産後の黒ずみ、ちくびやお腹、おへそなど妊娠中の脇の黒ずみの原因と正しいケア方法

妊娠・出産・産後の悩み

妊娠中・産後の黒ずみ対策
黒くなる原因と正しいケア方法

     

    産後は、黒ずみやすいの?

    産後の黒ずみ、妊娠したら黒くなった!?お悩み解決バナー

    妊娠すると、気持ちにも体にも大きな変化が現れます。とくに急激な体の変化に、びっくりすることも多いのではないでしょうか。

    「出産したら元の体に戻れる」と考えている方もいるかもしれませんが、産後はホルモンバランスの変化によって、妊娠中とはまた違った体の異変が起こります

    たとえばよく聞く「黒ずみ」乳首(バストトップ)や陰部、わきの下などは、とくに強く黒ずみがみられる部分です。そのほかにも、お腹やおしりの黒ずみも産後によく見られる変化として知られています。

    • ワキが黒ずんできて、ただでさえ暑い時期の妊娠中なのにノースリーブが着られない!
    • この乳首(バストトップ)の色に、旦那がショックを受けてしまって…
    • こんなアソコの色は今まで見たことがなくて、正直自分でもどうしたらいいか分からない!
    • 産後、おしりが黒ずんでいて汚い! 恥ずかしくて夫には見せられない
    • お腹の黒ずみ(正中線やへそ回り)は範囲が広いから着替えのたびに気が滅入ってしまう…

    というような声がよく寄せられます。
    ボディだけでなく、顔のそばかすが増えた濃くなったという話もよく聞きます。
    「もともとうっすらあったそばかすが、ぐっと濃くなってしまった」「ほっぺのあたりに薄く、いつの間にかシミになりそうなものが出現した」などです。

    産後の黒ずみはいつ消える?

    産後の黒ずみ、どうしてできるの?

    妊娠中に徐々に濃くなっていく脇や胸の黒ずみ。しかし出産してすぐに、はい元通り!というわけにはいきません。妊娠中に黒ずみが現れるのは「ホルモンバランス」が原因。このホルモンバランスの変化が整えば、産後の黒ずみは消えます。

    しかし女性の体は複雑なので、産後にホルモンバランスが徐々に整うまで早くて半年。多くの人は1年近くかかり、長い人は2年ほどかかるというのです。

    また今目に映っている皮膚は「表皮」。体の内側の基底層から生まれた細胞が新しい細胞に押し上げられる形で一番外側の「表皮」となります。ホルモンバランスが整ったあとに生まれた細胞が表皮となるまでは、黒ずみが薄くなった実感は得にくいのです。

    ターンオーバーの周期は一般的には顔の皮膚で「28日」と言われますが、部位や年齢、体質などによって個人差があります。実際に多くの人が産後に黒ずみが薄くなり始めたと感じるのは、産後半年~1年くらいが多いようです。

    母乳を与えている人などは、乳頭の赤ちゃんの舌の刺激で角質がはがれやすい部位から妊娠前の色に戻っているのに気づき「産後の黒ずみの落ち着き」を感じることもあるようです。

    反対に古い角質がそのままになりやすい部位は、妊娠中の黒ずみが産後も長く残りやすいということもあるようです。そのため、早く産後の黒ずみにさよならしたい人は、ターンオーバーを整えてあげることが大切です。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    おすすめデリケートゾーン石鹸のジャムウ・ハーバルソープを購入する
    臭いの元・黒ずみを泡パックでスッキリ!
    商品を見る
    黒ずみ集中ケアにおすすめのジャムウ・ハードバブルを購入する
    黒ずみの元を集中ケアして綺麗に見せたい!
    商品を見る
    はじめてジャムウシリーズをお使いになる方におすすめジャムウセットを購入する
    黒ずみ・臭いを気にせず、愛し合えるセット
    商品を見る
    黒ずみが特に気になる方におすすめの【SET】ジャムウ・デリケートパック&ジャムウ・ハードバブルを購入する
    見せられるカラダに、彼はさらに…!?
    商品を見る
    おすすめ抱き心地&うるおいのプエラリア・ハーバル・ジェルを購入する
    ぷるぷるジェルで、女性らしい肌質をサポート!
    商品を見る

