膣(デリケートゾーン)のかゆみの原因。膣口、膣内、会陰部のかゆみ。

デリケートゾーンの悩み

膣(デリケートゾーン)のかゆみの原因は?
かぶれか感染症かで異なる対処法

     

    デリケートゾーンのかゆみや腫れの原因

    この記事では、順天堂大学医学部附属静岡病院 の 産婦人科医 小林徹 先生の監修のもと 女性の気になる デリケートゾーンのかゆみの原因 についてまとめてみました。

    膣(デリケートゾーン・陰部)ムズムズする、かゆい・・・そんなことはありますか?

    「病院に行くのが一番」とは知ってはいるものの、デリケートゾーンのこととなると、恥ずかしい気持ちもあり、できるなら自分で対処したいという人も少なくないでしょう。

    実は膣(デリケートゾーン・陰部)のかゆみにはさまざまな原因があり、原因によって対処法が異なります。ここでは、かゆみの原因と対処法、また予防法について解説します。

    膣にかゆみがある場合、主に2つの原因が考えられます。ひとつはかぶれ、もうひとつ感染症です。また、まれではありますがアレルギーということもあります。

    部位別にみるかゆみや腫れの原因についてみていきましょう。

    膣口がかゆい

    デリケートゾーンがムズムズするお悩み解決バナー

    膣口がかゆいのであれば「かぶれ」が原因として考えられます。膣周辺は、いわゆるデリケートゾーンなので、かぶれが起きやすい部位です。膣の周辺や入り口がかゆい場合、かぶれが原因のことが少なくありません。

    ムレによるかゆみ

    性器周りは粘膜に近く、常に下着などで覆われているため、汗などでムレやすい環境にあります。そのため、かぶれを起こしやすいのです。

    特に生理期間中は肌が敏感になりますので、普段では問題のないようなものが刺激になってかぶれを引き起こすこともあります。ナプキンを使うためムレやすくなるのも、膣周辺や膣の入り口にかぶれやかぶれに伴うかゆみが生じる原因となります。

    膣口がかゆい場合、どうすればいいのでしょうか?対策と予防方法をご紹介します。

    アンダーヘアによるかゆみ

    アンダーヘアのちくちくでかゆみが起きる人もいます。ハサミなどでカットするとちくちくするので、アンダーヘアの処理は毛先を丸く整えられるヒートカッターでの処理がおすすめです。

    またムレはかぶれの原因にもなります。アンダーヘアをととのえてデリケートゾーンが蒸れにくい環境にすることで、かぶれにくくなる方もいます。

    蒸れないようにお手入れしないと

    【SET】アンダーヘアケアはじめてセット

    【SET】アンダーヘアケアはじめてセット

    アンダーヘア専用トリートメントの『シナヤカウォッシュ』とアンダーヘア専用ヒートカッター『Vライントリマー【NEW】』のお得なセット♪
    ゴワゴワの質感はふわふわに、下着から飛び出て気になる長さは、毛先を丸くカットしてスッキリと。いつでも自信の持てるアンダーでいられます。セットで購入すると通常よりお得です!

    外陰部(大陰唇や小陰唇)のかゆみ

    膣と同時に大陰唇や小陰唇がかゆいという人もいるかもしれません。大陰唇、小陰唇は膣口と同じようにかぶれカンジダでかゆみが生じやすい部位です。外陰部がムレて抵抗力が弱まると、かゆみにつながります。

    事前にお風呂でさっぱりとデリケートゾーンに付着したおりものを洗い流すことで、デリケートゾーン(外陰部)の環境を整えることができます。

    【SET】ジャムウハーバルソープ&デリケートパック

    【SET】ジャムウハーバルソープ&デリケートパック

    味や臭いを別の香りや味でカバーするのではなく、デリケートゾーンの臭いや黒ずみ、デリケートゾーンに付着したおりものを汚れの元から洗い流す『ジャムウハーバルソープ&デリケートパック』。まずはジャムウ・ハーバルソープの泡パックで、黒ずみや臭いをサッパリと洗い流して。そしてLCジャムウ・デリケートパックで、気になるデリケートゾーンに付着したおりものをパックで洗って流してキュッっと引き締めを。自分のカラダにもっと自信を持つことができます。

