を舐めたばかりの口とキスをするのに抵抗がある男性もいます。

それでもキスの前に口を水でゆすいだりすればあまり気になることはないようです。フェラチオ後やセックス後には口を洗浄してから彼にキスをしましょう

射精後もフェラチオを続ける

女性の中には、絶頂を迎えた後にクンニをされるのが好きという人も多いですが、基本的に男性が射精後に愛撫を続けられても、敏感になりすぎて痛みや不快感を感じるだけで、性的な興奮は感じられない傾向があります。そのような彼氏の場合は、射精後は刺激を与えないようにしましょう。

汚い部分という印象が強い前立腺

「前立腺」というのは女性にはない男性特有の臓器です。肛門の少し奥にある目視できないデリケートな部分なので、あまりイメージできない女性もいるかもしれません。

アナルへの愛撫になるので男性も恥ずかしいのと、不衛生だというイメージもあり、攻められるのが苦手だという男性も多いです。

ただし、アナル付近の愛撫が好きという男性もいます。前立腺への愛撫をするなら、まずは彼がちゃんと感じられているか、不快そうにしていないかを見ながらゆっくりと触れることから始めましょう。

愛撫で彼が喜ぶことを知りもっと気持ちよくさせたい!

彼にもっと喜んでほしい!

恥ずかしさが勝ったり、自信がなくて積極的になれない人も多い女性から男性への愛撫。しかし男性が愛撫で感じやすい部分や、ペニスマッサージ方法を知れば、セックスで彼をもっと気持ちよくさせることができます

愛撫をするときに大事なことは、体のどのパーツを攻めるにしても最初は刺激的にしすぎず、優しく触れるところから始めること

焦らしテクニックも頭に入れて、彼氏が感じているかをよく観察しながら愛撫の強さや刺激を与える場所を変えていきましょう。男性にとって愛撫は彼女からの愛情を感じられる幸せな行為です。ときには彼に愛撫の感想を聞きながら、二人で気持ち良いセックスをもっと研究できると良いですね。

LCハーバルローション

LCハーバルローション
自然派アロエとハチミツで作ったLCオリジナル自然派ラブローション『LCハーバルローション』。化粧品として開発され、肌に潤いを与えてくれます。彼へのマッサージにも使ってみてください!彼がきっと病みつきになり、その表情を見ているだけでも、幸せな気分になるかもしれません。

LCハーバルローション・ホット

LCハーバルローション・ホット
自然派アロエ配合のLCハーバルローションのホットタイプ。独特のぬるぬる感と、滑らかな手触りだけでなく、じわじわとしたホットな温感が、ラブタイムを一層盛り上げます。素肌の水分にふれると、じんわりあたたかくなる成分を配合。カラダのラインが気になる方にはマッサージローションとしてもお使い頂けます。

ラブスライド

ラブスライド
保湿や潤いをサポートする褐藻エキスや、やる気のためのハーブとも言われるダミアナ葉エキスなどを配合。潤いだけでなく滑りで、ヌルヌルと吸い込まれるようなインサート感が得られます。潤い不足による摩擦での不快感をサポートし、濡れにくい、感じにくいお悩みをケア!

お悩みにおすすめの商品

オトナの女を磨くならLC「恋愛力アップ特集TOP」




お悩みの解決方法を探している方へ

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品



LCラブコスメの安心の梱包

  • LCならではの安心・丁寧な梱包
  • 宅配伝票も分らないように記載
  • 商品名を選ぶことができます
  • 外見は無地のダンボール



エンドインフォ

定番








カレンダー