濡れやすい彼女は、男性に喜ばれる?!すぐ濡れる原因と感じやすいメリット、デメリット

いま!LINEでラブコスメと友だちになると、50ポイントプレゼント

≫詳しくはこちら

濡れやすい彼女とすぐ濡れる原因と感じやすいメリットとデメリット

カテゴリー:セックスの悩み

セックスの悩み

濡れやすいでお悩みの方へ

濡れやすい彼女はどう思われる?
すぐ濡れる原因と男性の本音

濡れやすい悩みは、実は悩みではなかった!

「私…濡れやすい体質だから彼氏に引かれてしまいそう……」「すぐ濡れる彼女って、彼に欲求不満だと思われてしまう?」こんな悩みでエッチに積極的になれずに困っていませんか?

実際にラブコスメが実施したアンケートでは、『あなたは濡れやすいですか?』という質問に対して、82.3%の女性が「かなり濡れやすい」「濡れやすい方だと思う」と回答しました。

「濡れなくて困る」という話はよく聞きますが、逆に「濡れすぎてしまって恥ずかしい」と悩んでいる女性も意外と多いのです。

濡れやすく、すぐ濡れる彼女のイラスト

実は、そんな『濡れやすい悩み・すぐ濡れるという悩み』は、友人にも相談もしにくいもので、実際には男性がどのような印象を持つのか気になります。

でも、まずは安心してください。実は、男性は『濡れやすい彼女』『すぐ濡れる彼女』を好意的に思っています。そしてセックスでは、濡れやすい体質のほうが男性に喜ばれることばかりなのです。

濡れやすい、感じやすい彼女のイラスト

でも、いくら男性に好意的に思われたとしても、濡れやすい体質の女性ならではの悩みはあります。ところが、そのほとんどは日頃のデリケートゾーンのケアで対策できるのです!

濡れやすい体質でお悩みの女性は、ここで紹介することを読めば、自分の体質が本当は素晴らしいものだと気づき、その悩みをケアすることでさらに自信を持ち、もっとセックスすることが楽しくなるはずです。

すぐ濡れる女性は魅力的!

「彼女が濡れれば濡れるほどに嬉しい!」「愛撫ですぐ濡れると、相性の良さを感じる!」というのが男性の本音。彼女がラブタイムでどれだけ濡れているかは、男性にとってとても気になるものなのです。

彼女が感じやすいと男性は嬉しいもの

それは、男性は「濡れ具合=彼女の興奮度=自分が与えた快感の大きさ」だと思っているから。つまり、男性にとってどれだけ濡れているかは、女性がどれだけ感じているかのバロメーターなのです。

むしろ男性は女性を濡らしたいと思うもの。だからすぐ濡れて、濡れやすい体質の女性は男性にとって大歓迎の存在です!彼女が濡れれば濡れるほど、男性は自尊心が満たされ自信が強まり、セックスの満足度までアップしていきます。

濡れやすい人と濡れにくい人の違い

そもそも、どうして濡れやすい体質の女性と、濡れにくい体質の女性がいるのでしょうか。その答えは「愛液にあります。

濡れやすい女性と感じやすい女性の二人イラスト

愛液はその成分からすると膣内の汗のようなもの。体が温まって血行が良くなると汗をかくように、膣壁からも愛液が染み出してきます。つまり、「汗をかきやすい人」と「汗をかきにくい人」がいるのと同じように、「濡れやすい女性」と「濡れにくい女性」がいるのです。

汗と似ていると考えれば、血流が良い女性は濡れやすい傾向があると言えるかもしれません。

そして、体調や年齢によっても濡れる量は変わるので、濡れやすくてもさほど気にすることはありません。なかには、お尻のほうまで愛液が流れてしまうほど、濡れやすい体質の女性もいます。その場合、挿入時にペニスが膣に擦れる感覚が減ってしまうため、男性は快感を得にくいと感じる場合はあります。

なぜ、濡れやすいの?すぐ濡れる原因とは

すぐ濡れる…愛液がすぐ分泌されるきっかけは大きく分けて2つです。

性的興奮や性的刺激によるもの

膣内への挿入に対する防御反応によるもの

性的に興奮して体がセックスに備えるため

エッチな気分になったり、体が快感を感じると膣内が濡れてきます。これは精子を迎え入れて妊娠しやすくなる生理反応。喜びや悲しみで涙が勝手に出てきてしまうのと同じ原理です。

彼女が濡れやすいカップルのイラスト

大好きな彼とのセックスが盛り上がれば、幸福感と性的興奮が結びついて、膣内がさらに愛液で満たされるようになり、男性側もこの変化を感じ取ることができます。

膣内を守るため

膣内への挿入に対する防御反応とは、あまり膣内が濡れていない状態でペニスが挿入されると、摩擦によって膣壁が傷ついてしまうため、体が膣を守るため愛液が分泌されます。目にゴミが入ってしまうと涙が出てきてしまうのと同じ理由です。

乱暴なセックスや気分の乗らない時のセックスでも膣が濡れてしまうことがありますが、これは興奮ではなくて体を守ろうとするために、しかたなく膣が濡れているにすぎません。

すぐ濡れる原因は興奮しているから?

