Gスポットはどこ?膣内の場所と位置の探し方・見つけ方と開発方法の概要

いま!LINEでラブコスメと友だちになると、50ポイントプレゼント

≫詳しくはこちら

膣内にあるGスポットの位置と開発方法

カテゴリー:セックスの悩み

セックスの悩み

Gスポットの場所や位置でお悩みの方へ

Gスポットはどこ?場所と位置の見つけ方
イクための開発法を画像でご紹介!


【PR】Gスポット専用設計のラブグッズ!?

Gスポットはどこ?膣内の見つけ方、探し方と開発方法

「Gスポット」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。女性にとってクリトリスに次いで有名な性感帯ですので、H未体験の人でも耳にしたことがあるかもしれません。

しかし、名前は知っていても「Gスポットの場所はどこにあるか?」「感じだすと女性はどんな風になるのか」「どのような気持ちよさでイケるのか?」それらを知っている人は、100%にはならないと思います。ということで、このコラムでは、女性の隠れた性感帯である「Gスポット」について、その場所か開発方法について詳しくご案内いたします!

Gスポットの場所や特徴の概要

まずは「Gスポット」とは何なのか?さらに、クリトリスでの「外イキ」ではイケるのに、Gスポットで「中イキ(膣イキ)」できない女性が多いのはなぜなのか?その理由から見ていきましょう!

Gスポットって何だろうお悩み解決バナー

Gスポットとは?

Gスポット(Gräfenberg spot:G-spot)とはドイツのエルンスト・グレフェンベルク(Ernst Gräfenberg)にちなんで命名された、恥骨の下にある膣壁前方上部の小さな領域。女性にとってクリトリスに次いで有名な性感帯です。Gスポットについては、さまざまな研究が続けられており、今まで以上に医学的な役割について明らかになってきました。女性の尿道海綿体(スポンジ状)のことで、性行為により深く感じる性感帯スポットです。膣口から3~5センチ入った膣前壁に存在していて、クリトリスのようなピンポイントではなくエリア(範囲)です。

また、Gスポットは、刺激を受けるとオーガズムを引き起こして、より精子を受け入れやすい体制を整えるための部位とも言われています。そのため、Gスポットを刺激すると濡れやすく、イキやすくも出来ています。

Gスポットで感じづらい理由

Gスポットは、クリトリスのようにもともと敏感な性感帯ではなく、セックスやオナニーでの開発によって磨かれる性感帯です。Gスポットで強い性的快感を感じてオーガズムを得るには、少し訓練や練習が必要になります。Gスポットは、セックスやオナニーによって開発され、磨かれていく性感帯です。

クリトリスに比べて部位がわかりにくい分、初心者の場合は「なかなかGスポットで気持ちよくなれない」という人もいるようですが、焦る必要はありません。Gスポットの場所を的確に押さえることができるようになれば、必ず快感を経験できます。最初は触っていても、思っていたよりも気持ち良く感じないかもしれませんが、しっかり開発をすると、クリトリスとは違った快楽によってイクことが出来る性感帯です。

Gスポットは愛撫によって刺激されて気持ちよくなってくると、だんだんと膨らんできます。「おしっこがしたくなるような感じ」になる場合があります。それを過ぎると、とても強い快感が得られ、ここで感じることができるようになれば、セックスの挿入でも、より大きな性的快感を得られるようになります。

Gスポットで感じづらい理由と開発の方法

Gスポットも、強い性的快感を感じるには訓練が必要な性感帯です。

このページを見た人は、こんな商品を購入しています

Gスポットの場所はどこ?

Gスポットは人それぞれですが、大体の範囲は決まっています。探し方さえマスターすれば、すぐに見つけられます。まずはその位置を知って、実際に触れるところまでいってみましょう。

Gスポットがある場所

Gスポット」の場所は、ちょうど恥骨の裏辺りにあります。といっても、「どこ?広いじゃん?」という感じですよね。クリトリスが見た目でわかるのですが、Gスポットは外から見てもわからないので、とても見つけにくいです。見つけ方を詳しくご紹介しましょう。

Gスポットの見つけ方

Gスポットの探し方は、仰向けに寝そべって、膝を立てましょう。そして自分で中指を少々曲げながら女性器に挿入してみましょう。この体勢が一番入れやすいと思います。

Gスポットの詳しい見つけ方、探し方で位置を把握する

ちょうど第二関節が入り口に入るか入らないかというくらいいれたところで、中指の第一関節の指の腹が触れている、ちょっとザラッとしたところが「Gスポット」と言われています(性的な刺激を受けると膨らんだ感じになる人が多いようです)。しかし、指の長さも人それぞれですし、膣の長さや部位などもみんな同じではないので、必ずしも「絶対こうすればGスポットに触れることができる」というものはありません。その人によって場所が変わることもあります。