    意外に知らない産後の黒ずみと体の変化

    「正中線」や「副乳」は少しずつ元にもどっていきます

    先ほど触れたお腹の黒ずみは、「正中線(せいちゅうせん)」と呼ばれるもので、おへそを上下に通る縦線のことを指します。

    正中線は妊娠をきっかけにできたものではなく、男女関係なく生まれながらに持っているもの。妊娠中や産後のホルモンバランスの変化によって、メラニン色素が蓄積されたため正中線が濃く目立つようになったのです。そばかすやシミが増えるのと同じ理由ですね。

    正中線は産後半年~1年かけて徐々に薄くなりますが、年齢や肌のターンオーバーが低下していると産前のようなキレイなおなかに戻らないこともあります。早く黒ずみから解放されたい!という場合はしっかりと古い角質を洗い流してあげることがポイントとなります。

    また、意外と知られていないのが「副乳」の存在です。通常の乳房以外の乳房を「副乳」といいますが、ひとことで副乳といっても乳頭だけのもの、乳輪だけのもの、乳腺組織もあるものなど形態はさまざま。副乳が左右両方にある方もいれば、片側だけにある方もいます。

    今までホクロやイボだと思っていたものが、妊娠や出産を機に色が濃くなったり、大きく膨れたりすることで「副乳」だったとわかるケースが多いですが、乳腺組織がある方ですと産後母乳がでることで気づくこともあります。

    いずれにせよこれは一時的なものです。授乳が終るころには、妊娠前のようなホクロやイボのような見た目に戻ります。

    産後の黒ずみの原因って?

    産後は「濃くならなくてもいいのに…」と思うところまで濃くなってしまうもの…

    産後の黒ずみは、ホルモンの影響のために、メラニン色素が増えることで起こります。このメラニン色素は、日焼けしたときに肌の色を濃くすることで知られています。紫外線は皮膚に悪影響を与えるため、それをブロックするためにメラニン色素が出てくるのです。

    同時にメラニン色素には、肌を強くする、肌を守る働きもあります。日差しをあびたときに紫外線から皮膚を守るのと同じく、妊娠にともなう黒ずみは、体の大切な部分を守ろうとする自然なことだと考えられています。

    でも、「濃くならなくてもいいのに…」と思うところまで濃くなってしまいます。

    たとえば、そばかすケアには、妊娠中はとくに帽子をかぶる日傘やUVケアの強い上着を着るなどして日差しに注意することが大切です。
    それでは、ボディの黒ずみにはどう対処したらいいのでしょうか。

    とくに黒ずみが目立つ乳首は、赤ちゃんが吸いやすいように大きくなり、濃い色になってお母さんを守ろうとします。

    デリケートゾーンも黒っぽくなってくるし、わきの下だけでなく、足のつけ根や膝の裏、耳の後ろのような部分も黒ずんでくる人もいます。授乳が終わったらもとの色にもどるかしら、出産して何ヶ月かたてば薄くなるかしら?という不安は誰にでもあるものですよね。

    産後の黒ずみの正しいケア方法

    産後の黒ずみは優しくケアお悩み解決バナー

    通常、体全体の黒ずみは出産後に少しずつ元の色に戻り、乳首は授乳後には戻るといわれていますが、ターンオーバーが乱れていたり肌が乾燥している状態だと元の状態に戻るのに1年以上かかってしまうことも。

    産後、自分の体と向き合う余裕が出てきたら、わきの下や乳首、陰部などの黒ずみ対策を行いましょう。妊娠中の古い角質をしっかり洗い流していけば、やがて新しい本来の肌が現れます。

    ふんわり泡パックで「きれいなママ」に…!産後の黒ずみケアでオススメなのが『LCジャムウ・ハードバブル』です。

    LCジャムウ・ハードバブルで産後の黒ずみケア

    LCラブコスメで人気のジャムウシリーズの中でも、しっかり、もっちりとした泡が魅力的の自然派石鹸。気になる部分に泡をのせて、しっかりパックして、黒ずみ汚れの元を洗い流しましょう