残念なことに、ほとんどの男性は膣が濡れる理由を「興奮しているから」としか認識していません。

気分が乗らない時のセックスでも膣が濡れているからといって、「嫌がっているのに、体は正直だね」なんてセリフが出てきてしまうのは、その男性が体の防御反応によって膣が濡れることを知らないからです。

ところが、濡れやすい体質の女性とのセックスとなると、この男性の勘違いが良い方向に作用します!


濡れやすい体質のメリット

濡れやすい体質は男性にとって嬉しいことばかり。男性にとって濡れやすい体質の彼女とのセックスは満足度が高く、充実のラブタイムが過ごせるようになります。男性の気分が高揚すれば、それはそのまま女性にメリットに。

濡れやすいと相手の自尊心が満たされる

前戯で女性がよく濡れていると、男性は「愛撫やセックスのテクニックで彼女を興奮させた」という達成感を感じます。

男女イラスト

自分には女性を満足させるだけのテクニックと魅力があると思うことで、男性の自尊心が満たされて、セックスに自信が持てるようになります。

この達成感と自信で男性はラブタイムでさらに積極的になり、もっと女性を喜ばせようというモチベーションにつながります。

すぐ濡れると感度もアップ

男性は愛液たっぷりの膣へペニスを挿入すると、とろけるような快感があります。

愛液は天然のローションのようなもの。ペニスの滑りが良くなって、スムーズなピストンができるようになり、挿入感とピストンによる快感が高まります。

彼女がすぐ濡れやすいイラスト

膣の濡れ具合が悪いと挿入に手間取ることがありますが、濡れやすい体質の女性の場合はスムーズに挿入できるので、挿入時にあたふたすることもなくなります。

愛液でペニスが濡れた様子や、結合部に粘性の高い愛液によって糸を引く様子は男性にとってとても官能的に見えるもの。

見た目がエッチに見えるだけではなく、ピストンのたびに水気のある音が鳴り響くことで、耳からも性的興奮を得ることができるようになります。

濡れやすいと妊娠しやすい

普段は酸性の膣内も、愛液でよく濡れるとアルカリ性に変わります。精子は酸性よりもアルカリ性の方が活発になります。

さらに愛液には子宮頸管粘液という粘液が子宮口から分泌され、この粘液が精子を子宮内に迎え入れる役割を果たします。

濡れやすく、感じやすい彼女は妊娠しやすい

濡れやすい女性は、こうした愛液の働きによって妊娠の確率がアップします。それだけに気をつけたいのが避妊。望まない妊娠を防ぐために避妊はしっかりと行いましょう。

膣内環境が正常に保たれやすくなる

愛液の役割はセックスの感度を高めたり、妊娠しやすくするためだけではありません。普段の生活でも愛液は『おりもの』として分泌されますが、これは膣内の環境を保つための生理機能。

濡れやすいと雑菌の繁殖を防ぎ、膣内の善玉菌と悪玉菌のバランスが保たれます。

濡れやすい体質のデメリット

濡れやすい体質には素晴らしいメリットがある反面、デメリットの対策をしないとセックスで彼の気分も覚めてしまう場合もあります。

例えば濡れやすいせいで、こんなことで悩んでいませんか?

ショーツが汚れて不潔に見えてしまう

ベッドシーツや敷布団を汚してしまう

挿入時の快感が鈍る

デリケートゾーンのトラブルの原因になりやすい

濡れやすい体質はあくまで体質。濡れなくするようにする方法は残念ながらありません。

ですが濡れやすい体質のデメリットはちゃんと対策できます。濡れやすい体質のメリットを残して、デメリットをなくすことはできるんです。

濡れやすい場合、デリケートゾーンケアが不可欠!

