痛みで入らないうえ、途中で何かに当たるようで無理に奥に行くこともできません|性交痛…

質問

  • 【No.6060】 
  • 2014-08-31 11:27:02

痛みで入らないうえ、途中で何かに当たるようで無理に奥に行くこともできません

挿入できなくて悩んでいます。

先日、久しぶりにパートナーができました。
以前付き合っていた人とも痛くて挿入できず、いつも挿入なしで過ごしていました。
以前はお互いに初めてだったので、経験不足も関係しているかなと思っていましたが
新しい彼は経験者ですが、やはり挿入できませんでした。

挿入時の痛みもそうなのですが、
彼いわく「半分くらい入れたら何かに当たる感じがあって進めない」そうです。
私は痛すぎて、入口が痛いのか、その奥が痛いのか判別できません。
痛すぎて反射的に叫んでしまったので、力が入って彼が壁のように感じたのか
それとも私に異常があるのかも悩んでいます。

少なくとも、今回、半分までの挿入を我慢したことで
膣の入口の膜(これが処女膜?)に亀裂が入っていました。
なので、少しですが出血もありました。
彼いわく、入口もだいぶ狭いそうです・・・。

そこで質問なのですが(前置きが長くてすみません)
・ラブグッズを買って自分で練習すれば入口を広げることはできますか?
・それとも病院で切開してもらうべきでしょうか?
・全部挿入する前に、彼側が何かに当たって進めないという経験はありますか?

長文で申し訳ないですが、よろしくお願いします。

痛いセックス、我慢しないで…。ベッド専用のコスメでケア
セックスが痛いことは、なかなかパートナーに伝えづらいことです。そのせいでずっと痛みを我慢し、パートナーからのお誘いを素直に喜べなくなってしまう方もいるようです。しかし、パートナーに伝えなくても「潤いをケア」することで、セックス中の感じ方を変えることができます。痛みは我慢せずにまずは潤いケアから始めましょう!
つるんっと滑る感覚で、挿入がスムーズに!モイスチャージェル『ラブスライド』
潤いだけでなく『滑り』に着目して開発された性交痛ケアアイテム。ジェルタイプなので、垂れたりする心配も少なく、ローションに比べベッドの上で気軽に使えます。つるっと滑る感覚を一度体験すると、やみつきになってしまうかもしれません。
感じているのに濡れない…性交痛をケアしてもっと楽しめるラブタイムに
女性はメンタルの状態や年を重ねるごとに、体の状態が変化し「なぜか濡れにくい」と感じるようになってしまうことがあります。「彼もがんばって潤そうとしてくれているのに申し訳ない…」と、余計ラブタイムに集中できなくなってしまうなんてことも。そんな時にはデリケートゾーン用コスメで、潤いケアがおすすめです。
  • 教えてLC/投稿後の流れ 悩んでいることを聞く→教えてもらう→解決!


ピックアップ!あなたにおすすめ記事一覧

カップルイラスト

「気持ちよすぎる!無理かも……」絶頂へと導く“締まるデリケートゾーン”開発

   
女性イラスト

受け身な彼の本能がむき出し!「追いかけられる女性」になる2つのポイント

   
カップルイラスト

イクまで止まらない…!彼のクンニ時間が長くなる「美しいデリケートゾーン」の作り方




ページ下のちょこっとCM