    膣口がかゆい対策方法ときの対策

    「清潔にしないと」という気持ちから、ビデなどを使って頻繁に洗う人もいますが、洗いすぎは禁物です。洗いすぎると、膣内の常在菌も洗い流してしまう恐れがあります。

    デリケートゾーンを清潔に保つのは大切ですが、入浴時にデリケートゾーン専用の石けんなどを使ってサッと洗う程度で十分です。

    おりものが多い場合は、おりものシートを使用しましょう。おりものシートは同じものを長時間付けっぱなしにしていると、雑菌が繁殖する原因となります。こまめに付け替えて、清潔を保ちましょう。

    膣口のちょっとしたかゆみや、かぶれなどの場合は、デリケートゾーン用の市販薬で改善することもあります。ただし、市販薬で症状が緩和しない場合は、感染症の可能性があるので病院へ行きましょう。

    膣口のかゆみの予防

    膣のかゆみを予防するためには、デリケートゾーンを清潔に保つことが大切です。洗いすぎは禁物ですが、毎日入浴して、おりものシートやナプキンを使用する場合は、こまめに替えるようにしてください。

    アレルギーへの対策や性病への感染は、コンドームの使用で予防することができます。睡眠不足は、抵抗力の低下皮膚・粘膜の新陳代謝の低下につながるので、十分に睡眠をとることも忘れないようにしましょう。

    十分な睡眠をとることも大事

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    股の黒ずみケアにおすすめのジャムウ・ハーバルソープを購入する
    サッと洗って清潔なデリケートゾーンを…
    商品を見る
    O・Iゾーンの汚れ・ニオイの元をケアする「ジャムウ・デリケート リフレッシュムース」
    O・Iゾーンの汚れ・ニオイの元をケア
    商品を見る
    おりものや臭いの元を洗う「LCジャムウ・デリケートパック」
    キュッっと引き締め&臭いの元ケアも!
    商品を見る
    においのもとをさっとふける「デリケートウェット」を購入する
    臭いの元をふき取る!清潔感も保てる!
    商品を見る
    デリケートゾーン用美容液『LCジャムウ・デリケートエッセンス』
    皮膚に潤いを与える!臭い&黒ずみの元対策
    商品を見る

    膣の中がかゆい

    膣の中がかゆい場合、アレルギーということが考えられます。またアレルギーにも、「パートナーの食事によって、パートナーの精液にアレルギーが含まれてしまった」場合と、精液そのものに対するアレルギーの2種類があります。

    アレルギーのある食品を、パートナーが摂取していた

    例えばナッツアレルギーの女性の場合、男性がナッツを摂取した後に性行為をすると、その精液によってアレルギーを発症することがあります。前日に摂取したものがアレルギー反応を引き起こすと言われています。

    また、フェラチオによって、アレルギー源が口腔に侵入する可能性もなくはありません。

    パートナーが何を食べたか確認したほうがよい

    精液自体へのアレルギー

    精液血漿過敏性、精子アレルギーとも呼ばれ、精液に含まれるたんぱく質が体に触れることでアレルギー症状を起こします。

    主に性行為のあとに発症し、膣の周辺に赤みや腫れ、かゆみ、痛み、灼熱感などの症状が出ます。症状が重くなると、アナフィラキシーショックを起こしてしまうこともあります。

    初めて性行為をしたあとに発症することが多いですが、まれに同じパートナーで性行為をしていた人が、突然アレルギー反応を起こしてしまうこともあるそうです。

    膣の中のかゆみ対策や予防?

    食物アレルギーによるかゆみを防ぐには、性行為をする前にお互い何を食べたのかを確認してから行うのが最善といえるでしょう。

    精液によるアレルギーの場合は、コンドームを使用するのが一般的な対処法です。ほかにも、精液を薄めたものを膣の中に入れて、段階的に慣れさせる方法もあります。

    陰部のかゆみで性病が原因の場合

    膣がかゆい、ムズムズ・チクチクするという場合、性病が原因とも考えられます。膣周辺のかゆみを伴う性病とその症状を挙げていきますので、当てはまるものがないかチェックしてみてください。

    もしかして性病?

    トリコモナス

    トリコモナスは、主に性交渉によって感染する感染症です。稀にタオルやシーツ、入浴、便器による感染もあります。性病の中でも比較的ポピュラーなもので、感染してすぐに自覚症状がみられないため、知らない間に感染していることも少なくありません。

    男性の場合は、感染していても無症状のこともありますが、女性の場合はおりものの異常や性器周りのかゆみといった症状がみられます。

    具体的には、緑色や黄色のおりものが多く出たり、おりものに悪臭がしたりすることがあります。性器周辺にかゆみが起きるほか、膣に痛みが起きるなどの自覚症状がみられます。