    パパイアやオリーブ油の成分で洗い上がりはしっとりとして、自分でも触りたくなってしまうほど。続けていくと、しだいに黒ずみ汚れのお悩みを洗い流してくれそうです。

    ターンオーバーを整えるためには、保湿ケアも重要なポイントです。これ以上黒ずみを濃くしないためにも、わきの下やおしり、お腹の乾燥対策を忘れないようにしましょう。

    またお腹のふくらみによってお肌が全体的に荒れてしまったり、妊娠線の部分にかゆみが残っていたり、赤ちゃんを授かったあとの体はデリケート。産後の繊細な肌にも、あかちゃんの肌にも優しい低刺激の保湿クリームを選んでくださいね。

    そのほかにも、乳首や陰部を摩擦から守るためゆったりとした服装を心掛けたり、ターンオーバーを促すよう体を温めることも大切です。ですが、産後は自分のための時間が取れないのも事実。

    できれば授乳が終わったら、すばやく全身ケアをしたいものです。さらに、わずかな時間でも妊娠、出産、授乳を終えた体を休ませながらやさしくケアしたいですよね。

    黒ずみ集中ケアなら、ジャムウ・ハードバブル

    パパイア果実エキスとオリーブオイルのジャムウ・ハードバブル石鹸

    黒ずみ集中ケアバージョンのジャムウ石鹸。
    「パパイア果実エキス」と「オリーブオイル」を加えたことで更にもっちりとした泡が実現し、洗い上がりもしっとりとなります。特に気になる部分には、もっちり濃厚な泡を乗せて3分間パックを。思わず見入ってしまうような透明感を実感してください。

    黒ずみ・臭いの元ケアに、ジャムウ・ハーバルソープ

    パパイア果実エキスとオリーブオイルのジャムウ・ハードバブル石鹸

    泡立てネットなどで立てたふんわり泡を、カラダの気になる部分にのせて、3分間パックするだけ。黒ずみ、ニオイの元を洗い流して素肌をスッキリ爽快ケア。植物由来の成分で作られたハンドメイド石鹸なので、全身にお使い頂ける、優しいボディケア石鹸です。

    産後の黒ずみでお悩みの方の体験談
    体験談イラスト2

    『バストトップが期待通りになってきました!』

    妊娠、授乳を繰り返し、気が付くとバストトップが古い角質によって黒ずんだ印象に。 年齢的にも仕方ないかなと思っていました……続きを読む

    体験談イラスト3

    『身体中たくさんキスしてもらえるように…』

    子供を年子で出産し、2人目が1歳を過ぎ自分に少しゆとりが出てきたので、気になっていた身体の黒ずみをケアしようと…続きを読む

    ジャムウ・ビューティーバブル

    ジャムウ・ビューティーバブル

    たまった角質や素肌の汚れをスッキリ洗って、いつまでもツルツルで透明感のある素肌を目指しませんか?古い角質をすっきり洗う植物由来の素材をギュッと閉じ込めました。使用しているコメ胚芽は保湿ケアにも注目されています。また、パンダナス葉エキス、タマリンドエキスは、いつまでも素肌の印象をサポートします。香りは爽やかな森林のようなカユプテフレーバー。フワフワの泡でマッサージして、顔や体を磨き上げ、すべり落ちるようななめらかな質感を取り入れましょう!

    プエラリア・エクストラ・ハーバルジェル

    プエラリア・エクストラ・ハーバルジェル

    肌にハリを与えるプエラリアミリフィカ根エキスを配合したLCオリジナルのボディジェル『プエラリア・ハーバルジェル』をさらに高配合し、バストマッサージや保湿に実感を得られるように開発したのが『プエラリア・エクストラ・ハーバルジェル』。女性らしいツルツルすべすべのシルクのような肌や、ふっくら質感は男性を魅了します。そんな憧れをこの1個のジェルでサポート!

    本草絵巻 しろつやびじん 薩摩みかん

    本草絵巻 しろつやびじん 薩摩みかん

    濃厚なみかんの香りが魅力の『本草絵巻しろつやびじん 薩摩みかん』です。こだわりの火山灰シラスを使用し、もこもこの泡で全身の汚れをスッキリ洗い上げます。火山灰シラスはバルーン化という、粒子を丸くする加工をすることで肌当たりのなめらかさを表現しました。素肌になじませると気持ち良く、香りも癒しのひとときにぴったりです。透き通るような透明感と毛穴汚れを一度にケアしたい方にオススメです。

       
      


    カテゴリー一覧