セックスって本来無痛なんですか?|性交痛のお悩み相談室

質問

  • 【No.457】 
  • 2010-03-08 01:02:42

セックスって本来無痛なんですか?

こんばんは。

私は性交痛があります。
過去に濡れ過ぎて気持ち良くないと言われたことがあるくらい濡れているのに挿入した時に入口が痛みます。
指も身体に馴染むまでは痛いです。
また性交痛とは違いますが乳首やクリトリスを弄る時に力が強すぎるのか痛いです。

本来痛い時にはちゃんと相手に伝えて痛くないようにするべきなのはわかっています。
でもあまりにも痛い時だらけで逐一痛いと言っていたら萎えてしまうのではないかと思ってしまいます。
我慢できる範囲なら我慢するべきですか?
それとも本来セックスとは無痛なものなんですか?
無痛になるまで徹底的に原因をなくしていくべきものなんですか?

  • 【回答は締め切られました】

回答(3)

  • 2010-03-11 21:16:26

こんばんわ(´∀`)
性交痛はきついですよね…
まず膣口の大きさは人それぞれです。
そのため、小さい人は痛いですし、大きい人は痛みはあまりないのではないでしょうか。

私も指1本でも痛いです…
なので、「痛い」ということを伝えてます。
それで指1本からゆっくり時間かけて慣れさせてもらいます(しかも毎回…
挿入は相手も私も痛いようです(;^_^A
慣れてくると相手の方は「狭いからすぐイきそう、ヤバイ、気持ちいい」とww
私も慣れるまでは痛いですが、慣れたら気持ちいいです。
挿入が全てではないですが、一つになって二人で気持ち良くなるととても幸せですよね(´∀`)
勇気を出して事前に伝えておくといいかもしれません。
また、挿入しなくても彼を気持ち良くしてあげることはできますし、自分も気持ち良くなることは可能です。
一度打ち明けると楽ですよ。

どうか、幸せな生活になりますように(^人^)

回答(2)

  • 2010-03-11 14:03:59

こんにちは。

私の考えになりますが、セックスは本来無痛ではないとお思います。
だからこそ、相手と2人で色々探ることが重要だと思います。

我慢し続けていると、セックスが嫌になってしまったり。
またそういう嫌悪感や不安が痛みにつながることも考えられます。

私が痛みを伝える際気をつけていることは、ただ「痛い」
というのではなく、
リクエストの形にしたり、なるべく褒めるようにすることです。
例えば「この前の~気持ちよかったな」とか。

言い方を工夫すれば、相手に伝えてもそんなに萎えることはないと思いますよ。

何も言われないとこれでいいんだと勘違いしていることもありますから、
伝えてあげるのも1つの優しさではないでしょうか。

1人で原因を探ることも大事ですが、
1人では大丈夫なことが相手にされた途端苦痛になることもあります。
トモスさんだけが我慢するのではなく、
お相手にもそれを共有してもらって2人で作っていく。
それは当然の権利だと思います。

全部言おうとするとお互い負担になるかもしれませんので、
1回につき1つだけ言うなど決めるといいかもしれません。

また最中には伝えにくいなら、デートや電話の際に
あまり重くない口調で伝えてはいかがでしょうか。

どうかご自分を大事になさってください。

長々書いてしまいましたが、参考になれば幸いです。

回答(1)

  • 2010-03-08 03:06:07

トモスさん、はじめまして。千歳と申します。

性交痛、辛いですよね。無理矢理挿入すれば、心身共に傷ついてしまいます。

だからどうか、独りで悩まず、痛みに我慢しないでください。

セックスは無痛というか、圧迫感というか…。

慣れないときは、どこが気持ち良いのか、分からないことばかりかもしれません。

私は初めての時、めちゃくちゃ痛かったです。メリメリと食い込む感じで、出血しました。

原因を追求するなら、一人より二人です。

勇気がいるかもしれませんが、お相手の方に正直に理由をお話しすれば、きっと分かってくれます。

一人ならば、直接鏡で見てみて、触って、どこが痛いのか、なぜ痛いのか…。

自分が見えない部分だからこそ、誰でもない自分の大切な身体だからこそ、手間をかけて確かめて、原因が判明したり、どうもおかしいと思ったら婦人科で診てもらうなどできます。

