映画についての想い

映画『ラブクラフト・ガール』

LCラブコスメが製作した映画『ラブクラフト・ガール』が、2013年11月に公開されました。

『コスメの会社がなぜ映画を作ったの?』『なぜ漫画ラブクラフト・ガールを映画化したの?』など、いろいろな質問があると思います。

『ラブクラフト・ガール』は、2011年LCラブコスメが運営する官能漫画サイト『エルシースタイル』に掲載された漫画作品。

デザイナー志望の主人公『茜』が入社した会社が、なんと!ラブグッズの会社だった、という所から物語は始まります。

実際のエピソードを元に

この物語は、LCラブコスメ設立時に本当に起こった、ちょっと笑えるスタッフの実際のエピソードを集め、それを元に漫画化しました。

立ち上げたばかりの会社に入った新人スタッフ『茜』が、たくさんの失敗を乗り越えて、仕事と向き合い、恋愛を前向きに育む姿は、仕事を頑張る等身大の現代女性を描いています。

実は、元々漫画を掲載したあたりから、映画化は考えていました。その理由は2つ。

映画化の2つの理由

1つめは映画を製作し、公開することによって『ラブグッズ』がもっと世の中に認められても良いのではと考えたからです。 ひと昔前では、あやしい雑貨として扱われてきましたが、今は少し市民権を得ています。しかし、まだまだ一般的ではなく、もっと多くの女性に知ってもらうことが必要です。性のお悩みをケアすることは、コスメと変わらない…というブランド設立時からの想いが、そこにはあります。

2つめは、日々頑張る現代女性へ『仕事に恋愛に前向きに生きる』ことを、応援したかったからです。仕事の内容ではなく、仕事をすること自体が、楽しくイキイキとしたものだと感じて欲しいです。

仕事を頑張る女性をサポート!

企画を考案してから公開まで、約1年と4ヶ月。様々な困難があり、ようやくここまで来ることができました。 『ラブグッズ』が出てくるおかしな映画、と言うより仕事を頑張る女性を全面的にサポートする!『セクシャルヘルスケア』の考えがぎっしり詰まった、素敵な作品になりました。

仕事で失敗した時、後ろ向きになってどうすれば良いかわからない時、
この映画を観て『悩んでいる時間はもったいない!さあ前を向いて…』と
明るく楽しい気持ちになって頂きたいです。

LCスタッフ紹介はこちら