Vラインの脱毛、形やデザインは?どこまでやるの?Vライン脱毛を徹底解説

いま!LINEでラブコスメと友だちになると、50ポイントプレゼント

≫詳しくはこちら

Vライン脱毛はどんな形?長さやデザイン、おすすめのお手入れのやり方

カテゴリー:アンダーヘアの悩み

アンダーヘアの悩み

Vライン脱毛でお悩みの方へ

Vラインのデザインや長さは多種多彩!
脱毛することで得られるメリット

ちょっとセルフのお手入れをサボると、下着や水着からはみ出してしまいがちのアンダーヘア。面倒なお手入れから解放されたくて『Vライン脱毛』を考えている方も多いのではないでしょうか。

他の人がどんな脱毛をしているのかを聞きたくても気軽に聞ける問題でもないですし、脱毛するとしても「Vライン脱毛ってどこまで?」「自然に見える形や長さはどれくらい?」「いっそツルツルにした方が楽?」などいろいろと悩んでしまいますよね。

ここでは、そもそもVラインとはどこからどこまでをいうのか、Vライン脱毛のメリットやおすすめのお手入れ方法などについて解説しますので参考にしてくださいね。

Vラインってどこからどこまで?

vラインってどこのこと?

まずはアンダーヘアの呼び方を確認しておきましょう。アンダーヘアの領域はVライン・Iライン・Oラインの3つに分かれます。

Vラインは前から見た時に見えるアンダーヘアです。デリケートゾーンの両サイドで、足の付け根のあたりを指します。ビキニラインと呼ばれることもあり、下着や水着などを着ると毛がはみ出しやすい部分です。Iラインは陰部の両側を、Oラインはお尻の穴周辺を指します。

Vラインは、OラインIラインと比べると自分で見やすく自己処理がしやすい部分ではありますが、肌がデリケートな場所なのに毛が太いのできれいに脱毛するのは大変です。早く脱毛したいからといって正しいお手入れをしないと、肌荒れや黒ずみなどのトラブルを起こしてしまうので注意が必要です。

このページを見た人は、こんな商品を購入しています

Vライン脱毛はデリケートゾーンを衛生的に保てる

VIOラインの毛が多いと、排泄物やおりもの、生理時の経血が毛に付着しやすくなってしまいます。このような毛は下着の中でムレやすくなり、不快感や肌荒れ、ニオイなどの原因にもなってしまうことも。

VIOラインの毛に色々なものが付くのを防ぐには、やっぱりお手入れが大切。カットしたり脱毛したりとお手入れをすれば見た目もすっきりしますし、デリケートゾーンを衛生的に保てるというメリットもあります。

Vライン脱毛する時のデザイン・長さ

vラインはどんなデザインがいいの?

Vライン脱毛をしようと考え、実際に脱毛するぞと思っても、デザインや長さに悩みがちです。他の人がどんな風に脱毛しているのかを参考に聞きたくても聞きづらいもの。そして直接見せてもらうわけにもいきません。

ここではVライン脱毛の人気のデザイン長さについてご紹介しましょう。

Vライン脱毛のデザイン(剃り方)

Vライン脱毛やVラインを剃るときに、どのような形にすればいいのかを迷うかもしれません。アンダーヘアには、人気の形(剃り方)がいくつかあります。その中でもよく選ばれている「ナチュラル」「トライアングル」「オーバル」「ハイジニーナ」の4つのデザインをご紹介します。

ナチュラルは、もともとのVラインの形をあまり変えずに毛の量を調節して自然な形に整えます。Vライン脱毛の中で男女ともに人気の高いデザインです。きっちりとした角を作らないように処理するのがポイント。いかにも「Vライン処理をしています」という風に見えないのが特徴です。

トライアングルは幅が広めの逆三角形の形のデザイン。ナチュラルに近く、VIO脱毛の初心者の方におすすめです。下着や水着からはみ出さないようにVラインの生え際を少し整えるだけでも、ごく一般的な下着や水着ならこれで十分かもしれません。トライアングルの大きさを調節できるので、毛の量が多い人や範囲が広い人にも向いています。

オーバルは卵を縦に立てたような小さめの楕円形に整えます。丸くカーブしたラインが可愛く見えてこちらも人気の高いデザイン。サイドの毛も処理するので下着や水着からもはみ出しません。毛の長さは短めがすっきりしておすすめです。