また、クリトリスや乳首などの敏感な部分は、いきなり直に触るのではなく、まずは服の上から時間をかけ、そしてブラやショーツの上から触ってみるのがいいかと思います。

くすぐったくても、続ける内に変化が出てきます。

そして、もし普段不規則な生活であれば、生活のリズムを見直すのも手段のひとつです。

最後に、セックスは挿入が全てではありません。

お互いの身体に触れ合って、気持ち良いところを発見し合い、お互いの気持ちを分かち合えて満たし合える素敵な行為だと思っています。

じっくり時間をかけて、自分の身体とお相手の身体に触れ合ってみてください。
それだけでも気持ちは満たし合えると思います。

お相手の方に、なかなか話す勇気が出なかったら、まずは性器を確認してみてください。

最後に、痛みを話していただき、ありがとうございます。

お役に立てたら幸いです。

  • 2010-03-08 23:00:33

お礼:

千歳さん

丁寧な回答と心遣い、本当に嬉しく思います。
ありがとうございます。

やはり我慢はするべきではないのですよね。
わかってはいるんですが…
痛みを訴えれば中断することになるし相手は私に対して申し訳ない気持ちを抱きます。
それが私には申し訳なくて申し訳なくてつい我慢してしまうのです。

恥ずかしく残念な話ですが人数も回数もおそらく人並み以上に経験してきてしまった私ですが毎回性交痛がありました。
そのため性交痛は当たり前というかセックスとは痛みを伴うものという認識になってしまっていました。
LCさんのHPで性交痛という言葉を見た時に「わざわざ特筆するような特別なことだったのか」と驚いたくらいです。
ですから痛みを我慢することも私にとっては当然のことだったのです。
今思えばそれが良くなかったのかもしれませんね。
もう少し自分の心と身体の声を聞いてみることにします。

なんだか質問とかお礼とかっていうより愚痴に近くなってしまって申し訳ありません。
本当にありがたかったです。ありがとうございました。
いつか痛くないセックスができるように頑張ります。

痛いセックス、我慢しないで…。ベッド専用のコスメでケア
セックスが痛いことは、なかなかパートナーに伝えづらいことです。そのせいでずっと痛みを我慢し、パートナーからのお誘いを素直に喜べなくなってしまう方もいるようです。しかし、パートナーに伝えなくても「潤いをケア」することで、セックス中の感じ方を変えることができます。痛みは我慢せずにまずは潤いケアから始めましょう!
つるんっと滑る感覚で、挿入がスムーズに!モイスチャージェル『ラブスライド』
潤いだけでなく『滑り』に着目して開発された性交痛ケアアイテム。ジェルタイプなので、垂れたりする心配も少なく、ローションに比べベッドの上で気軽に使えます。つるっと滑る感覚を一度体験すると、やみつきになってしまうかもしれません。
感じているのに濡れない…性交痛をケアしてもっと楽しめるラブタイムに
女性はメンタルの状態や年を重ねるごとに、体の状態が変化し「なぜか濡れにくい」と感じるようになってしまうことがあります。「彼もがんばって潤そうとしてくれているのに申し訳ない…」と、余計ラブタイムに集中できなくなってしまうなんてことも。そんな時にはデリケートゾーン用コスメで、潤いケアがおすすめです。
  • 教えてLC/投稿後の流れ 悩んでいることを聞く→教えてもらう→解決!


ピックアップ!あなたにおすすめ記事一覧

初対面の男性が「一目ぼれ」

そうだったんだ!初対面の男性が「一目ぼれ」するのは○○が原因!

   
「ぜんぶ舐めたい」って言わせる秘策

「このニオイ…」が彼の内心!「ぜんぶ舐めたい」って言わせる秘策

   
男性はIラインをチェック

そこを見られたら…。実は男性はIラインをチェックしている!?




ページ下のちょこっとCM


    初体験の準備

    特別なコスメ


    ラブリサーチ