クリトリスの痛み|性交痛のお悩み相談室

質問

  • 【No.2614】 
  • 2011-08-31 14:44:12

クリトリスの痛み

一人エッチでも、彼の指でも、クリトリスで感じて、一度いった後はそれ以上触ると痛みを感じます。彼は「痛いんじゃない。敏感になっているだけ。」と言いますが、どうしてもそれ以上触ることができません。数分後にはまた触れるし、いけるのですが、始めの感覚よりは鈍くなっています。感じるのはクリトリスだけで、中の刺激でいったことはないと思います。私は、実は不感症なのかな。。と最近思うようになりました。一人エッチでもクリトリスの刺激でいっています。ローターならすぐにいけますが、指ではなかなか行けず、そのうち疲れて諦めてしまいます。私はすでに50歳ですが、これからこの痛みを克服して快感に変えることはできるのでしょうか?

痛いセックス、我慢しないで…。ベッド専用のコスメでケア
セックスが痛いことは、なかなかパートナーに伝えづらいことです。そのせいでずっと痛みを我慢し、パートナーからのお誘いを素直に喜べなくなってしまう方もいるようです。しかし、パートナーに伝えなくても「潤いをケア」することで、セックス中の感じ方を変えることができます。痛みは我慢せずにまずは潤いケアから始めましょう!
つるんっと滑る感覚で、挿入がスムーズに!モイスチャージェル『ラブスライド』
潤いだけでなく『滑り』に着目して開発された性交痛ケアアイテム。ジェルタイプなので、垂れたりする心配も少なく、ローションに比べベッドの上で気軽に使えます。つるっと滑る感覚を一度体験すると、やみつきになってしまうかもしれません。
感じているのに濡れない…性交痛をケアしてもっと楽しめるラブタイムに
女性はメンタルの状態や年を重ねるごとに、体の状態が変化し「なぜか濡れにくい」と感じるようになってしまうことがあります。「彼もがんばって潤そうとしてくれているのに申し訳ない…」と、余計ラブタイムに集中できなくなってしまうなんてことも。そんな時にはデリケートゾーン用コスメで、潤いケアがおすすめです。
  • 教えてLC/投稿後の流れ 悩んでいることを聞く→教えてもらう→解決!


ピックアップ!あなたにおすすめ記事一覧

カップルイラスト

「気持ちよすぎる!無理かも……」絶頂へと導く“締まるデリケートゾーン”開発

   
女性イラスト

受け身な彼の本能がむき出し!「追いかけられる女性」になる2つのポイント

   
カップルイラスト

イクまで止まらない…!彼のクンニ時間が長くなる「美しいデリケートゾーン」の作り方




ページ下のちょこっとCM

    キャンペーン

    初体験の準備

    特別なコスメ