女性がセックスで濡れる=感じているではない?!あそこがすぐ濡れるのは生理的な仕組み

いま!LINEでラブコスメと友だちになると、50ポイントプレゼント

≫詳しくはこちら

エッチで濡れるって感じるって事?すぐにあそこが濡れる女性の悩み!キスや乳首で膣が濡れる?

カテゴリー:セックスの悩み

セックスの悩み

濡れる=感じる?でお悩みの方へ

あそこが濡れる仕組みとは?
すぐに濡れるのは、感じているのではない?

あそこがすぐに濡れる…でも感じていない

すぐにあそこが濡れるからって、すぐに欲しい!わけではない。エッチで濡れる仕組みについて

女性が感じているかどうかを見分けるとき、何を目安にしますか? という質問を投げかけたら、「あそこが濡れるかどうか」と答える人も多いのではないでしょうか?

しかし、 女性が濡れている=入れて欲しいではない!のです。そして、濡れているからと言って、必ずしも感じているわけではありません。

実は 女性はレイプされると、愛液が自然と出てきてしまいます。それは体を守るためと言われています。つまり、膣が濡れるのは単なる生理的なシステムなのです。

ですので男性は、本気で嫌がっている女性に「濡れているじゃないか。感じてるんだろ?入れて欲しいんだろ?」と無理強いするのは、ものすごく勘違いしている恥ずかしい行為になってしまうので、ご注意ください。

あそこが濡れる意味や、濡れる仕組みとは?

愛撫などの物理的な性的刺激によって膣は濡れてきます。濡れるのは人によって様々で、キスだけですぐに濡れる女性もいれば、乳首をマッサージされると濡れ始める女性もいます。

フェラでをしているシチュエーションで濡れる女性

また、性的妄想によっても分泌が起こります。フェラをしているというシチュエーションに濡れる場合もあれば、好きな人だと濡れやすいということもあります。

そして、女性が濡れるという意味ですが、ペニスの腟内への挿入をスムーズにし、アルカリ性寄りの精液が子宮に届きやすくする役割があります。さらに、あそこが濡れるのは、妊娠確率を上げるという働きのためです。

興奮していなくても濡れる

ほかにも性的興奮を感じていなくても、物理的な刺激が加わることによって愛液は条件反射的に分泌されます。これは、異物が腟内に挿入されたときの体の防御反応として分泌されているのです。

さらに、全然快感を感じていないときでも、濡れることあります。愛液の量は、ホルモンバランスであったり、その時の体調によっても変わりますが、基本的には、刺激に対して反応するというものになります。

フェラでをしているシチュエーションで濡れる女性

このため、セックスで濡れるという意味は、単純に「濡れている=感じている」「濡れていない=感じていない」というものではありません。

女性自身での「濡れる」の間違い

エッチで濡れることへの勘違い

勘違いといえば、もうひとつあります。女性自信での「濡れる」の勘違いです。 濡れやすいと思っていたり、日常の何でもない時も濡れている…。生理前でもないのに、常に潤っている…そんなことありませんか?

実はカンジダ膣炎や、トリコモナスなどにかかっていると、オリモノの量が増えます。それを「濡れている」と勘違いしている場合もあります。

おりものの色や臭いが変化しますが、結構気づかない人多いようです。違った意味で、「濡れている」ということもあるので注意してください。

好きな人だと、すぐに濡れる?

「好きな男性から愛撫されると、あそこがすぐに濡れる」、これは女性として当然の仕組みです。

愛情を感じている彼氏とのセックスで、より快感を感じることで、愛液はより多く分泌されます。それに対して、嫌な相手とのセックスでは、同様に愛液が分泌されるのですが、これは、体の防御反応として、腟内を傷つけないように分泌されているといわれています。

そして、心から感じていると、愛液が溢れるので、大好きな彼氏とのセックスだとオーガズムも迎えやすいです。

キスだけで濡れる

エッチで濡れることへの勘違い

キスだけで女性が濡れるのは、キスという行為が性的刺激であり、体が反応するからです。キスというシチュエーションだけでも、女性の体は敏感に反応します。キスだけでも濡れることはおかしなことではなく、女性の普通の身体の反応です。