アンダーヘアのお手入れや、デリケートゾーンの黒ずみ臭いケアは、濡れやすい女性がラブタイムで男性にたっぷり愛してもらうために必要な準備。

濡れやすい体質の女性はデリケートゾーンが蒸れてしまったり、気になる臭いがこもりがち。ショーツやアンダーヘアとの擦れでかぶれや痒みの原因にもなりかねません。

濡れやすい彼女と感じやすい彼女のイラスト

特にデリケートゾーンとアンダーヘアのケアはしっかり行いましょう。

【1】ショーツが汚れて不潔に見えてしまう

ラブタイムで彼がショーツを脱がしてショーツの裏側を見るなり、固まってしまった……愛液で濡れているうちは男性も喜びますが、乾いてガビガビになってしまったショーツは不潔な印象を持たれてしまいます。

男女イラスト

こんなことがないように、彼と会う時にはおりものシートを使ってショーツが汚れないようにしたり、替えの下着を用意しておくと良いでしょう。

ジャムウデリケートパックならおりものの不快感が大幅に少なくなり、サッパリ感と引き締め効果で快適に過ごせます。


【2】ベッドシーツや敷布団を汚してしまう

彼の部屋のベッドでセックスをした後、シーツを汚してしまっていないか気が気ではない女性も多いはず。愛液が乾いてシミになってしまうと彼のテンションも下がってしまうかも。

ラブタイムの前にはタオルやペットシーツを敷いて対策しましょう。ペットシーツは愛液が滴るほどの量でも問題なく、潮吹き体質の女性にもおすすめ。

せっせとベッドメイキングする女性を見て男性が「何してるの?」と聞いてきたら、正直にこう答えましょう。

男女イラスト

「私…濡れやすいから…汚さないようにと思って…」嬉しさと興奮が隠しきれず、男性の顔がほころぶのを見れるはず。

【3】濡れやすいと挿入時の快感が鈍る

濡れた膣内は挿入時の快感がアップしますが、過剰に濡れた膣ではペニスのカリの引っ掛かりによる快感が鈍くなることもあります。

濡れるによって滑りがよくなると、男性から「ゆるい」と思われてしまうこともあるようです。周りの男性にお話を聞いてみたところ、「濡れやすい女性のほうが好き」というコメントが大半でしたが、なかには「濡れすぎると締め付けが足りない」「入れてる感覚がなく、中折れしたことがある」と悩む人もいます。

そんな時は、膣圧を高めれば解決。その方法は2つあります。

1つは膣圧が高まる体位でセックスをしてみましょう。 膣圧が高まる体位なら江戸48手がとても参考になります。

江戸48手は江戸時代より続く、伝統の体位

深山(みやま)

深山(みやま)

正常位からこのスタイルへはスムーズに移行可能。女性の足をV字に開き、高く持ち上げたまま、男性は奥深くまでインサート。

女性からは見にくいけれど、男性からは繋がっている部分が丸見えです。

しがらみ

しがらみ

正常位の一種です。男性が挿入した後、女性はM字に股を開かず、脚を閉じてまっすぐ伸ばした体位です。

足先をからませれば中がキュッとしまって、男性には堪え難い快楽が。

締め小股(しめこまた)

締め小股(しめこまた)

伸長位の一つ。正常位の形で女性が太腿と太腿をギュッとくっつけるように足をからませます。

男性をギュッと締めるのと同時に、女性のクリトリスにも刺激が伝わります。

茶臼のばし(ちゃうすのばし)

茶臼のばし(ちゃうすのばし)

騎乗位のバリエーションの一つ。騎乗位の中でもっとも強い膣の締まりを感じることのできる体位です。

茶臼のばしの姿勢に移行するのは難しくありませんが、ピストンに難あり。

千鳥(ちどり)

千鳥(ちどり)

正常位の一つ。膝を折って仰向けになった女性に、正常位の形で男性が挿入します。かなりの女性の柔軟性を必要とするスタイルなので、無理をせぬようご注意を。女性はクリトリスがこすれる快感、男性はギュッとしまった感覚を味わえます。

48手

これらの体位は女性が足を閉じて行うので、膣圧が高まり強い快感が得られます。

もう1つは膣圧を高める膣のトレーニング(膣トレ)をしましょう。

日頃からの膣トレで膣圧を高めれば完全無欠の名器になることも!?膣圧が高くて締まりが良いのに、すぐ濡れて挿入しやすくてペニスの滑りも良いとなると、男性の満足度は非常に高くなります。「こんな女性は初めて!」と彼に思ってもらえるかもしれません。


【4】デリケートゾーンのトラブルの原因になりやすい

濡れやすい体質だとデリケートゾーンが蒸れてしまい、におい、かぶれ、かゆみなどのトラブルが起こりやすくなりがち。

そんなデリケートゾーンのさまざまな問題を一気に解決できちゃうおすすめアイテムがジャムウ・デリケートパック。ジャムウ・デリケートパックはデリケートゾーンのにおいケア、黒ずみケア、引き締めが一度にできて日頃のケアがこれ1つでできます!

