ロールスロイスの体位のやり方とコツ! 気持ちいい変形バックのセックスを楽しむ方法

いま!LINEでラブコスメと友だちになると、50ポイントプレゼント

≫詳しくはこちら

ロールスロイスの体位のやり方とコツ!AV男優のしみけんが発案した体位(たいい)!

カテゴリー:セックスの悩み

セックスの悩み

ロールスロイス体位でお悩みの方へ

ロールスロイス体位のやり方!
セックス体位のバックの種類のひとつ

ロールスロイス体位とは?

ロールスロイス体位とは?お悩み解決バナー

ロールスロイスという体位とは、人気AV男優のしみけんさんが考案して開発した体位です。高級車である「ロールスロイス」のエンブレムに、形が似ていることから名づけられました。

イメージとしては、後背位(バック)と背面座位の変形バージョンに近いものです。バックの体勢で挿入しながら、そのまま座位の形にすることでロールスロイスのエンブレムのような形に完成する体位です。

このしみけんさんが考案した注目のロールスロイスと呼ばれる体位は、本当に男性も女性も気持ち良くなれるセックス体位なのでしょうか。

ロールスロイスと呼ばれれる体位の基本的なやり方と手順、そして気持ち良くなれるポイントについて詳しく見ていきましょう。

ロールスロイスの体位の手順

AV業界ではもはやスタンダードな体位とも言われているしみけんさんが考案したロールスロイスという体位ですが、なじみがないカップルも多いかもしれません。ロールスロイスという体位になるまでの基本的な手順についてお伝えしていきます。

バックの体勢になる

バックの体勢になる

ロールスロイスという体位は、いわゆる後背位(バック)の変形です。まず、女性のほうがバックの体勢になりますが、普通のバックよりも少し女性がお尻を突き出すのがポイントです。

そのうえで、突き出されたお尻に男性がゆっくりとペニスを挿入します。ここまでは通常のバックとほぼ同じですね。

挿入後は座位の体勢になる

挿入後は座位の体勢になる

通常のバックでは、後ろからペニスを挿入された女性はそのまま四つん這いで体重を支えるか、上半身を突っ伏すようにして男性のピストンを受けとめます。

ロールスロイスという体位は最終的に背面座位のようになるため、ペニスがしっかりと挿入されたら女性のほうが座位を取り、上半身をぐっと起こします。男性のほうも完全に座るか膝立ちのような体勢になり、ピストン運動によってペニスをさらに奥へと挿入します。

その際注意すべきなのは、女性のほうが急激に動かないことです。基本的にペニスが挿入された後でバックから座位の体勢になりますので、急激に体を起こすとペニスが不自然な方向に曲がってしまい、痛みを感じてしまいます。

ペニスが奥まで入っていることを確認したうえで慎重にペニスの位置を確認しつつ、男性が痛みを感じないように配慮しましょう。

両膝を締める

両膝を締める

背面座位のような格好になったら、次は男性のほうが自分の両膝で女性の両脚をはさむようにがっしりと固定します。

正常位や騎乗位、背面座位などオーソドックスな体位では基本的に女性のほうに脚を開かせることで挿入をより深くしますが、ロールスロイスという体位ではむしろ「両膝を閉じさせる」ことが重要なポイントとなります。

体を起こす

体を起こす お悩み解決バナー

男性が女性の両脚をがっしりとホールドしたら、女性のほうが上体を起こし、膝立ちのようにして体重を支えることになります。

女性としては必然的に前のめりの体勢になり、どうしてもバランスを崩しやすくなっていますので、男性のほうが女性の両腕を後ろから支え、女性が前に倒れないようにします

この体勢になると自然と女性の両肩が開き、乳房の形がはっきりと見えるようになります。特に、巨乳の女性では男性のピストンのたびに乳房が大きく揺れますので、男性にとっては視覚的にも楽しめる体位と言えます。