濡れるために必要なこと

キスに濡れる女性

「気持ちいい」のに「濡れない」場合もあります。理由はいくつかあります。

まず、ホルモンの関係です。極度なダイエット、不規則な生活、更年期、ストレス過多、加齢。そんなことが影響してきます。自律神経が乱れていたりホルモンバランスが崩れていたりすると、愛液の分泌量は減少することもあります。ひどい寝不足があったりしても、自律神経が乱れて濡れにくくなります。さらに、体が冷えやすいひとやむくみがいつもある人など、体質的に濡れにくい女性もいます。

男性が勃起しにくくなる仕組みと一緒です。脳とホルモンの密接な関係があります。

濡れるためには水分が必要

それから濡れるためには当たり前ですが、体のなかの水分が必要です。水分が足りなくなると、濡れにくくなります。たとえば、ダイエットしているときは、食事量が減ります。そうなると食べ物に含まれる水分を摂取する量が減ってしまうので、濡れにくくなることがあります。ダイエット中はセックスで濡れるためにも、ミネラルウォーターなどを心掛けてとりましょう。

筋トレやストレッチで濡れる

下半身の筋肉をしっかり動かしてあげることで、血液循環が良くなり、よく濡れるようになるでしょう。軽くウォーキングをしてみたりするのも濡れるために効果的です。

筋トレで濡れる女性

緊張をほぐすと濡れる

緊張しているあまり、血管が収縮して愛液が分泌されにくくなってしまいます。まずはリラックスすることです。ゆっくり前戯に時間をかけたり、アロマなどのリラックスできる香りをかいだり、パートナーとのコミュニケーションを楽しんだりすると濡れるでしょう。

あそこが濡れるけど、途中で乾く理由とは?

濡れるけどすぐに乾いてしまう

濡れないで、ピストン運動を続けると、膣内に傷がつき、そこから炎症を起こすことがあります。十分に濡れていることを確認してから挿入するようにしましょう。

また、ピストン運動を長時間続けますと、濡れていたのに、途中で乾いてくる場合もあります。これは愛液が、興奮時の最初に大量に出され、その後分泌は減ってくることに関係があります。セックス中に大量に汗をかいたりすると体の中の水分が失われて、濡れていたのに、乾いてしまうことも考えられます。

この分泌量は個人差があるので、あまり心配することはなく、もし途中で乾いてきましたら、潤滑ゼリー(ラブスライド)ラブローションなどで補うことをおすすめします。膣内が乾いてからの激しいピストン運動だけは避けてください。

「性欲」「生殖機能」「快楽」は必ずしも結びつかない

濡れるといっても、=性欲とは限らない

ちなみに異常事態、つまり戦争や飢饉などの場合、子孫を残すために生殖機能が高まり、排卵日ではないのに排卵したり、男性も生殖能力が強くなるという説もあります。しかし、濡れるとうのと感じているというのは違うように、「性欲」「生殖機能」「快楽」は必ずしも結びついているわけではないのです。

「濡れる」≠「気持ちいい」の関係も理解できます。セックスとは本当不思議です。

不思議ですが、セックスはやはり「生殖行為」だったんだな!とあらためて気づきますね。

濡れる関連記事

LCハーバルローション

LCハーバルローション
アロエの保湿感&ハチミツで潤いをプラスしたラブコスメオリジナルのローション。マッサージにも潤い不足の潤滑ゼリーとしても、2人で楽しむためにもおすすめの肌にも優しい自然派ラブローション。

ラブスライド

ラブスライド
ラブタイム時、重なり合った際のスムーズな質感をサポートする、モイスチャージェル。ネットリとした透明なジェルがなじみ、スルスルーッとなめらかな感覚に導きます。独特な滑らかな滑りを感じることができるので、ラブタイムが今まで以上に一緒に感じ合える、大切な時間になるかも…!

お悩みにおすすめの商品

オトナの女を磨くならLC「恋愛力アップ特集TOP」

商品・ページを探している方へ

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品



LCラブコスメの安心の梱包

  • LCならではの安心・丁寧な梱包
  • 宅配伝票も分らないように記載
  • 商品名を選ぶことができます
  • 外見は無地のダンボール



エンドインフォ

定番








カレンダー