    治療方法としては、メトロニダゾールやチニダゾールといった抗菌薬の服用が一般的です。パートナーが居る場合は、パートナーも感染している可能性が高いため、パートナーも一緒に治療する必要があります。

    カンジダ

    カンジダは女性の膣に棲んでいる常在菌ですので、カンジダ菌自体が悪いわけではありません。しかし、何らかの原因でカンジダ菌が異常に繁殖すると、膣カンジダ(カンジダ症)を発症します。

    通常、膣の中は乳酸菌によって酸性に保たれているため、カンジダ菌の大量増殖が抑えられています。しかし、疲れやストレスによる抵抗力の低下、生理前や妊娠中などのホルモンバランスの変化などが原因で、常在菌のバランスが乱れてしまうことがあります。そうすると、カンジダ菌が大量に増えてしまい、膣カンジダ発症の原因になります。

    膣カンジダの主な症状としては、膣の中が激しくかゆい、チクチクする、ムズムズするといったものがあります。おりものは白くポロポロとした、酒粕状、もしくはカッテージチーズ状のものが出ます。

    治療は、抗真菌薬の膣錠や膣坐剤、クリームの外用薬によって行ないます。治療を始めてから2~3日で症状の改善がみられますが、根治を目指すためには自己判断で治療をやめず、医師の指示に従うことが大切です。

    ケジラミ

    陰部にかゆみがある場合、ケジラミが原因とも考えられます。ケジラミというのは、人間の毛に寄生するシラミで、陰毛のほかワキ毛やすね毛、眉毛、まつ毛など、いろんな部位の毛に感染します。

    ほとんどが性交渉による感染ですが、プールや温泉で感染する可能性もあります。ケジラミに感染すると、陰毛部に激しいかゆみが出ます。

    ケジラミの感染が原因で陰部にかゆみがある場合、感染している毛すべてを剃るのが効果的です。ただし、陰毛以外の毛にも感染している場合もあり、すべてを剃るのが難しいことも少なくないでしょう。その場合は、ケジラミ対策用のシャンプーを使用します。シャンプーは卵には効果がないので、2~3週間にわたって治療を続ける必要があります。

    衣類や寝具にもアイロンをかける、ドライクリーニングに出すなどして、熱処理をするようにしましょう。

    いんきんたむし

    カビの一種である白癬菌が、陰部周辺の皮膚に感染することで起きます。性交渉をしなくても、入浴やトイレの便座などからうつることもあります。水虫と同じ菌なので、家族の水虫からうつることもあります

    いんきんたむしになると、赤い隆起ができて、激しいかゆみが出ます。ほとんどの場合、男性に発症しますが、稀に女性にも発症することがある感染症です。

    いんきんたむしと診断された場合は、抗真菌薬(クリーム)による治療のほか、抗真菌薬の内服薬などが処方されます。

    性器ヘルペス

    膣周辺にかゆみがある場合、性器ヘルペスの恐れもあります。性器ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルスが病原菌の性感染症です。

    最初は軽度のかゆみがある程度ですが、数日すると水疱や痛みなどの自覚症状がみられるようになります。再発しやすい性病で、抵抗力が落ちたり、ストレスがたまったりすると、再発することがあります。

    性器ヘルペスに感染した場合は、抗ウイルス薬の投薬によって治療します。内服薬と点滴静注薬とがあり、症状によって使い分けます。

    膣のかゆみのまとめ

    膣(デリケートゾーン・陰部)にかゆみがある場合、原因としてはかぶれ、感染症、稀にアレルギーが考えられます。デリケートゾーン用の市販薬で症状が改善することもありますが、変化がみられないようであれば病院に行くようにしましょう。

    また、普段からかぶれや性病への感染を防ぐために、デリケートゾーンを清潔に保つことやコンドームの使用、睡眠を十分にとることなどを意識してください。

    デリケートゾーンを清潔に保ちましょうお悩み解決バナー
    監修:小林徹先生(産婦人科医)
    監修:小林徹先生(産婦人科医)

    順天堂大学医学部卒業。順天堂大学医学部附属順天堂医院、東京医療保健公社豊島病院を経て、順天堂大学医学部附属静岡病院に勤務。日本産婦人科学会専門医。

    ⇒ 順天堂大学医学部附属静岡病院のサイトはこちら

    ※本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を推奨している訳ではございません

    今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>

       
      

    デリケートゾーンの悩み 記事一覧

    Hの前やセックス後の臭いが気になる!中出し後の臭いは精子の匂い?
    エッチ前後の臭い

    セックスの臭いが気になる

    セックスで下着を脱ごうとしたとき、ためらいが… おりもので、下着をいつも気にしていませんか?
    おりもの(オリモノ)

    セックス後の臭いや量

    愛液の臭い、気になっていませんか?心配…おりものや下着のしみの対策はある?
    愛液の臭いやしみ

    気になる愛液の臭いの対策

    女性器(まんこ・あそこ)の形や大きさ、小陰唇のびらびらや大陰唇が大きい
    女性器の形や大きさ

    女性器の作りに違いはある?