このページを見た人は、こんな商品を購入しています

ロールスロイスの体位がおすすめな理由

しみけんさんが考案したロールスロイス、なぜセックスにおいて刺激的でより気持ち良くなれる体位と言われているのでしょうか。ロールスロイスをおすすめしたい理由を具体的にお伝えしていきます。

支配されているような気分になれる

ロールスロイスの体位では、女性のほうが後ろから男性に両腕と両脚をがっしりとホールドされる形になり、簡単には身動きが取れません。

もともとマゾ的な傾向のある女性の場合、男性から拘束されることそのものに快感と安心感を抱きやすく、オーガズムにより達しやすくなります。

また、男性のほうも、女性を後ろからホールドすることによって本能的な支配欲が刺激されますので、ピストン運動にもより身が入るようです。

支配されているような気分になれる

男女ともに感じやすい

女性のほうが両膝をぐっと締めるロールスロイスは、他の体位以上に女性の膣内が締めつけられやすいという特徴があります。

膣内の圧力が高まれば当然、ペニスに伝わる刺激も強まりますし、女性のほうもペニスの感触をよりダイレクトに感じられるため、挿入による快感を強く感じやすくなる、というメリットがあります。

小さめの男性器でも行いやすい

女性にとってはわかりにくいかもしれませんが、ペニスのサイズは男性によって個人差が激しいものです。

ペニスがあまり大きくないとどうしても挿入の深さが期待できなくなってしまい、体位もかぎられてしまいます。

ロールスロイスならば適度な角度がついているため、女性のほうがしっかりと上体を起こせば、ペニスがさほど大きくない男性でも膣内の奥深くまできっちり挿入でき、繋がったまま中イキしやすくなり、お互いに満足感を得やすいというメリットがあります。

小さめの男性器でも行いやすい

ボルチオに当たりやすい

女性の性感帯は複雑で、クリトリスだけを集中的に刺激していればいい、というわけではありません。

クリトリス以上の性感帯とも言われているのがボルチオです。ボルチオ子宮口の付近に位置する性感帯とされており、指はもちろん、通常の体位ではなかなか刺激できないほど奥深くにあると言われています。

ペニスがしっかりと膣内の奥深くまで挿入できるロールスロイスであれば角度によってはボルチオをピンポイントで刺激でき、うまくフィットすれば女性が連続でオーガズムに達することも充分にあり得ます。

ただ、やみくもに奥までピストンさせればボルチオに到達するというわけではありませんので、そのあたりは女性の反応を見ながら少しずつ調整していくと良いでしょう。

ロールスロイスでより快感を得るやり方のコツ

普通の方法でもペニスをしっかりと奥まで挿入できるロールスロイスの体位ですが、ちょっとしたコツをおさえることでお互いの快感をより高めることができます。

ロールスロイスでより快感を得るやり方のコツ

刺激する場所を増やす

ロールスロイスの体位では男性のほうが片手を自由にできますので、ピストン運動と並行して女性の敏感な部分をいろいろと刺激することができます。

女性の性感帯というと男性としては膣内かクリトリスだけ、という風に単純化して考えがちですが、女性の体はそれほど単純ではありません。

乳房をゆっくりと撫でられることで気持ち良くなる女性もいれば、乳首をピンポイントで刺激されるだけで反応してしまう女性もいます。あるいは、首筋を舐められるのが好きな女性もいるでしょうし、わきの下や内股を撫でられることに喜びを感じる、という女性もいるでしょう。

男性のほうもよけいな先入観を捨て去り、彼女が本当に望んでいることを正面から受け止めるゆとりをもちましょう。

ゆっくりと刺激する

セックスというと、男性がとにかく激しいピストン運動を繰り返して女性を刺激する、というイメージが強いかもしれません。

ただ、ロールスロイスの場合はそのままの位置でも、ペニスがしっかりと膣内の奥深くでホールドされるため、強い刺激をくわえなくてもゆっくりとしたピストン運動だけで女性は充分に感じるものですので、男性のほうも丁寧に刺激することを心がけましょう。