Gスポットの見つけ方

まずは平常時の自慰方法でクリトリスを愛撫するなどして、膣内を潤してください。愛液が充分に分泌した頃合いを見計らっていよいよGスポット探索スタートさせます。

STEP1

仰向けに寝転がり、両膝をたてます。

STEP2

利き手の中指を少し上に向けて、少し曲げたような状態でゆっくり挿入します。

STEP3

中指の第二関節が膣口に入ったあたりで一旦ストップします。

STEP4

中指の第一関節の指の腹を優しく擦りつけるようなイメージで左右に動かします。

STEP5

指触りに特徴(ザラザラ感)がある箇所がGスポットです。

性感帯についてのおすすめ記事

Gスポットの範囲と感度と潮吹き

Gスポットと呼ばれる範囲がわかったら、あとは自分が快感を得られるポイントを細かく探るだけです。しかし、自分の本当に感じるGスポットを見つけるには感度に関する条件が必要。その条件とGスポットの探し方を細かく紹介します。

Gスポットの範囲

Gスポットは「スポット(場所)」という名がついているくらいですので「範囲」を示しています。クリトリスのように「モノ」ではないのがポイントです。範囲の大きさは個人差もありますが、コイン程度ということだそうです。

Gスポットを刺激して潤う

Gスポットは、尿道海綿体の一部で、神経が集中しています。スキーン腺と呼ばれる、男性では前立腺に相当する分泌腺の存在部位でもあるので、Gスポットを押すと、おしっこを我慢したような激しい快感が走り、膣内に分泌液が分泌されて潤います。Gスポットをしっかり押されたかどうかは、感覚的なものでもわかりますが、愛液の分泌液の量が急に増えたら、Gスポットを探し当てたといってもよいでしょう。

オナニーのときに、ザラザラしたGスポットをちょっと指で少し押してみると、愛液で膨らんできた部分のその押された感覚が分かるようになると思います。

Gスポットでの潮吹き

Gスポットをオナニーで探すには

Gスポットは、セックスでクリトリス以上に感じる人も多い場所なのですが、ある程度の経験を積んで開発され、性的な興奮を味わっているときでないと、まったくといっていいほど感じません。しかし、開発をしていくとだんだんと感じやすくなり、さらにGスポットを開発し続けることで、潮吹きを経験することができます。

Gスポットを持続的に的確に刺激すると、女性の快感は急激に高まり、この時、尿意に似た感覚が起こります。そのまま刺激を続けることで、潮を吹く場合があります。

この尿意に似た感覚が起こった時、「冷静=リラックスできていなくて少し緊張している」場合、快感に対して心が抵抗してしまい、そして潮を吹くことを自ら止めてしまうこともあります。刺激に集中し、快感に集中して、Gスポットで潮を吹くためにも、自らの心を解放しておくことが必要です。ただし、この潮吹きとオーガズムには関係がないと言われており、潮を吹いたからと言って、それでイッたということではないです。

性感帯開発についてのおすすめ記事

Gスポット開発とオーガズムの関係

潮噴きのメカニズムについて説明しましたが、潮噴きが起こるのはGスポットが多いに関係します。本来、潮噴きはエクスタシーとは関係のない生理現象なのですが、関連づけて言われてしまうのは、それだけ「Gスポット」が挿入や指の刺激でのエクスタシーを感じやすい場所だからなのです。

Gスポットの性感帯は感じにくい?

「Gスポット」開発されて、感じるようになる性感帯だと言われています。はじめは愛撫されると少し痛く感じることもあるかもしれません。尿道に近い部分なので、膀胱が刺激を受けて「おしっこしたい…」と感じる場合もあります。

でも、それでいいんです。はじめは、クリトリスもとても敏感で痛かったはず。乳首や脇腹はくすぐったかったはず。強弱を調節し(もしくはしてもらい)、感じるように刺激をすることで、徐々に開発されていくでしょう。

Gスポットを押すとおしっこがしたくなる感覚

Gスポット開発とオーガズム

膣が開発されていくと、中イキ(挿入でのオーガズム)を感じやすくなることでしょう。感じ方としては、クリトリスのようにピンポイント的な感じ方ではなく、ボルチオ性感のように体全体が感じるような感じ方でもありません。

多分、「あ、これだ!」とその場所が体で分かると思うんですよ。膣全体が感じるっていうような。Gスポットを刺激し続けると「おしっこがしたくなるような感じ」になる場合があり、Gスポットの刺激によって中イキをしたときは「足に力が入らなくなってガクガク痙攣する」「急にふわっと全身の力が抜ける」などの感じ方をする人も多いです。