ハイジニーナは「清潔な」という意味の言葉で、その名の通り全ての毛を処理してツルツルの状態にします。どんな形の下着や水着でもすっきり着こなすことができるので、思い切ってこのスタイルにする方も。セルフ処理できれいなハイジーナにするのは難しいので、脱毛サロンなどで処理するのがおすすめです。

他にも海外ではアンダーヘアのデザインのバリエーションが多く、「ハート型」や縦長の細い長方形の「ストラップ」といった個性的な形もあります。

理想的なVラインの長さ

Vラインのデザインをご紹介しましたが、毛の長さはどれくらいがベストなのでしょうか?

Vラインの毛で人気の長さは2~3cmです。ムレなどが防げて衛生的に良い長さですし、隠したい部分を隠せてちょうどいい長さなのです。2~3cmなら下着や水着からはみ出すこともそれほどないでしょう。

レーザー脱毛で毛の長さは短くなる?

レーザー脱毛といえば「毛を生えなくすること」が目的です。このレーザー脱毛を受けると、毛の長さにも効果があるのでしょうか?

レーザー脱毛は毛根にダメージを与えます。その毛はいったん抜け落ちますし、また生えてきたとしても今までのような太さや長さまで成長しないことが多いようです。SNSなどの口コミでは「毛が細くなり短くなった」といった声も見られました。

しかし、毛が薄くなったり範囲は狭まったものの、思ったほど短くならずに長さはまだ長くてはみ出してしまうという方もいるようです。

もしも脱毛後にまだ「長さが気になる」という場合は、Vライントリマーなどで長さを調節するといいでしょう。

照射式脱毛以外のVライン脱毛方法

他の脱毛方法は?

Vライン脱毛というと、真っ先にクリニックの『レーザー脱毛』エステの『光脱毛』などの、照射式脱毛を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。そして、Vラインをケアするのには高額な費用が必要なのだと、Vラインのケアをあきらめている方もいるかもしれません。しかし照射式以外にもVライン脱毛の方法はありますし、『可愛い下着や水着を着こなす』ことが目的であれば、脱毛以外の方法でVラインのケアをすることも可能です。

照射式の他にどのようなVライン脱毛があるのか、脱毛以外のケアはどうなのか、特徴や価格などを含めてご紹介します。

ブラジリアンワックス(サロン、自宅)

近年ポピュラーになってきたVライン脱毛の方法一つが『ブラジリアンワックス』です。

脱毛したい箇所にワックスを塗って、ワックスをはがすときにVラインの毛を毛根から抜く方法です。シートを張ってはがしていくストリップ(ソフト)ワックスと、シートは使わず固まったワックスごとはがしていくハードワックスの二種類があります。

自宅でブラジリアンワックスキットを使ってセルフ脱毛する方法と、ブラジリアンワックスサロンでやってもらう2種類の方法があります。ブラジリアンワックスは、ワックスの温度を調整し、しっかり毛が抜ける丁度いい粘度にするのが難しく、サロンでやってもらう人も多いようです。

また市販のブラジリアンワックスは使用部位が分かれていることもあり、「腕足用」のブラジリアンワックスではVラインの頑丈な毛は抜けないことがあるので、購入前によく確認しましょう。

ニードル脱毛(電気脱毛)

ニードル脱毛は、毛を抜いた後に電気の通った針を毛穴に差し込み、永久的に毛が生えないようにする脱毛法です。電気脱毛、針脱毛とも呼ばれ、正式名称は「美容電気脱毛」といいます。日本では医療レーザー脱毛などがポピュラーであまりなじみはありませんが、米国食品医薬品局(FDA)では唯一永久脱毛と認められているなど、海外では比較的浸透している脱毛法です。

ニードル脱毛の中でも、直流電流を使用する「電気分解法」、高周波電流を使用する「フラッシュ法(高周波法)」、両者を使用する「ブレンド法」の3種類の方法があります。レーザーや光脱毛では対応できない目の周りや乳輪などの施術でよく使われますが、もちろんVラインへの施術も可能です。施術時は毛を抜く痛みはありますが、その瞬間だけで後に残る痛みではありません。