ロールスロイス体位の注意ポイント

男性も女性もしっかり感じられるロールスロイスですが、基本的な注意点をふまえなければ予期せぬ疲労やケガにつながるリスクがあります。

ロールスロイス体位の注意ポイント

女性はしっかり股を閉じる

ロールスロイスは上体をしっかり起こしたら、女性は股を閉じるように心がけましょう。セックスでは基本的に女性のほうが両脚を大きく開いてペニスを受け入れるのが普通ですが、ロールスロイスの体位では両脚から股をきっちり閉じることで膣も引き締まり、快感が強まります。

中途半端に脚を開くと膣の締まりが悪くなりますし、女性のほうが疲れやすくなってしまいますので注意しましょう。

男性は女性をしっかり支える

ロールスロイスの体位では女性のほうが不安定な体勢になりますので、男性が後ろからしっかりと両腕を支え、女性が前に倒れないようにする必要があります。

後ろから女性の両腕を支えて肩を開かせることで乳房の揺れがよりあらわになり、男性のほうの興奮度もより高まります。

痛い場合は無理に行わない

ロールスロイスでは女性のほうが上体を反らすようなかたちになるため、どうしても女性の体に負担が大きくなってしまいます。

特に、もともと腰痛のある女性が無理をすると痛みが強くなってしまう可能性がありますので、男性も女性も、少しでも痛みを感じたら無理のない体位に切り替えるようにしましょう。

体位を変えたセックスで二人の愛を深めよう

AVでもおなじみのしみけんさんが考えたロールスロイス体位はペニスが膣内の奥深くまでしっかりと挿入しやすい体位のため、男女ともに盛り上がりやすい体位でもあります。

ただ、お互いに多少無理のかかる体勢のため、お互いに少しでも痛みを感じる場合には他の体位に切り替えることも必要です。

体位を変えたセックスで二人の愛を深めようお悩み解決バナー

この記事のポイント

  • しみけんが考案したロールスロイス体位は、バックの体勢から変形させる
  • 女性が上体を起こし、男性が後ろから支える
  • ロールスロイスはペニスを奥深くまで挿入できる
  • 痛みを感じる場合には無理をしない

潤いケアして上級テクにも挑戦!?

ラブコスメ リュイール ホット
『思ったほど感じられない』『濡れにくい、痛みを感じる』という時、この『ラブコスメ リュイール』は、愛情溢れる潤いをケアサポートします。 「塗ったところがじんわり暖かくなって、なんだか感じてくる…」お互い気持ちよく感じられるラブコスメ。体位によっては、クリトリスを刺激することで、さらに感じやすくなります

LCラブサプリ ムクナスイッチ

LCラブサプリ ムクナスイッチ
彼女から彼へ健康と愛情をサポートする「LCラブサプリ ムクナスイッチ」。LCで人気のラブサプリ『ムクナゼット マックス』がリニューアル。今回は、持ち歩きたくなるおしゃれなデザインに改良。携帯に便利なパウチ仕様で、中身はこれまで同様、ビタミンやミネラル豊富なムクナ、マカ、亜鉛などが配合された飲みやすいサプリメントです。

ウルトラエレクションズ

ウルトラエレクションズ
元気をサポートするラブサプリ『ウルトラエレクションズ』。男性の「燃えるような心」に火をつけるL-シトルリンと、カンカニクジュヨウエキス(カンカ)を使用しました。L-シトルリンは、アミノ酸の一種で、ヨーロッパやアメリカのスポーツ界で長年、注目され続けてきました。男性がより魅力を発揮できる、そんなラブサプリです!

お悩みにおすすめの商品

オトナの女を磨くならLC「恋愛力アップ特集TOP」




商品・ページを探している方へ

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品



LCラブコスメの安心の梱包

  • LCならではの安心・丁寧な梱包
  • 宅配伝票も分らないように記載
  • 商品名を選ぶことができます
  • 外見は無地のダンボール



エンドインフォ

定番








カレンダー