    クンニがおいしい理由とは?しょっぱいクンニを美味しくする方法
    クンニはおいしい?

    しょっぱい?美味しくする!

    クンニ嫌いの彼を、クンニ好きにさせる方法
    クンニ嫌い

    彼をクンニ好きにさせる方法

    クンニが恥ずかしい
    クンニが恥ずかしい

    苦手を解消する方法

    女性のお悩み特集 SEXUAL HEALTH CARE
    石鹸がしみる

    石鹸で洗ったしみる

    股の黒ずみに、ガッカリしたことありませんか?股の黒ずみはジャムウ石鹸で今すぐケア!
    股の黒ずみ

    可愛い下着を楽しめる股へ

    黒いあそこを見逃していませんか?あそこの黒ずみと色のケア
    あそこの色が黒い

    黒くなるの原因と対策

    簡単にできる膣の締まりを良くする方法!あそこの締まりを改善して、ゆるいなんて言わせない!
    膣圧と膣の締まりについて

    締まりのいい膣の作り方

    デリケートゾーン(陰部)の蒸れと臭い…放置できますか?
    デリケートゾーンの臭い

    陰部のニオイと蒸れ

    生理の終わりかけ、おりものが気になるとき…正しい膣の洗い方と膣洗浄の方法
    正しい膣の洗い方

    膣洗浄で生理をすっきり

    もしかして、アソコの臭いに気付いてる…?女性器の匂いについて
    あそこの匂い

    正しい女性器の匂い対策

    「性病」にかかったらどうするの?性行為で感染する病気
    性感染症

    性病にかかったらどうする?

    お尻の黒ずみ…見られたくない!正しい尻ケアで黒ずみを解消する通販
    尻の黒ずみ

    彼に見られてもOKなお尻へ

    クリトリスが勃起する!気持ちいいクリ勃起、感度の上げ方!
    クリトリスが勃起?

    勃起する理由と感度の関係

    膣圧トレーニング
    膣トレのやり方

    名器になって膣でイク方法

    下着の黒ずみ対策
    下着の跡と黒ずみ

    下着の黒ずみの原因とケア

    咳やくしゃみで尿漏れ 今日から始める簡単セルフケア方法を紹介
    女性の尿漏れ

    尿漏れしやす理由と対策

    デリケートゾーンの黒ずみ通販。黒くなる原因と改善方法 デリケートゾーンの悩みを解消しましょう
    デリケートゾーンの黒ずみ

    彼の前でのヌードに自身を!

    気になる黒ずみ通販…ワキ・乳首・デリケートゾーン・陰部など、ジャムウでさっぱり
    黒ずみ

    乳首・ワキ・陰部が黒い

    膣の締め方
    膣の締め方

    気持ちいい膣とは

    膣できもの・陰部のぶつぶつはニキビ?イボ?症状の原因と予防法・ケア対策
    膣(陰部)のできもの

    ニキビ?イボ?病気?

    膣締めダイエットで成功!骨盤底筋を鍛える筋トレ体操で感度やくびれを作る方法
    膣トレでダイエット

    骨盤底筋を鍛える筋トレ体操

    触られるとクリトリスが痛い場合の原因と対策!エッチで強い愛撫や手マンを無くす方法
    クリトリス痛い

    クリトリスが痛い場合

    膣痙攣とは?抜けなくなる痛みはあるの?
    膣痙攣

    膣痙攣に関する内容を記載

    デリケートゾーンの気になるにおいの無くし方や消し方を紹介!正しい膣の洗い方も!
    デリケートゾーンの洗い方

    専用石けんを正しく選ぶ

    膣の構造とは?子宮とも呼ばれる女性生殖器。その長さ・深さ・狭さについて
    膣の構造

    長さ・形・深さなど

    すそワキガの原因はアポクリン汗腺からでる汗?石鹸で陰部を清潔に保つ対策方法とは
    すそわきが用の石鹸

    女性のアソコの臭いケア

    Iライン黒ずみ(Vライン)
    Iラインの黒ずみ

    黒ずみが目立つ部位のケア


    カテゴリー一覧