1本1本抜いた毛穴に針を差し込むので、毛の本数の分だけ時間がかかります。反対に、減らしたい面積が少ない場合は、ニードル脱毛はおすすめです。

脱毛以外のVラインケアが向いていることも

Vラインをケアしたい場合、どうせならば脱毛してしまおうと考える人も多いかもしれません。しかし、人によっては「脱毛」ではなく「セルフケア」の方が向いている場合があります。

例えばこの夏、可愛い水着を着こなしたい!と考えた時や、新しくできた彼氏へのエチケットとして、アンダーヘアを整えたいという場合、脱毛はすぐに整えられる方法ではない為、目的をかなえることができません。

上記の目的を達成するためのケア方法としては、ハサミ、アンダーヘアシェーバー、毛抜き、アンダーヘアヒートカッター、除毛クリームなどがあります。それぞれ「チクチクしてしまう」「埋没毛になりやすい」などのデメリットもありますが、最もトラブルが少なく費用も比較的かからないのが、『アンダーヘアヒートカッター』によるケア方法です。

アンダーヘアをきれいにしたい⇒脱毛をしよう!と考えるのではなく、まずは自分の目的とライフスタイルから適した方法を探してみるのがいいでしょう。

特徴別、おすすめVラインのお手入れ方法

脱毛は自分に合ったのを選ぼう!

『医療レーザー脱毛』『光脱毛』『ブラジリアンワックス』『ニードル脱毛』などによるVライン脱毛をはじめ、様々なVラインの手入れの仕方をご紹介しました。これだけ沢山あると、どの方法にしよう?と悩まれる方も多いかもしれません。そんな時は、自分の理想のアンダーヘアのスタイルと、ライフスタイルに合ったものを選んでいくといいでしょう。

例えばVラインは、IラインやOラインと比べると自分で見やすい位置に生えています。その分、VラインだけのケアはVIO全てのケアに比べて自己処理がしやすいのです。脱毛サロンは予約を取って、その予約に合わせて脱毛サロンに出かけて(生理になったら予約をずらす)、施術をしてもらって、自宅でアフターケアをするという形で、1回の処理に時間が多くかかります。

Vラインだけケアしたい方はわざわざ予約を取ってサロンに行く方が時間を取られるかもしれません。

サロンのVライン脱毛がおすすめの人

Vラインをすべて処理してツルツルにしたい方はサロン脱毛が必要です。自分でVラインだけでなく、見えにくいIラインやOラインも処理するとなると大変です。ほかにも、とにかくセルフケアの手間を減らしたい方や、サロンが近くてさっと通えるという方はサロン脱毛がおすすめです。

生理不順の人はセルフケアがおすすめ

ほとんどのサロンでは生理中のVIO脱毛には受け付けていません。生理中はいつも以上に肌が敏感になっていて、肌のトラブルが起きやすく痛みも感じやすいためです。もしも予約した日に生理になってしまったら、サロンに相談してスケジュール変更をしてもらう必要があります。生理不順の方は予約が取りづらくなってしまうのでサロン脱毛には向いていないといえます。

彼氏と付き合い始めの人もセルフケアがおすすめ


付き合い始めの人はセルケアがおすすめ!

彼氏は付き合っている彼女のアンダーヘアのケアに対して、どのような希望を持っているのでしょうか。LCラブコスメのアンケートでは「パンツからはみ出ないくらいに整えている」と回答した方が最も多く4割を占めました。

【男性に質問】アンダーヘアで一番好印象なのはどういう状態ですか?(2015年マイエルシーアンケート調べ)

何もしていない:13件

パンツからはみ出ないくらいに整えている:54件

Oライン、Iラインもきれいに処理されている:33件

エステで脱毛している:5件

全て剃っている(ハイジニーナ):13件

その他:7件

どうやら、「エステに通って高額をかけてまで処理してほしい」というわけではなく、はみ出ないくらいに程よく処理されていればOKということのようです。好みの脱毛の状態で、ハイジニーナを選択した人もあまり多くありませんでした。

一度サロンで脱毛をしてしまうと元に戻すのは困難であり、アンダーヘアは男性によっては好みもあるので彼氏と付き合い始めの方は、少しずつセルフケアをしながら様子を見るのがいいかもしれません。