LCジャムウ・デリケートパック

ジャムウ・デリケートパック
おりもの、臭いの元をキレイに洗い流してサッパリ!気になっていた下着の汚れをケアして、ラブタイムのとき、キュッと引き締まったスッキリ感を手に入れましょう。また、美容成分としても注目のツボクサエキスや、レモングラスエキス、ラベンダー花エキスなど、素肌を優しくケアしてくれるハーブを詰め込みました。

急な展開でラブタイムが始まってしまう時に備えて、デリケートゾーンに特化したウェットシート「ジャムウ・デリケートウェット」があると便利。彼とのデートの時にバッグに忍ばせておけば、いざという時に安心です。

デリケートウェット【NEW】5個セット

ジャムウ・デリケートウェット
不安、おりもの、臭いの元が気になった瞬間、トイレでサッと手軽にサッパリ!友人の家、彼氏の家、会社や旅先でも大活躍。見た目も清潔感あふれるコスメのような印象なので、手に持っても違和感がありません。ちょっとしたときのエチケットとして…いざという時に備えておけます。

デリケートゾーンのトラブルはアンダーヘアのお手入れ不足も原因の一つ。整ったアンダーヘアは見た目の清潔感だけではなく、においがこもりにくくなり、肌のかぶれやかゆみも予防します。

体のムダ毛処理とは違って、アンダーヘアは太くて硬いからそのまま剃ってしまうとデリケートゾーンに負担がかかってしまいます。

アンダーヘアイラスト

まずシナヤカウォッシュでアンダーヘアをふわふわに柔らかくしてから、VライントリマーIラインシェーバーで処理すれば手入れもしやすくなるし、デリケートゾーンに負担をかけることなくケアできておすすめです。

アンダーヘアトリートメント 『シナヤカウォッシュ』

シナヤカウォッシュ
男女ともに気になっている『質感』にこだわり、ふわふわでしなやかな女性らしい質感を演出します。
ポイントは全体的になじませて3分間じっくりとパックすること。毎日のお風呂タイムで続けて使うことで、しっとりフワフワのアンダーヘアへ導きます♪

すぐ濡れる体質のメリットを活かそう!

濡れやすい体質はラブタイムで強みになります!膣がすぐ濡れることで、ラブタイムでは男性の興奮を刺激するたくさんのメリットがあります。

濡れすぎて感度が鈍ることが心配になるかもしれませんが、膣トレで締まりの良い膣になれば解決するどころか、男性を虜にする愛されボディになれます。

よく濡れるのに締まりの良い膣になれば、もはや男性にとってそれは「名器」と呼べるものに。

男女イラスト

濡れやすいからこそ起こるトラブルもありますが、そのほとんどはデリケートゾーンケアでしっかり対策できるものばかりです。

まずアンダーヘアのお手入れから始めて、においがこもらないようにしつつ、蒸れやすいデリケートゾーンの風通しを良くしましょう。そしてジャムウ・デリケートパックでデリケートゾーンの引き締め、においケア、黒ずみケアでデリケートゾーンのトラブルを一度に解決。

彼女が濡れやすい男性のイラスト

ベッドではペットシーツやタオルを敷けば解決。そもそもラブタイムで濡れることは自然なこと。男性も女性が濡れれば濡れるほど満足感が高まり、より一層ラブタイムが盛り上がることは間違いありません。

LCローション防水シーツ

LCローション防水シーツ
シンプルで使いやすい『LCローション防水シーツ』が登場しました。今まで「ローション遊びは好きだけど自宅のベッドだと汚れが心配…」「後片付けが面倒」など、ラブローションで思いっきり遊ぶことが心配だった方にもオススメ!このシーツは、とても薄くて軽いのに、しっかり防水します。

「濡れやすい」は男性にとって正義。女性にとっては強力な武器に。デリケートゾーンのケアをしっかり行って濡れやすい体質を強みと自信に変えていきましょう。

一緒に読みたい!関連記事

お悩みにおすすめの商品

オトナの女を磨くならLC「恋愛力アップ特集TOP」

商品・ページを探している方へ

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品



LCラブコスメの安心の梱包

  • LCならではの安心・丁寧な梱包
  • 宅配伝票も分らないように記載
  • 商品名を選ぶことができます
  • 外見は無地のダンボール



エンドインフォ

定番








カレンダー