生理中に貧血が起きるのはなぜ?過多月経などの貧血になりやすい原因と予防方法、妊娠への影響や注意点

いま!LINEでラブコスメと友だちになると、50ポイントプレゼント

≫詳しくはこちら

生理中の貧血。過多月経などの貧血になりやすい原因と予防方法、妊娠への影響や注意点

カテゴリー:生理の悩み

生理の悩み

生理中の貧血でお悩みの方へ

生理中になぜ貧血に?
過多月経など原因や予防方法

生理中に貧血になりやすいのはなぜ?

生理が始まると、だるい、つらい、朝起きられない…そんな症状が出る人もいるでしょう。もしかすると、それらの症状は貧血によるものかもしれません。

生理中ってなんでだるいの?

貧血とは、血液中の赤血球(ヘモグロビン)の量が、正常値よりも少ない状態のことをいいます。赤血球にはヘモグロビンというタンパク質が含まれていて、血液を通じて体内に酸素を運ぶ役割を果たしています。その赤血球や、赤血球中のヘモグロビンの量が少なくなると、酸素が十分に供給されなくなり、めまいやだるさ、頭痛などの症状となって現れてきます。

女性の方が貧血になりやすい

貧血というと、男性よりも女性のほうがなりやすいという印象がありますが、それは女性が毎月の生理に伴い、出血することによるかもしれません。

生理による出血の量は20ml~140ml、平均で40ml前後といわれています。毎月の出血量はわずかでも、疲れやストレスが溜まっていたり、忙しくて十分な食事がとれなかったりすると、失われた分の血液を体が作ることができず、その結果、貧血が起こることがあります。

なぜ貧血が起こる?

過多月経は貧血にも注意

子宮筋腫の影響などで生理中の出血量が140mlを超えるほど量が多い過多月経(かたげっけい)の人は、特に貧血を起こしやすい傾向にあります。子宮筋腫を経過観察にするか、治療するかを判断する際も、貧血があるかどうかをポイントにしていることが多いです。

突然倒れてしまう貧血とは異なり、めまい、だるさ、頭痛などの不快な症状があらわれた場合、女性特有の生理に関わる貧血の可能性があります。

生理中に貧血にならないための予防

貧血をふせぐには?

生理中、めまいにおそわれることがあったり、だるさや頭痛、動悸、息切れがしたりなど、貧血と思われる症状がある人は、まず病院(婦人科)を受診して鉄剤を処方してもらうか、市販の鉄剤を購入して服用し、症状を改善することをおすすめします。

摂取する栄養の調整

鉄剤を飲むことで、血中のヘモグロビンの量が少しずつ多くなり、症状が改善していくはずです。そうして不調を改善した後、鉄剤をサプリメントに変えたり、鉄分の多い食材(レバー、赤身の肉、あさり、ひじき、厚揚げや豆腐などの大豆製品)を積極的に摂取したりして、食生活を整えていくとよいでしょう。

生活習慣の見直し

生活習慣としては、とにかくバランスの良い食事をして、よく眠り、体を休めて健康に過ごすことが大切です。生理中の貧血症状は、日々の生活のちょっとした無理が積み重なった結果、現れることが多く、何か一つのことをすれば改善されるというものではありません。貧血の症状が出ないようにするためには、毎日できるだけ体をいたわることが重要といえます。

貧血は妊娠に影響する

貧血は妊娠に影響する?

女性の場合、貧血を放っておくと、妊娠したときに困ることになります。妊娠をすると、女性の体はさらに貧血になりやすい状態になるのです。妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を送るため、血流量が増えるのですが、増えるのはおもに水分。つまり、血が薄まって血液が増えたように見えているだけの状態です。

血液中の酸素の量は当然少なくなるので、貧血が起きやすくなります。重症化すると赤ちゃんの発育が悪くなったり、出産時の出血が命に関わったりすることがあるので、いざというときに備えて、貧血を改善しておいたほうがよいでしょう。

このページを見た人は、こんな商品を購入しています

生理中の貧血に注意すべきシーン

採血

採血は避けた方が良い

生理中の貧血において、特に避けたほうがよいのは採血です。たとえば健康診断が生理にぶつかってしまったという場合は、できるだけ別の日にずらしましょう。

健康診断の直前に生理が始まってしまうなど、もうどうしようもないといった場合は事情を話して、横になった状態でゆっくりと採血してもらうのがよいでしょう。ただでさえ生理により失血するわけですから、それ以上のことはなるべく避けることをおすすめします。

まとめ

しっかり休むことが大切

生理中に限らず、貧血と見られる症状が出た場合、もしも可能であれば、横になって体をしっかりと休めるのがよいでしょう。朝起きられないという場合は無理して学校や仕事にいかず、その日はお休みをとることをおすすめします。ふらつきがある場合、無理に動くと転んでケガをするおそれもあるため、くれぐれも無理は禁物です。

貧血は「なんだ、貧血か」「貧血って誰にでも起こることでしょ?」などと軽く見られる傾向がありますが、決して軽視してよいものではありません。貧血がある=血液に異常が起こっているということです。体に異常があるのですから、無理をせず、治しておくことをおすすめします。

ジャムウ・ハーバルソープ

ジャムウ・ハーバルソープ
デリケートゾーンを優しく洗い上げる専用石鹸。泡たてネットなどで立てたふんわり泡を、デリケートゾーンにのせて、3分間パックするだけ。生理中、前後の気になるニオイの元や、黒ずみを洗い流して素肌をスッキリ爽快にケアしてくれます。植物由来の成分で作られた優しい石鹸なので、毎日全身にお使い頂けます。

Vライントリマー

Vライントリマー
アンダーヘア専用のヒートカッター。生理のにおいを発生させやすくするアンダーヘアの下着からのはみ出しやボサボサをしっかり整えて、先端を焼き切って丸くすることで、収まりの良さ、見た目も女性らしいアンダーヘアをサポートします。スイッチが入っているときだけ通電する安心設計。サイズもコンパクトですので携帯にも便利です。

フルムーンガール レギュラーサイズ&ムーンクリーンカップ

フルムーンガール レギュラーサイズ&ムーンクリーンカップ
デリケートゾーンの蒸れやニオイが気になりやすい生理用ナプキンに比べ、このサニタリーカップ(月経カップ)は膣内に挿入し、経血をカップにため込むものですので、蒸れやニオイの心配が軽減されやすいのも人気のひとつです。柔らかいシリコーンでできていて膣内で経血をしっかり集めます。挿入後の違和感も少ないのも嬉しいポイントです。

お悩みにおすすめの商品

オトナの女を磨くならLC「恋愛力アップ特集TOP」

商品・ページを探している方へ

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品



LCラブコスメの安心の梱包

  • LCならではの安心・丁寧な梱包
  • 宅配伝票も分らないように記載
  • 商品名を選ぶことができます
  • 外見は無地のダンボール



エンドインフォ

定番








カレンダー