Gスポットを開発して中イキするカップル

また、Gスポットを開発するにあたって「指でするもの」「ペニスでは不可能」だと思っている方もいます。しかし、これは間違いで、Gスポットにペニスを当てて刺激できる体位はあります。それは、挿入時のペニスの「角度」と「深度」が大事なポイントで、亀頭がGスポットに当たるように"浅い"挿入をする体位が向いています。

膣から3~4cmあたりにあるGスポットを刺激するのに、最も適した体位は後背位(バック)です。交尾によって子孫を残す哺乳類では、雄が後ろから刺激することによって届きやすい場所にGスポットがあります。

正常位では、ペニスの先を膣の下のほう(肛門側)から恥骨の裏側に突き刺すイメージで斜めに挿入し、Gスポットを刺激してください。女性が自分でGスポットを当てるには、騎乗位がおすすめです。ピストンではなく前後にスライドする動きは、Gスポットに当たりやすくなります。

感度磨きのお悩みにおすすめ記事

Gスポットを自分で開発する方法

これが理想の形?よく、1/3程度の女性はオーガズムを感じられないと言われたりしていますが、セックスは心理的な要素や体調などが敏感に作用します。

Gスポットも同じ。気持ちいいという情報だけに惑わされず、自分が気持ちいいと思う場所を探していると自然と見つかるはず。「ここ、気持ちいい」→「Gスポットっていうんだ」。これが理想の形ですよね?

オナニーでGスポットを開発する

最後に、せっかくの「Gスポット」の性感があるなら、オナニーで開発しましょう♪同じ膣内で、同じ触り方をしても、他の部分とは明らかに感じ方が違うと思いますので、自分でいろいろと膣内を撫でて感じる場所を探してみます。

Gスポット」の快感の感覚の特徴は、全身の力が抜ける感覚です。触っていて、脚がガクガクするなどの反応があったら、その場所が「Gスポット」です。愛撫方法ですが、指の腹を使って押すのがポイントです。

圧迫したり、小刻みに振るえさせる、円を描くようなマッサージなど、自分が感じる方法をオナニーで試してみてください。

Gスポットをオナニーで開発する

オナニーでGスポットを愛撫し続けると、最初は戸惑いを感じるかもしれません。Gスポットは尿道に近い部分なので、膀胱が刺激を受けて「おしっこしたい…」という感覚になります。Gスポットを指でクイッとするだけで、尿意のような感覚が脳に感じることもあります。そこから、指先の強弱を調節し、感じるように刺激を続けることで、徐々にGスポット開発されていくでしょう。

オナニーでGスポットを開発してすぐにはイケないかもしれませんが、性感帯が開発されていくと、膣全体が感じてきて、そのまま刺激を続けることで最後は1人でも中イキすることができるようになります。身体のチカラが抜けて、全身にじわっと拡がるオーガズムの感覚を感じられます。このGスポットでイク感覚は、焦らずに少しずつ覚えていきましょう。

また、中イキにはGスポットのオーガズムとは違った、ポルチオでのオーガズムもあります。ポルチオでの「中イキ」は、奥イキとも言われ、膣の奥の子宮口のあたりにある性感帯でオーガズムを感じます。ポルチオでの中イキは、快感を感じられる時間が長いことが特徴です。クリトリスでの外イキとも違い、そしてGスポットだけの中イキとも違い、中で連続でイキ続けることができるのが明らかに違います。

ラブグッズでGスポットを開発する

Gスポットを開発できる道具、バイブ「マリンビーンズ」!

指で慣れたら、今度はラブグッズを活用してさらにGスポットを開発してみましょう。Gスポットを刺激するバイブ『スカイワラビー』や、『マリンビーンズ』は、本体部分が細めでするっと入りやすく、先端部分は大きく、Gスポットにもしっかりあたるように角度がついています。クリトリス部分が広いため、Gポットとクリトリスの2つを同時に刺激する、新しいタイプの振動型バイブです。

「マリンビーンズ」は、敏感な部分を挟みこむ幅広のクリバイブと、Gスポットを刺激するとがった形状のヘッド、さらにヘッド部分にまで搭載されたモーターが奥の奥まで振動して、「クリトリス」「Gスポット」「ポルチオ」の3ポイント同時に快感を与えます

Gスポットをラブグッズで見つける方法お悩み解決バナー

「外イキ」だけではなく、Gスポットやポルチオでの「中イキ」までを練習できるバイブです。「マリンビーンズ」で感度を磨きをすると、あらゆる『イキ方』をマスターできるかもしれません。

気持ちいいことに罪悪感をもたいないで、自分で挿入することに惨めさをもたないで、前向きにセックスを楽しむと、いつかきっと「Gスポット」で感じることができるはず!

