メニュー

招き恋猫

招き恋猫とは?

招き恋猫とは?

「人を引き寄せる」と昔から言われている「招き猫」。

  • LC招き恋猫おまもり

⇒ピンクの招き猫の秘密…


2008年のある日…。LCスタッフが、神社で引いたおみくじに入っていた「ピンク色の招き猫」を持ってから、なぜか恋愛運が急上昇!周囲からの誘いも増え、新しい出会いも多くなり、そしてついに意中の人と恋愛成就。そのあまりにも驚きの展開に、職場でその「ピンク色の招き猫」のご利益だと話題になりました。

そんなめでたい話にあやかって、その「ピンク色の招き猫」を写した『LC招き恋猫おまもり』を作りました。そして、スタッフ間だけではなく、お客さまにもお配りしたところ…。まさか!!というコメントがたくさん届いたのです。

さすがにこれにはビックリしました。それ以来、『LC招き恋猫おまもり』を何かに貼って持ち歩くと、持ち主のもとに恋が訪れるとひそかに言われています。

また、これまでのお守りシールのエピソードを見ていると、既に彼氏がいる方は友達にあげても良いそうです。すでに彼氏のいる方がご友人に差し上げたところ、その友人に彼氏ができたとの嬉しい報告まで頂きました。

さらに裏話のようなエピソードも。

こちらの『LC招き恋猫おまもり』を印刷してくださっている会社様と打ち合わせした時のことです。「ご好評のため今年も続けて作ります!」とお話したら、担当の方が手帳から昨年版の招き恋猫お守りを出して嬉しそうに、「このお守りを入れていたら、本当に良い事があったんですよ!」とのご報告を頂いたのです。多く女性の恋愛を応援するため、LCでは引き続き『LC招き恋猫おまもり』の配布をしています。



※『招き恋猫®』は、弊社の登録商標です。商標の適切な使用にご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

■恋がかなった人はこんな風に使っています!

只今、招き恋猫お守りの体験談をまとめた特別ページを公開中!恋がかなった人はこんな風にお守りを使っていました。あなたの使い方の参考にしてみてください。

招き恋猫の使い方

招き恋猫がピンク色をしているその理由…

遠い昔、ある村の神社で大切に
飼われている小さな白い猫がおりました。

その猫と神主の娘は仲がよく、
いつも一緒に遊んで暮らしていました。

娘はやがて巫女となりました。
その美しさは際立っており、
周囲の村の男性から
たびたび求婚されるほどでした。

しかし、娘は昔から一途に好きな男性がおり、
その男性との結婚を心の中で望んでいました。
その事を知っているのは猫だけ…。

ある時、娘と隣村の長者の息子との結婚を
親同士で無理矢理に決められてしまいました。

それを知った娘は、好きな男性と
駆け落ちの約束を交わしました。

結婚式の当日。
白い猫と共に式を逃げ出す花嫁。
村人たちはそれを追いかけました。

捕まえて強引に連れ戻そうとする村人と
それに抵抗する花嫁と白い猫…。

猫は娘を助けようと、
必死に人間に飛びかかったところ、
蹴られたり、払われたりと血だらけになってしまいました。

やっとの想いで娘は落ち合うはずの場所へ…。

しかし、たどり着いたとき、既にそこで
好きな男性は殺されていたのです。

娘はもう自分1人では
生きられないと思い自らの命を絶ってしまいました。

そして、娘を追いかけた
全身が真っ赤に染まった白い猫も、
娘を守るようにその横で息絶えました。

無理に結婚を決めてしまった神主は、
自分が悪かったと、そこに祠を置いて
娘と猫の墓を作り拝みました。

「大好きだった娘の叶わなかった恋、
それを叶えたい…」

そんな猫の強い想いが念となりました。

それから不可解なことに、お参りする人の
恋が不思議と叶うようになったのです。

やがて、その出来事が形を変えて言い伝えられ、
神社には好きな人を思って念じると恋を招き入れる
「招き恋猫」が眠ると噂されるようになったのです。

ページトップへ