4人に1人が、セックス時に
痛みが気になっていた。

セックスの時不安はありますか?

2006年1月にLC編集部で実施した『セックスに関する』意識調査で、社内で話題になった結果があります。それは、「セックスの時、気になることや、不安はありますか?」という問いに対する回答でした。1位は「気になることや不安はない(36.9%)」でしたが、2位は「性交痛が気になる(26.2%)」であったことです。4人に1人以上が、セックスのときに「痛み」を不安に思っているという結果でした。

痛いセックスを経験したことは?

さらにさかのぼって、2005年1月にLC編集部が300名に実施したアンケートでは、「痛いセックスを経験したことは?」と聞きました。その結果は、265名(88.3%)の女性が経験していると答えました。約9割が、何かしらの『痛いセックス』を経験していたことになります。ラブタイムに痛い思いをしたことのない人のほうが少ない、という内容にスタッフ一同共感しました。

セックスは、双方が感じて気持ちいいはずなのに、 常に『痛さ』を気にしていては、行為に集中できません。 それが重なることで、精神的に感じにくくなってしまうことも。 どうにかして、この状況を改善したいと思います。

2人の時間をスムーズに楽しむ

性交痛にはいろいろな要因がありますが、そのときの体調によって濡れないときもあります。また、時間が長過ぎて、乾いてしまうことなども。さらに痛いセックスのアンケートのコメントを見ると、「指で力強くかき回された」「前戯がおざなりで、あまり濡れていないのに挿入された」「激しく動かされたとき」など男性側が原因の内容も見られます。
LCではそのようなとき、迷わずローションや潤滑ゼリーを使って欲しいと思っています。痛いセックスを我慢していることこそ、大きな問題と思いませんか?せっかくの2人の時間なので、スムーズに楽しみたいものです。

お肌をケアするのと同じ感覚で

たとえば、普段、メイクをするような感覚で、ラブローションやベッド専用美容ジェルを使うだけで、スムーズに感じやすくなるのであれば、こんなに嬉しいことはありませんよね。これは、化粧でお肌をケアするのとまったく同じです。ベッドの上でも保湿が足りないときは、補うのが当たり前と考えたいです。

しかし、「ローションやベッド専用コスメを使うのは普通の行為ではないのでは?」と不安に思う方も多いのが現実です。

LCでは、これからも『セクシャルヘルスケア』の一環として、ローションや潤滑ゼリーを使うことが、2人の間で普通になるよう、さまざまな取り組みをしていきます。そして将来、もう一度『セックスに関する』意識調査を行いたいです。

そのときには、「性交痛が気になる」を
少しでも減らしていきたいと願っています。

LCスタッフ紹介はこちら 会社案内はこちら

LC THINKINGLCラブコスメが思うこと

LCラブコスメブランド誕生ヒストリー

LC BRAND MOVIE動画で知る、ラブコスメ

  • LCラブコスメブランドムービー

    LCラブコスメブランドを映像で紹介
    【はじめての方へ】女性のためのセクシャルヘルスケア「LCラブコスメ」。人気商品のこだわり、製造の様子、使用感、質感を映像で紹介します。

  • LCのある人生

    今、あなたの人生を彩るものは、何ですか?すべての恋する女性の人生に輝きを!今日は部屋を暗くして、気持ちを落ち着かせて、1人で見てください。

  • THE HISTORY 軌跡と未来

    LCラブコスメの歴史・舞台裏
    2003年10月誕生。涙あり、笑顔ありの…LCラブコスメの舞台裏、たっぷりお観せします!創業から今日まで実体験に基づき映像化。

  • おばあちゃんの口紅

    LCラブコスメ商品開発の舞台裏は…「泣くより笑え」大切な人の笑顔、もっと増やしたい!なぜか心があったまる…実話に基づくショートムービー