膣の形や大きさ、Gスポットの位置は、人によって違います。バイブやディルドなどを使って、焦らずじっくり、ココというポイントを探してみましょう。Gスポットでの快感は、ある程度の訓練や練習が必要なので、一度刺激しただけで気持ちよくはなりにくいもの。何度も刺激を試して、中イキに繋がる感覚を掴みましょう。

Gスポットを開発するマリンビーンズ体験談

これがイクってこと!?
ゆーたんさん/26歳

私は彼との付き合いが長いのですが、セックスでイク感覚が掴めず、彼の方がいつも先にイッてしまい、セックスに満足できずにいました。彼ともセックスしてなくて久々だったせいかマリンビーンズの振動が気持ちよくて、スルスル挿入されていき、試す前の大きくて心配だった気持ちがふっとんでしまい…続きを読む

身体がそり返るほど深くイってしまいました
さつきさん/37歳

正直、乗り気ではなかったのですが、届いたマリンビーンズは柔らかくすんなり挿入。バイブだけスイッチを入れると、クリトリス部分にフィット。ものの2分程で、彼とする時の様に身体がそり返るほど深くイってしまい…続きを読む

入れた瞬間からめっちゃ気持ちよくて…
ゆみたんさん/31歳

入れた瞬間からめっちゃ気持ちよくて…押し込むように入れて、クリバイブのスイッチ入れてからイクまで数分でした…。今までラブタイムでイッた事がなく…続きを読む

Gスポット開発のおすすめラブグッズ

LCラブコスメでは初めての方にも安心の『初めてひとりHセット』をご用意しています。先ほど紹介した『スカイワラビー』や『マリンビーンズ』をはじめ、気軽に始められてデザインもキュートなピンクローター、アロエの保湿感が肌に気持ちいいローションや潤いをサポートする感じるラブコスメまで付いています!

セックスのお悩み関連記事

まとめ

Gスポットを自分で開発するには、ラブグッズをおすすめします。一度もラブグッズを使ったことがない方、ひとりエッチで自分磨きをしたいと考えている方、彼とのセックスでより感じる体になりたいと考えている方にも、マリンビーンズなどの初心者バイブはおすすめします。Gスポットを磨くために取り入れれば、彼との仲を深められるかも。

性のキレイを追及する、ひとりエッチの仕方もご紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね。


#8【Gスポットはどこ?】セクシャルヘルスケア講座/LCラブコスメ《佐野あゆみ・中山美里》 Gスポットとは?場所や位置、膣内のどこにあるの?具体的な探し方や見つけ方、そして開発してのイキ方はLCでお勉強しましょう!さらに感じる身体になるGスポットを開発しておけば、潮吹きの可能性も…!?自分のGスポットがわかりにくい女性や、彼女のGスポット位置が見つけられない男性は画像やイラストもあるので、参考にしてください。オナニーやセックスなどでも活躍できる膣開発の知識です。 Gスポットの場所や位置

セックスの疑問に関する記事

ラブグッズ複合LP メルマガ ラブコスメLINE
お悩み解決バナー詳細版

このページを見た人は
こちらの商品も購入しています

トロける!ひとりえっち レッスンキット

●感度磨きとテクニックを身につける『トロける!ひとりえっち レッスンキット』

普段から自分磨きをしているけど、『もっともっとテクニックを身につけて、違う刺激が欲しい』と思っている方へオススメのセット!気軽に使えるローター、トロトロ気持ちの良いローション、先端モーターと挟めるクリバイブでダブルの刺激を感じられるバイブ、観て感じるDVD、感じるラブコスメ、さらにグッズクリーナーも付いているので使用後も清潔に保管することが出来ます。

ピックアップ体験談

トロける!ひとりえっち レッスンキット体験談

●初めて中でいってしまいました!!!(rLilyさん/25歳/会社員)

見た目は結構大きくてビックリ。でもプニプニでそしてパワーはすごい!!最初は中と外、両方やっていました。確かに気持ち良いのですが外の刺激だけで…続きを読む

お悩みにおすすめの商品

オトナの女を磨くならLC「恋愛力アップ特集TOP」




商品・ページを探している方へ

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品



LCラブコスメの安心の梱包

  • LCならではの安心・丁寧な梱包
  • 宅配伝票も分らないように記載
  • 商品名を選ぶことができます
  • 外見は無地のダンボール



エンドインフォ

定番








カレンダー