また、ケアの方法によっては不愉快な「チクチク期」問題を抱えてしまうことも。

「チクチク期」というのは、サロン脱毛の照射後~自然に抜け落ちるまでの期間のことを言います。脱毛ではレーザーや光を毛根に照射した後、しっかり効果を得るためには剃ったり抜いたりしてはいけません。毛が中途半端に伸びて焼け野原のような見た目になるので、付き合って間もない彼氏に見せるには少し勇気がいるのです。

また下着を着脱するときなどに自然に抜け落ちることが多いため、ベッドやお風呂場に短いアンダーヘアが落ちていてパートナーが驚くこともあるかもしれません。

セルフケアは処理後のチクチクに注意

比較的手間のかからない「シェーバー」と「ハサミ」でのケアですが、どちらも毛の切り口が鋭くチクチクしやすくなります。Vラインのお肌や太ももをチクチク刺激して不愉快ですし、ショーツで隠れていると思っていても表面からツンツンと突き出ていたら見た目も悪いですよね。

チクチクするのを避けるには毛先を熱で丸くカットするヒートカッターがおすすめです。ここではVライントリマーをご紹介します。

Vライントリマー(LCオリジナル)

Vライントリマー(LCオリジナル)
熱線の温度が二段階で調節でき、短時間でしっかりケアができるヒートカッターです。カット部分の面積が広くなり、以前よりも多くの毛束をカットできるようになりました。毛を抜いたりしないのでまったく痛みがありません。除毛クリームのような肌荒れや毛抜きのような埋没毛が起こる心配もありません。コードレスかつUSB充電式なので、持ち運びにも便利です。

すっきりしたVライン脱毛で下着姿も水着姿も美しく!

脱毛で下着姿に自信を持とう!

Vライン脱毛は2年ほどで脱毛完了すれば、いつでも見た目がきれいでおしゃれな下着や水着もすっきり着こなせるようになります。さらに、生理や排泄で毛が汚れにくくなり、ムレ・肌荒れ・ニオイなどを防いでデリケートゾーンを清潔に保てるようになります。

一方すぐにVラインを整えたい方や、あまり費用をかけたくない方は、セルフケアにチャレンジしてもいいでしょう。『Vライントリマー』であればコンパクトなので、持ち歩いてお誘いに備えるというのもいいかもしれません。

自分に合ったお手入れ方法を見つけてすっきりしたVラインを作れば、下着や水着に自信が持てるようになりますし、彼氏から急にデートに誘われても安心ですね!

【SET】アンダーヘアケアはじめてセット

【SET】アンダーヘアケアはじめてセット
アンダーヘア専用トリートメントの『シナヤカウォッシュ』とアンダーヘア専用ヒートカッター『Vライントリマー【NEW】』のお得なセット♪
ゴワゴワの質感はふわふわに、下着から飛び出て気になる長さは、毛先を丸くカットしてスッキリと。いつでも自信の持てるアンダーでいられます。セットで購入すると通常よりお得です!

【SET】VIOパーフェクトセット

【SET】VIOパーフェクトセット
どうせやるならパーフェクトにVIOラインをケア!デリケートゾーンのお手入れをして、悩みを解決しませんか?黒ずみ、臭いの元、ごわごわヘア…すべてこのセットでケアして、女性らしい印象のスッキリしなやかなデリケートゾーンに仕上げましょう!

ジャムウ・ハーバルソープ

ジャムウ・ハーバルソープ
インドネシアで生まれたジャムウの石鹸の使い方は簡単!泡たてネットなどで立てたふんわり泡を、カラダの気になる部分にのせて、3分間パックするだけ。気になる黒ずみの元や、ニオイを洗い流して素肌をスッキリ爽快にケアしてくれます。植物由来の成分で作られた優しい石鹸なので、毎日全身にお使い頂けます。

お悩みにおすすめの商品

オトナの女を磨くならLC「恋愛力アップ特集TOP」




お悩みの解決方法を探している方へ

最近チェックした商品

あなたにおすすめの商品



LCラブコスメの安心の梱包

  • LCならではの安心・丁寧な梱包
  • 宅配伝票も分らないように記載
  • 商品名を選ぶことができます
  • 外見は無地のダンボール



エンドインフォ

定番








カレンダー